陶芸

2018年8月30日 (木)

陶芸の本焼きが上がりました!(2018年8月期)

陶芸の本焼きが上がりました!(2018年8月期)

待つこと一週間
一番乗りで陶芸センターに入ります。
もしかしたら窯の調子が悪いので少し遅れるかも?とのうわさもありましたが大丈夫でした。
予定通り焼き上がっています。
丁度窯出しの最中です。まだ”ほんわか”暖かい! 

01p1060479

自分の分を選び出しました。色とりどりこんなにも沢山!一番手前が私の分です。

02p1060481

早速、皆さんで品評会
その後、今日は新しいものには挑戦せずにろくろの基礎練習を何回もやりました。
新しい手法にも挑戦。一寸要領が掴みかけましたが、作っては壊し作っては壊しの繰り返しです。

自宅に持ち帰りじっくり眺めています。

一輪挿しシリーズ 5点
釉薬は青磁ですが一点だけ首の長いのが今回初めて使う天龍寺青磁を・・・
やはり深みのある緑が強く出ています。

03p1060482

次は絵付け練習のフリーカップと小鉢、更に黒マットのビアカップです。
透明釉薬の釉薬剥げ(釉切れ)が出てしまいました。
今回は同じ釉薬を使った他の人も同じように成ってしまい、”釉薬の濃度が濃すぎたのではないか?”との話になりました。また、落ち葉をイメージして茶色を使いましたが以前にもありましたように殆ど消えてしまいました。
黒マットのハンドルは大成功です。これは今回新しくご指導いただいた手法で作ってみました。

04p1060484

珈琲サーバーです
釉薬は鉄砂と黒マットを掛けました。茶色の微妙な変化が上手く現れました。
そして、これは布ドリッパーや既存のぺーパードリッパーを使って一人用の珈琲サーバーに成ります。
サーバーごと湯煎しながら珈琲を落とすことを考えています。保温力抜群!

05p1060497

06p1060486

そして、今回の大本命 ドリッパー&ポットシリーズです。
積み上げるとこんな感じ オブジェにも成ります。

07p1060495

08p1060489

一点目 釉薬は黄瀬戸です。茶色を覚悟して焼いて貰いましたが、窯の場所によっては酸化が掛かりやすいところがあるようなので、わざわざそこにおいて頂きました。ありがとうございます。
思いがけずいい色合いです。

09p1060490

 
二点目 釉薬は天龍寺青磁 これなら珈琲用食器にも合います。ドリッパーは60度。Goodです。

10p1060491

三点目 釉薬は鉄砂  結晶の模様が浮かび上がり良い感じ Goodです。

11p1060492

四点目 釉薬は70度ドリッパーが鉄砂 ポットは黒マットで内側透明です。ツートンカラーに成ってしまいました。また思いのほか焼き締めで小さく成ってしまいました。

12p1060493

五点目 釉薬は瑠璃 予備用のドリッパーに瑠璃の釉薬を試験的に掛けて見ました。一寸青色がきついかな?

13p1060498

珈琲ドリッパーの内側の溝は釉薬で半分以上埋まってしまいました。そのため珈琲の落ちる速度が少し遅くなりました。
まだ納得いきませんので次回作は改良を加えたいと思います。
角度は60度がベストのようです。 

↓珈琲ブレイクの楽しみがまた増えました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年8月23日 (木)

陶芸の素焼きが上がりました!(2018年8月期その2)

陶芸の素焼きが上がりました!(2018年8月期その2)

前回の続きの絵付けと釉薬掛けを昨日作業してきました。
何時ものメンバーが集まり、終始ワイワイガヤガヤで活気あふれる陶芸教室でした。

今日は絵付けに挑戦 まずは練習用素焼きの器で細い線を走らせてみます。
「これなら何とかいけるぞ!」なんておかしな錯覚にとらわれてしまいます。
いざ本番 やっぱり緊張して線が踊ってしまい上手くいきません。
まだまだ! まだまだ・・・
結局小鉢とフリーカップの二個だけでやめて、他は釉薬を掛けていきます。

今日の釉薬は鉄砂・月白とそれと・・・思案していると先生から奥の方からあまり使われていないものが出てきました。
”天龍寺青磁” 普通の青磁より緑がはっきりしている 翡翠(ひすい)色に近いもののようです。
先輩たちも一緒にこれを使います。
私は口付き珈琲ポットと一輪挿し差しに掛けて見ました。
出来上がりが楽しみです。

戻ってから この”天龍寺青磁”を調てみると非常に歴史のあるもので700年以上前から重宝されている釉薬だ言うことを知りました。青と緑が混ざった怪しい色って感じ(失礼!)

東京富士美術館の展示品がありますので参考にリンクを貼ります。

興味ある方はこちらを見てください。↓

http://www.fujibi.or.jp/our-collection/search-of-collected-works/search-by-artist/search-result-by-artist.html?artist_id=N011

作業が終り片付けている時、振り向くといつの間にか作品がありません。
既に窯の中に入ってしまいました。
そんな訳で今日は写真はありません。あしからず!

↓次回はいよいよ焼き上がりです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年8月20日 (月)

陶芸の素焼きが上がりました!(2018年8月期その1)

陶芸の素焼きが上がりました!(2018年8月期その1)

ここ一か月は慌ただしい毎日でしたが、ようやく落ち着きました。
コズミックカレッジの飛行機教室、娘の結婚式、孫の帰省等々
天候も近くの大雪山系黒岳にsnow初雪が降ってびっくりです。

暑かったり寒かったり台風typhoonが来たりで天候まで慌ただしいです。

昨日、陶芸教室に行ってきました。
何と予定より少し早く素焼きが上がっているじゃないですか!

自分の分を取り出してみると、こんなにも沢山

P1060470

数えて見たら全部で29個もあります。
未だ室には待機中の物が6個もありました。これは乾燥が間に合わなかったので焼きは次回に成りそうです。

素焼き上りはこの次の22日の予定でしたので心の準備が出来ていません。
どれをどのように仕上げるか?色々悩んでいるうちにもうお昼の休憩時間。

絵付けは後回しにして、今日は釉掛けだけにしました。

今日の釉薬は 黄瀬戸と鉄砂そして青磁を選びます。
全て一番乗りでしたので、良くかき混ぜます。
特に青磁は混ぜ方で色に微妙な影響が出るようです。
 
そして先輩からは
「黄瀬戸の黄色は酸化で焼かないと良い色が出ないが、ここの窯では生徒皆んなのものを同時に焼くので大半が還元焼きです。だから黄色は諦めた方がいいよ!」とアドバイス頂きました。
還元焼きでは薄く掛ければ茶色 厚く掛ければ茶褐色に成るようです。

花瓶類は青磁
珈琲ドリッパー&ポットは 黄瀬戸と鉄砂
布ドリッパー用ポットは先生から特製の黒マットを奨められました。ありがとうございます。
ビアジョッキーも黒マットを使い、内側は透明を掛けて白く仕上げます。

もう一つ差し口付きポットもビアジョッキーと同じにして見ました。
先生特製の黒マットはどんな仕上がりに成るかな? 楽しみです。

P1060472

(↑写真後方は先輩の作品です。ドリッパーも見えます)

左から黄瀬戸・鉄砂・黒マットです。

焼くと全く違った色に変化します。

花瓶は既に窯に入ってしまいましたので写真はありません。

この続きは次回・・・

↓過去最大数の絵付け&釉掛けで、四苦八苦してます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年7月27日 (金)

陶芸の試作品 こつこつと仕込んでいます。(2018年7月期)

陶芸の試作品 こつこつと仕込んでいます。(2018年7月期)

先月の織部の焼き上がりで一段落。最近は一寸スローペースです。
次回の素焼きや本焼きは8月に成りそうですので、試作品を少しずつ作っています。

6月15日の記事でご紹介した珈琲ドリッパーとポットに改良を加えているところです。

03web180615p1060311
<↑前回6/15の写真>

珈琲ポットはそぎ口が付いたものを先輩たちの真似ながら進めて、何とかここまで出来ました。
蓋ものは初体験です。
色々と納得いきませんがこれも勉強です。写真中のP3、P4

そして、ドリッパーも内側の溝を8本から12本に増やしました。写真中のD2、D3

04p1060393

その後 ドリッパーの角度にも注目 60度と50度も作ります。
珈琲を淹れる時角度が狭い方が美味しく出来上がるかもしれません? 
写真中D4(50度)、D5(60度)

05p1060397

4個目のポット(P4)の蓋の成形時に削り過ぎて穴を開けてしまい没
作り直したのですが今度は乾燥の収縮量を見誤ったせいでしょうか?

蓋が小さくなり過ぎましたので、3度目の正直で再再度作り直しました。

今度は大丈夫でしょう。
「本体と蓋は同時に作らなければダメ!」と先輩から忠告です。

失敗を考慮に入れて予備を作って置くのが上手いやり方ですね。

06p1060396

もう一点作っているものがあります。
写真はありませんが、布ドリップの一体型の珈琲ポットです。
次回成形の削り予定です。

Ps  昨日の陶芸の日に削りと記念写真を撮って来ました。

くびれたところに革バンドを巻き付ける予定です。軽くするのに削って削ってやっと320gで終了。乾燥するともう少し軽くなるはず!

行く行くは削らないで済むくらいに、最初から薄く作れるように腕を磨かなければ・・・!

最初の作品は既に素焼き準備の窯の中に入ってしまったので撮影断念。↓これは2個目です。7/30記

07p1060407

7月の陶芸は珈琲シリーズで終わりそうです。

↓もっと美味しい珈琲を頂くための器作りに夢中です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年6月28日 (木)

遊び心いっぱいの織部作品が焼き上がりました!

遊び心いっぱいの織部作品が焼き上がりました! 

前回の素焼きのものに織部釉薬を掛けたり絵付けしていたものが、本焼きから上がって来ました。
織部の初物です!

前回6/15の記事
http://ja8dni.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-356d.html

全ての作品の釉掛けが終わり、まさにこれから窯入れの直前の様子を見ることが出来ました。
織部の釉薬は灰色に見えます。そしてベンガラは紅く輝いています。

00p1060344

それから待つこと1週間
待ち切れず何時もより早く陶芸センターに到着
丁度窯出し中でしたが、すでに大半の作品が出てテーブル一杯に並んでいました。
その中から、自分の作品を探し出します。

01p1060354

01p1060355

一番手前が自分の作品群
予想以上の出来栄えに一寸びっくり・感動 自己中心ですが・・・

絵付けの時、要領が分からず躊躇していると、仲間が寄って来て色々とアドバイス頂きましたので言われるままに筆を走らせた結果 こんなにも遊び心一杯の作品が出来上がりました。

自宅に戻ってから、米のとぎ汁で煮込み改めて作品を眺めています。

一回り大きい200ccの珈琲カップとソーサ

02p1060359

黄瀬戸と織部 黄瀬戸の釉薬の掛け方が薄かったためか? 黄色が殆ど出ませんでした。次回の宿題が出来ました。Φ16cmの中皿

03p1060361

絵付け作業後半の作品 小鉢群 結構筆が走って楽しく描いたものです。

04p1060362

最初に絵付けした大皿 深皿等々 丸・三角・四角 いたずら描き見たいに楽しんでしまいました。一番大きいのがΦ24cm大皿

05p1060363

まずは年間の大きな行事 いわゆる織部まつり 初体験でしたが当初の目標を達成できた感じです。

陶芸らしい作品がやっと作れるように成ったとしみじみ噛み締めています。

↓陶芸ッて楽し~~~い! 

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年6月15日 (金)

陶芸作品の素焼き上りました!そして試作品作り(2018年6月期)

陶芸作品の素焼き上りました!そして試作品作り(2018年6月期)

先日陶芸センターに到着すると、テーブル一杯に皆さんの素焼き上がりの作品が並んでいます。

01webp1060306_2

私の分はどこにあるのかな?
この素焼き作品は年一回の”織部まつり”用で、土もいつもと違う織部釉薬と相性のいいものを選んでいます。
コツコツ作って確か大小15個だったかな?

この後の絵付けや釉掛けは先輩方のお手本を見てから進めることにします。
今回は本焼きまでの期間が特別に2週間もありますのでのんびり作業が出来ます。

さてその前にすることがあります。
並行していつもの土で試作品を作っていましたので、この削りを先に進めます。

時々皆さんの織部作品の作業を横目に見ながらやっていますが、気が付くともう終わりの時間です。
急いで削りが終わった作品を室の棚に並べました。
後は乾燥と素焼きを待つだけです。

02pweb1060308_2

03webp1060311_2

2杯分用の小さなMy珈琲ポットとドリッパーです。
色々な作り方がありますが、まずは我流でやってみました。

次回のための改良点が見つかります。
ドリッパーの下はもう少し大きくすると安定が良くなる
ポットの蓋は載せるのではなく内側に入り込む様にしなければ・・・
次回の蓋造りのろくろ挽きでは今回とは上下逆の手順でやってみようかな?

黄色い矢印の物は蓋を削りすぎて真ん中がドーナツごとく穴が開いてしまいました。
先生より「これはこれで何かに使えるのではないですか!」
小さな鍋敷きに成りそうなので、焼いて貰うことにしました。

さぁ~ この次はいよいよ 織部の絵付けと釉掛けです。
期待と不安が・・・

↓陶芸作品のバリエーションが増えそうです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年5月17日 (木)

陶芸作品焼き上がりました。2018年5月期

陶芸作品焼き上がりました。2018年5月期

前回釉薬を掛けて本焼きを待っていたものが、焼き上がりました。
17個間違いなくあります。

00p1060264

その中には孫っちのリクエストの丼もあります。
先行公開です。

02p1060265

SLのC61をイメージしましたが、一部茶色が上手く出ていません。
茶系色は少し厚く塗らないといけませんね。
またひとつ失敗から学ぶことが増えました。
釉薬との相性や焼き方でも変わるようです。
毎回同じに成らないところがこの世界の面白いところでしょうか?
次回はもっと綺麗に出ますように!

そして、今回は土の引き上げの課題に取り組みましたので同じようなフリーカップが沢山。
その一部はフリーマーケット参加者に託しましたので手元に残ったのがこれです。

サイズはφ8cm×11cm 

03p1060289

その中でも新しい釉薬にチャレンジ、志野釉がこれです。
思い掛けず面白い変化が現れました。下地に塗ったベンガラの筆跡が表れるのが面白いです。

04p1060285

最後に孫っちとその家族向けに作ったのを改めて見るとこんな感じです。
黒い小鉢は黒天目の一色掛けしたものです。
また、SLの丼の底にも”完食に感謝!”の思い込めた”魚の骨”を描いたのですが、かなり薄く成ってしまいました。
反省!

サイズはφ12cm

05p1060288

先ほど発送しました。孫っちの反応が楽しみです!

↓形を作るだけでなく、良い色を出すのも難しい世界にどっぷりです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年5月 4日 (金)

今日も陶芸センター通い!

今日も陶芸センター通い!

5月2日(水曜日)曇りのち雨

前回の焼き上がりから少し間が空きましたが、でもコツコツ作品を作っていました。

素焼き上りはもう少し先かな?とのんびり構えていたところ、前回(4月29日)の活動日の夕方には、陶芸センターのテーブル一面に素焼きの作品がところ狭しと並んでいるではありませんか!

この日は、冬場に雪の重みで痛んでしまった穴窯小屋の屋根の補修作業をしていたところでした。

皆さんが作陶以外の作業で忙しいだろうからと、先生が本焼きまでの期間をたっぷり取って頂きましたので絵付けや釉掛けの締め切りは12日後。少し余裕はあります。

でも、待ちきれません。
いつも通り一番乗りで陶芸センターに到着。
自分の作品を選び出します。全部で17個もありました。
最近は土の引き上げのための指の練習が中心ですから、”作っては壊し”の繰り返しでしたがそれでもこんなにも沢山溜まってしまいました。

この中には”孫っち”のための丼も仕込んであります。
まずは、この小丼の絵付けです。
自宅で写真を見てデッサンして下書きの準備も万端。
絵柄はお任せとのことでしたので、いっぱい気持ちを込めて決めたところです。
絵柄は”孫っち”の手に渡るまで内緒! 公開まで暫くおまちくださいね。

鉛筆で下書きしてからクレヨン式の陶芸用パステルで描いていきます。
今回は筆は諦めて比較的楽なパステルを選択。
それでも、結構な時間がかかってしまいました。更にもう一個も同じように描いていきます。

ふ~ 夢中でやっていました。外側はできたとしても内側は?
内側はシンプルに仕上げることにしました。
周りを見ると先輩方は皆さん筆で綺麗な絵柄を沢山描いています。さすがです!敬服

私の絵付けはこの二個だけにして残りは釉掛けを楽しむ事にします。

黒天目 御深井青 青磁 黄瀬戸
ここで先生から「面白いのがあるから使って見ないか!」と声をかけられたので、もちろんやります。
志野釉 乳白色ですが赤土の鉄分と反応すると黒く変色するものらしいです。
私は白土なので器の外側にベンガラを塗ります。それから志野釉薬の中にたっぷり付けて引き上げるタイミングが難しいですが、乾ききらないうちに成立にすると志野釉が流れて面白い模様が浮かび上がるそうです。

一寸引き起こしのタイミングが遅かったかな?
あまり流れませんが、それでも焼き上がりが楽しみです。

最後は高台にくっついた釉薬を綺麗に拭き取って終了。
やっと終わったところで記念撮影

Webp1060251

手前の板の上の作品が私の分です。でも数が合わない。15個???

先生が窯詰めの準備で作品を運び出している時、「二個の作品が、まだ高台に釉薬がべったり残っているよ」
数が合わないのが分かりました。作業が中途半端のまま完了品の場所に置いてしまったようです。

このBlogを描いている時この証拠現場が写真に映り込んでいるのが分かりました。
写真の奥に丸いかめ板の上に載っている作品を発見

ここに置きっぱなしでした・・・ やれやれ!

↓また新たな課題に挑戦中です。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年4月 1日 (日)

陶芸センターの営繕係りをやってしまいました。

陶芸センターの営繕係りやってしまいました。

前回の陶芸教室のとき、いつも使う水場の蛇口を締めてもポタポタと水が漏れています。
気に成っていたので、持参した工具で今朝一番、修理に取り掛かりました。
念のため手持ちのパッキン類も用意しています。
やはりパッキンの劣化でしたが、用意したものはサイズが違い使えません。
正規品を次回用意して出直しかと思いましたが、とりあえず二枚ある一枚だけを裏返しに入れて組直してみます。
予想通り復旧です。このままでもあと数年は大丈夫でしょう。

続いて一件
私がいつも使う電動ろくろ。
これはO先輩が主体に使っているものですが、空いている時は私用に成ります。
このろくろ回転数をコントロールするペダルが渋いのが気に成ります。

実は事前にメーカーに問い合わせてアドバイスを貰っているもんですから、意気揚々と作業に取り掛かります。
日本電産シンポのRK-3D

T0403016x

ペダルの固さ調整の手順書も頂きました。

現行品の場合↓

1

旧式品の場合↓

Rk3d__1

ところが開けてびっくり どちらも該当しません。でも型番は同じです。
それでもじっくり構造を確認し、調整個所を見つけました。
聞けばこの陶芸センターが開所したときから使っているもので30年前のろくろです。
グリースが切れかかっていましたので清掃し新しいグリースを付けて完了。
モーターがペダルの軸に直接着いているので、踏み始めが少し重いです。

調整後は弱冠軽く成りましたが、劇的に軽くなった感じではありません。
この構造なら致し方ないと言うことでこのろくろは終了とします。

更にもう一台。これも20数年以上のものらしいです。
これもいつもはN先輩が主体に使っていて、空いている時は私が使っています。
これもRK-3D
早速横倒しにして、中を覗くとこれまた先ほどのろくろは違うし、メーカーアドバイスとも違う構造。
それでも問題個所が見つかりました。
油切れです。KURE CRC 5-56 を吹き付けて見ます。OKです。
劇的に軽く成りました。
完璧!!

作業時の写真撮り忘れました。すみません。

ここで営繕作業は一旦終了
ここからは自分の作品作りの時間です。
ビアカップを作りながら土の引き上げ練習をします。
その後、前回作っていたビアカップの構台削りを4個

今日の作品造りはここまでにして、営繕作業を再開。

センターの係りの人から、 「ブーンと大きい音が鳴るけど直るものでしょうか?」

これも横倒しして中を覗きます。これも構造が違います。
回転コントロールは電気式です。ちなみに先程の2台は機械式の回転コントロールでした。

そして音の発生場所を探ると、モーターと一体に成った速度制御のトランスらしきものから発生してます。これ以上の分解はやめて置きます。一寸手に負えませんので。

取りあえずメーカーサポート部門に問い合わせしてみます。

PS 先ほどメーカーから回答が来ました。迅速な対応に感謝いたします。

想定される原因は 基盤・センサー・エンコーダの不良が考えられるのでメーカー修理を奨められました。4/2記

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年3月15日 (木)

陶芸作品が出来上がりました!

陶芸作品が出来上がりました!

先週の素焼きのものに、少しだけの絵付けと釉薬掛けを行いました。
その後本焼きを待っていましたが、昨日陶芸センターに行くと、テーブル一面に皆さんの作品が並んでいます。
一番手前には見たこと有るものが・・・ 有る・有る・・・ 

Web01p1060178

その中から私の作品を選び出します。

Web02p1060180

その後は皆さんと大品評会です。
先輩方みたいに早く格好いい作品を作りたい!
待て!待て! その前に基本の練習を沢山しなければ・・・ 

自宅に持ち帰り改めてじっくり眺めているところです。
試しに作ったお皿とお茶碗 やっぱり絵付けは難しい。

Web03p1060181_2

お茶碗に茶色のベンガラで絵を描きましたが、消えてしまいそうに成りました。

ベンガラは少し厚く塗るがコツのようです。
黒いお皿は ベンガラを先に塗り、透明釉と黒天目釉で掛け分けしました。予想以上の出来に感激!

Web04p1060182_2

一輪挿し

お花が主役なので目立たない色の釉薬をかけます。
青磁、月白、御深井緑 
先生の見本のようなものを早く作れるように努力します。

Web05p1060184_2

大きなマグカップが沢山

これは1月に知人に頼まれた200cc入るマグカップ
白マット・月白(水色)・黒天目・鉄砂(茶色)・御深井緑・御深井瑠璃(青色)

Web06p1060185_2

<↑φ7.5cm x H7cm  140cc  ソーサーφ14cm>

Web08p1060186_2

<↑φ7.5cm x H7cm  130cc  ソーサーφ14cm>

自分用に珈琲カップも2個作りました。黒天目・鉄砂

先ほどのお皿の黒いのはカップソーサーでした。
お気に入りの一品が出来ました。

ただ、茶色の鉄砂は流れやすいので、今回のような釉薬のかけ分けには向かないのかもしれません。そして、カップの淵を綺麗に塗り分けるつもりが、ツールから外す時に戸惑ってしまい、釉薬が分厚く残ったことで沢山流れてしまいました。

それでも今回は偶然にも面白い模様に成りました。

鉄砂釉は一色掛けが良いのかな?

↓陶芸の腕を更に磨きます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)