陶芸

2019年6月 1日 (土)

待ちに待った穴窯の作品に出会えました!

待ちに待った穴窯の作品に出会えました!(2019年5月期)

前回の続きです。

500℃のあぶりも順調に進み五日間の本焼き開始です。
本焼きの二日目に陶芸センター出かけました。

穴窯の前では、この日当番の人たちが交代で薪を焚いて窯の温度を上げています。
今日の目標は1130℃ 

センターに戻りでろくろで作品作りをしていると、声が掛かりました。
「薪を焚く特訓をするから来るように!」と

早速私も窯の中に薪を焚いてみます。

先ずは完全武装。革製の長靴 木綿のつなぎ 長い皮の手袋 顔はフェイスガード 、1000℃を超えるといい加減なものでは解けたり焦げてしまいます。

いよいよ蓋の開閉すると人とタイミングを合わせて、薪を右・左・真ん中を投げ分けていきます。
これを10回ほどやって特訓終了。本番では更に精度を上げて温度管理も・・・

それから2日後の夕方 いよいよ私の当番です。
小雨交じりの中、車を飛ばして陶芸センターに到着

今回は会員のご子息と仲間が薪焚きに参加して頂いたので、全体の当番表が随分と楽に成りました。
ありがとうございます。

そんなこともあり、夕方6時からの6時間は4人態勢で休憩も時々取りながら行きます。
今回の目標 1200℃

夢中で時間が過ぎ、気が付けば午前0時。メンバー交代の時間。

私はそのまま継続して3人態勢で朝の6時まで頑張ります。
今回の温度は攻めの最高温度 1230℃目標

焚口の開閉の人 薪を焚く人 薪を奥から運ぶ人 それぞれ1時間交代で進めて、気が付けば周りは明るく成って来ています。もうすぐ4時 残り2時間頑張るぞ!

雨上がりの朝もや 太陽がまぶしい 小鳥のさえずりが一段と大きく聞こえます。

次の当番のメンバーが2人やって来ました。ここで交代です。

小腹を満たすため軽く食べます。その後は陶芸センターの向かいには温泉が有りますので、温泉でゆっくり汗を流し疲れを取ります。

その後は休憩室で仮眠を・・・
2時間はぐっすり寝ました。

すっきりしたとろこで、食事の用意
用意していたキャンプ道具を出してお湯を沸かし、スパゲティーを茹でます。
並行して鍋でミートソースをバターで炒めます。
完成~~!

久々の青空の下で食べるブランチは最高です。

食事の最中ですが、早めの窯締めと成りました。
窯がさめるのを待ちます。



・ 

あれから一週間 窯は冷えたかな?
途中で異常な気候で北海道の東部では最高気温 39.5℃を記録
ここ、陶芸センター付近でも34℃だったそうです。

予定通りなら今日が窯出しの日
何時もより少し早く到着しましたが、既に窯出しが始まっていました。

01p1060839_1

焚口から記念撮影 先輩の大作がドッカ~ンと

手渡しで作品が窯から出てきます。
生まれ変わった作品が次から次へと、この瞬間が何ともたまりません。

02p1060840

センターのテーブル一杯に置けれています。

03p1060841

04p1060842

↓私の作品群 まだ迷子がいますので全部揃っていません。

05p1060843

全部揃ったところで今回は最低3個以上 センター内の穴窯作品展示ブースに出すことに成りました。

残りは自宅に持ち帰り、米のとぎ汁で煮てからひとつひとつじっくり眺めているところです。

06p1060847

↑ビアカップ類

07p1060848

↑珈琲カップ類

08p1060849

↑フリーカップ類 

09p1060851

↑花器H17cm & 湯呑(志野釉に吊るし柿を絵付け)

10p1060854

↑飯椀類

11p1060855

↑中皿 Φ17cm 

3枚を重ねて焼きましたので、くっ付いてしまい手前の1枚だけOK 後ろ2枚は焼不足と一部欠けました。

 

ようやく、出来たての作品も使ってささやかな夕食です。大きめの飯椀とビアカップは出来たてのほやほやです。

ビールが特に旨い 泡がいつまでも切れません! そして、アスパラ丼も最高!

P1060845

この次は何を作ろうかな?

 

| | コメント (4)

2019年5月17日 (金)

令和最初の陶芸、穴窯始まりです!

令和最初の陶芸、穴窯始まりです!


昨年10月から延び延びに成っていた陶芸の穴窯がいよいよ始まりました。


ここ最近は準備も沢山あるので何度となく陶芸センターに通っています。


穴窯小屋の補修 特に雨よけの通路の屋根のビニール貼りは大切。
もちろん身軽な私が屋根に上り、一面に貼って行きます。

その後みんなで作品を焼く時のせんべい作り
作品と棚板がくっ付ないように特殊な粘土で薄いせんべいのような敷物を沢山作ります。


この時並行して自分の作品に藁を巻き付け 緋色の変化が出ますようにとおまじないを賭けておきます。

次に作品を教室から建屋裏の穴窯小屋まで慎重に運びます。

02p1060812 

<↑作品の一部です>

窯詰め開始

窯の中は人一人が入れるのがやっと!
棚を作り、棚の上には作品を火に通りを考え大小色々なものを組み合わせながら並べていきます。
でもこの作業は大ベテランだけの世界。
初心者は外で指示された高さや大きさの作品を探して手渡していきます。
「その後は先輩方が行う」からとのことで早々に引き上げました。

03p1060817 

01p1060815

そして窯詰めは予定通り2日目の遅くまで掛かったそうです。
当初作品が少ないからと追加した分が以外に多かったとのことでした。
それでも、無事全部は入ったようです。ご苦労様です。

火入れ&あぶり初日

普段より少し早くセンターに着いたのですが既に火入れは始まっていました。
あぶりは結構のんびり 焚火みたいな感覚でゆっくり燃やして窯を温めます。

150℃から始まり 30分置きに薪を入れて徐々に温度を上げていきます。
その間、センターに戻ってろくろで作品造り。
この日は最高280℃で終了

あぶりの2日目3日目は他のメンバーが交代で行いますので自宅待機。

9時~17時までで夜間は火を消します。
あぶりは最終500℃までです。

これが終われば本格的な本焼きの5日間が始まります。もちろん24時間連続です。
1100℃ ~ Max1200℃目標
私は4日目と5日目の当番
それまで鋭気を養っておきます。

全ての作業が終わり、生まれ変わった作品に出会えるのは今月の末 30日ごろです。

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2019年4月28日 (日)

平成最後の陶芸は?

平成最後の陶芸は?

いよいよ平成の時代も後三日と成りましたね

10日程前から集中して陶芸センター通いです。
陶芸の蓋もの作りの通過点でしょうか?
「先輩からも急須作って見ないですか?」と奨められましたので、取り組むことにしました。
やり方は一切教わらず、まずは完全自己流でやってみます。
失敗から学ぶ!を実践

先ずは試作品を

出来ました。

P1060744

P1060764 

茶こしも付けました。ただ全体のバランスが悪いです。
そぎ口が小さい 取っ手が少し大きい 茶こしが大き過ぎ などの反省点が見つかりました。

先生からは良い急須は取っ手を下にして立つものだよ
立ちました。安定しています。この点は合格!

でもこれは試作品。焼かずに壊して粘土に戻すことにしました。

実はこの後もう一個改良版を作り、陶芸センターで素焼きの待機中です。
前回カメラを忘れてしまい、証拠写真を撮ることが出来ませんでした。

お披露目は令和に成ってからですね。

ps、これから関東に住む子供達のところに遊びに行ってきます。
関東の文化を吸収してきますので、しばらくお休みします。

 

| | コメント (2)

2019年4月 4日 (木)

陶芸の本焼きが上がりました!(2019年4月期)

陶芸の本焼きが上がりました!(2019年4月期)

<4月3日(水曜日)の事>

冬に逆戻りの感じの今日この頃。
朝方は小雪が舞っています。雪解けは少しお休みかな?

先日、絵付けした作品が今日焼き上がる予定です。
ワクワクドキドキしながら陶芸センターにやって来ました。

緑一色に包まれた作品が机一杯に並んでいます。織部はやっぱり一味違うとつくづく感じます。
ほんのり未だ暖かい! 窯のぬくもりが感じられます。

01p1060717

有ります!有ります! 私の作品も
思いの外、絵付けの失敗が目立ちません。やれやれほぼ納得です。


そのうち仲間が一人二人と増えてきました。
皆でワイワイガヤガヤの品評会の始まりです。


今日は前回仕込んだ梅干し壺の削りだけにして少し早く切り上げました。

自宅に戻り次第、早速米のとぎ汁でひとつひとつ煮ていきます。

 

02p1060729

03p1060724

Φ10cm×H11cm  このポットは思っていたより少し小さく成りましたのでティーカップ専用にします。

このうち二つは貰われて行くことに成りました。

 

05p1060732

左:Φ9cmxH6cm 孫のスープカップです。小さい内か本物志向のトレーニングかな?

右:Φ7cm×H7cm  総織部の珈琲カップ 前回釉剥げで失敗しましたのでリベンジ 成功です。

 

06p1060735

ビールカップ Φ8.5cmxH11cm ハンドルはあえて少し大きくしました。◎

 

04p1060734

左:Φ8cm×H10cm 最後に余った土で作った手びねりのフリーカップ 素朴さを強調しました。

葡萄の絵柄を描きましたがまだまだ 次回までに特訓してもう少しマシな絵が描けるよう頑張らねば・・・△

右:Φ8cm×H10cm シンプルな絵付けをして見ました。道端の草花をイメージして赤を加えました。

酸化窯での発色も問題なし◎

 

ココログシステムまだまだ安定しませんね。ところどころ仕様変更も出てきて戸惑っています。

| | コメント (4)

2019年3月27日 (水)

陶芸の素焼きが上がりました!(2019年3月期)

陶芸の素焼きが上がりました!(2019年3月期)

ココログシステム確認のため試験投稿です。


<3月27日(水曜日)の事>

西日本からは既に桜満開の便りが聞こえる季節ですが、こちらは一面⛄真っ白な春はまだまだ遠い北国です。

昨夜から新たに積もった雪を掻き分け陶芸センターまで車を飛ばしてやって来ました。

テーブル一杯に素焼きの作品がいっぱいに並んでいます。私のは一番手前の一群です。14個?

この後迷子の3個がみつかり追加です。

P1060709-web

今日はこのうち織部用に作陶した8個だけを釉掛けをします。残り白土分は次回にします。

透明釉薬を掛けた後、織部釉薬を部分掛けしてから、ベンガラでいよいよ絵付けです。

一番緊張する時間です。紙の上ではスイスイ描けてもいざ本物と成ると簡単にはいきません。

午後2には無事終了。焼き上がりは一週間後 

楽しみです。

 

| | コメント (4)

2019年3月16日 (土)

久しぶりに木の工作しました!

久しぶりに木の工作しました!

最近の趣味と言えば陶芸一色
でも時には木の工作も・・・

これも陶芸繋がりではありますが

友達から「大きい絵皿のスタンド」を2個欲しいと
何とお孫さんの初節句に使いたいようです。
4月中には・・・

でも我が家の”青空工房”は未だ開店していません。まだ雪が沢山残っています。
何せ庭先にブルーシートを広げた暖かい日限定ですから

今年はとりあえず40cm台の大皿なので1個は何とか成りそうです。
この次は50cm台用も用意しなければ・・・
以前作り掛けの材料が残っていました。
ノコで大体のカットは終わったものが在りましたので、続きは室内作業のみで済みそうです。

早速サンドペーパーで仕上げます。
溝の噛み合わせ部分は、組立や分解は成れない人が使うので少しゆるく作ります。
パーツ完了

01p1060697

ここで”完成・納品”かと思ったのですが、使用場所はここ北海道とは違い湿度も結構高いところ。
と成ると湿度対策のため塗装しますが、生まれたばかりのお子様なので体に優しい、天然の日本古来の柿渋塗料を選びました。
ただ小さな精密な溝の噛み合わせもありますので、あまり何回も重ね塗りも出来ません。
柿渋は水性のため、せっかく作った作品が水気のため変形してしまうのが気に成ります。

そこで塗る回数を減らすため、柿渋の着色染料も併用することにしました。

02p1060700

そして、染色・乾燥・柿渋上塗り・乾燥を数回繰り返し完了。
更に充分乾燥させます。
木の艶はありませんが非常に素朴な色合いに仕上がりました。

03p1060701

組立 溝の噛み合わせが少し変わりましたが許容範囲でやれやれ!

04p1060702

色付けはお任せでしたので私の好みで進めてしまいましたが、友人の反応はどうかな?

スタンドは脇役なので少し地味な方がいいのでは! と思っています。

| | コメント (2)

2019年3月 8日 (金)

陶芸作品の新しい形にチャレンジ!その2(2019年3月期)

陶芸作品の新しい形にチャレンジ!その2(2019年3月期)

先日のビアカップと平行してこんなものも作っています。

珈琲・紅茶兼用のポットです。小ぶりで2.3杯位は入ります。

何回か通ってようやく形に成りました。

P1060695_190306_web

今月末の織部焼を待つだけです。

出来上がりが楽しみです!

| | コメント (4)

2019年3月 1日 (金)

陶芸の本焼きが上がりました!(2019年2月期)

陶芸の本焼きが上がりました!(2019年2月期)

<2月27日(水曜日)の事>

最近はポカポカ陽気とまではいきませんが、プラス気温の日が時々ある穏やかな日々です。
雪解けも進んでいよいよ春近しかな?

陶芸センター通いの道中も非常に走りやく成り、作陶にも一段と気持ちが入る今日この頃です。
前回仕込んでいた新しい形のビールカップもどんな風に焼き上がったかな?
期待膨らまして向かいます。

既に会員が一名来ていましたので一番乗りとはいきませんでしたが、机一杯に皆さんの作品が並んでいました。
そして、自分の作品は?  有る有る・・・

01p1060673

順番に見ていきます。

Φ16cmの丼ぶり うどんや蕎麦などに考えています。
赤土4号に白化粧 
白化粧の濃度は前回と同じにしました。やはり薄い感じで流れています。

02p1060683

Φ13cmの飯碗 いい出来です!
赤土2号に白化粧
白化粧の濃度は手探りですが少し濃くしました。
白い斑点 御本(ごほん)が沢山でて楽しい景色が浮かび上がりました。
これには先生も先輩からもお褒めの言葉を頂きました。ありがとうございます。

03p1060680_2

04p1060681_2

新しい形のΦ8cm 高さ10cmのビアカップ
赤土2号に釉薬は御深井の青を掛け 高台はベンガラ塗りの焼き締めです。
予想通りの面白い感じに出来上がりました。

全部で4個出来上がりましたが、一個は先輩に貰われていきましたので帰宅したの3個だけでした。

07p1060686_2

08p1060688_2

Φ16cmの中皿
赤土4号のベンガラで絵付けしましたが、上手くいかなかったので釉薬は全体に御深井青を掛けました。
思いがけず良い感じに焼き上がり満足です。

10p1060684

最後に先輩に貰われていったビアカップです。Φ8cm 高さ10cm

09p1060678

陶芸センターで記念撮影。陶芸仲間では初の嫁入りに成りました。

さぁ~ この次は織部の準備です。締め切りは20日後なので急がなければ・・・ 

| | コメント (4)

2019年2月 7日 (木)

陶芸作品の新しい形にチャレンジ!(2019年2月期)

陶芸作品の新しい形にチャレンジ!(2019年2月期)

新しい年が明けてからの陶芸センター通いは、色々な行事が重なってしまい飛び飛びの活動に成ってしましました。
そんな事もあり最近はゆっくり楽しんで作ることにしています。

1月は自分用の赤土の飯椀を少し仕込んでいます。
そして、昨日は新しい形に挑戦していたフリーカップの削りが終わりましたで記念撮影をしました。
素焼きの予定は未だ決まっていませんので、焼き上がりはもう少し先に成りそうです。

P1060670

P1060671

今回は赤土の2号を使い、砂が幾分少ないだけ細かい細工が出来るのではと考え、一寸お洒落な形のフリーカップです。
先輩方はワイングラス風に仕上げていますが、そんなに首の長いものはまだ2年生の小生にとても無理無理。何年か後には出来るように成るかもしてません。

本焼き上がりではきっと黒っぽいカップに成る予定です。

完成まで暫くお待ちください。

| | コメント (4)

2018年12月26日 (水)

陶芸の本焼きが上がりました!(2018年12月期)

陶芸の本焼きが上がりました!(2018年12月期)

急に本格的な冬に成って来ました。

丁度一週間前の事、何時も通っている陶芸センターへの途中の山道は、まだ除雪が入っていませんでしたので、昨晩から降り続いた深雪の中を道を探り探りながら辿り着いたのを思い出します。
後で気象庁の記録を見ると30cmの降雪とありました。
なるほど ひどいはずだ! 納得です。

その時に一生懸命絵付けと釉掛けをしてきたものが、今日は焼き上がる日です。

わくわくしながら陶芸センターへ向かいます。

今回は除雪作業が既に終わっていて非常に快適な雪道ドライブでした。

到着すると、既にテーブル一杯に皆さんの作品が並んでいます。
まだほんのり暖かい!出来立てほやほやです。

P1060618

そして、私の分は 今回は少な目で15個です。

P10606181

今日は新しいものは作らず皆さんとおしゃべりした後早めに引き上げて来ました。
戻り次第鍋でひとつずつ煮沸します。

P1060619

P1060620

Φ18cmと16cmの丼です。ラーメンやうどん用に考えてます。

P1060621

初めて使った赤土4号での飯椀 Φ12cm~11cm 食器棚の場所を取らないように3個ずつ綺麗に重なるように微妙にサイズを変えました。

白化粧を掛けましたが少し薄かったようです。でもグラデーションが掛かってこれも良いかな?

P1060622

P1060623

前回より少し大きめの珈琲ドリッパー (2杯取りMサイズかな)

左から黄瀬戸、青磁、鉄砂ですが、黄瀬戸は還元焼き強く成ってしまったので綺麗な黄色は出ませんでした。

P1060624

前回とは違い 溝ではなくリブにして、ペーパーがくっ付かないように改良しました。

これで珈琲が更に美味しくなると思います。

P1060626

P1060628

マグカップ2点 左は御深井緑を掛けました。まだ薄いですね。

右は新しく入手した有田焼の赤色の絵具を使って、少し遊んで見ました。

思いがけず良い出来栄えに満足です。

P1060630

小鉢とミルクピッチャー

前回枯葉の絵柄が薄く成ってしまいましたので少し濃く描いたら失敗

また当初、白マットを掛けるつもりが間違って普通の透明を掛けてしまったので余計いやらしく成ってしまいました。

ミルクピッチャーは、形は理想通りに出来上がり満足 ラテアートの道具です。

試しに牛乳を入れて見ましたがいい調子です。

P1060634

ただ今、作品群を眺めながら珈琲ブレイク

早速新しいドリッパーで淹れて、出来たてのマグカップで頂いています。

至福のひと時!!

↓今回は悪天候もあり、絵付けを急いだため少し雑に成ってしまったかな?

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)