舞台サポート

2014年10月23日 (木)

リハーサルと準備は入念に! ~ 舞台サポート(PA編)

今年に成って始めた舞台サポートは、プロの集団ではなく趣味の延長線上でやっているが、いざ始まるとやはり色々と要求のレベルは高い。

前回の舞台では近隣高齢者の芸能発表会で事前リハーサルも出来ずぶっつけ本番。
おまけに音源が届いたのは当日の1部式典が始まってからで、3部の演芸発表会は午後からだが・・・。そしてカセットテープ CD DVDと様々。
休憩時間に何とかカセットテープの頭出しは出来たけど、DVDはどうしようもない。
備え付けのDVDデッキにはモニター画面が無く、いわゆる頭から垂れ流し方式の家電製品がついているだけ・・・。指定の曲は24番目に入っているとか! 手探りで曲送りをするがどうも上手く行かない。モニター画面があれば一発選曲が出来るのですが・・・残念!
DVD音源を持ち込んだ本人もカラオケマシーンの様にモニターがあって字幕を見ながら歌えると思っていたようだが、公民館に常備の設備にはそのようなものがついていない。
結局、本人は出演辞退と言うことに成り、一見落着。
カセットテープの頭出しは、休憩時間に調整室のモニタースピーカーだけを生かして置いて、再生後音が出た瞬間に止め、直ぐ取り出し、ボールペン等でリールを動かし10センチメートル程巻き戻す。何とも古めかしい作業だがこれが一番確実。
カセットテープの標準再生速度は4.8cm/秒 なのでこれで約2秒確保。
作業時間10分 この短時間で7本を確認できるのは一発勝負。じっくり確認などできない。一寸不安がよぎるが・・・・・。

P1030503

いよいよ3部の演芸発表がスタート (大半がカラオケ)
司会者より  次は○○町の○○さん 曲は○○○です どうぞ! 
の合図で音楽スタート  
約2秒後に音楽が流れ出し どんぴしゃりの調子。
2人3人と順調に行き 5人目の時 歌い出した後なんか変だ 変だ 本人がマイクを遠ざけたが歌が流れてる。カセットテープからはカラオケではなく歌入りの方が流れてる。
やばい! 直ぐに止めてテープを確認
A面 間違いなし ???
もしかして B面? 急いで巻き戻し
この間の時間がすごく長く感じる。
再度B面にセットし直し、テープスタート 
今度はカラオケで、最後まで歌っていただけてありがとうございます。
やれやれ
運悪くこのテープ 個人が録音したもので ラベルはA面にしか貼ってなくておまけに、A面側に巻き戻して有ったので何も疑いません。
しかし しかし しかし 
先ほどの頭出しで曲の途中まで聞く余裕があれば、こんな間違いをしないで済んだのにと悔やんでも取り返しがつかない。
こんな苦い経験を次回に生かそうと臨んだ昨日の舞台サポート
○町老人クラブの芸能発表会の舞台サポート PA担当 
10月21日(火) 事前準備 
11時~前日の準備開始
前日中に音源を受け取れるようお願いしている。
前回と違い参加者は全員町内の人たち。
13時には数人リハーサルに駆けつけていただきました。声量の大小 マイクの使い方 それぞれ違いを把握していきメモ。
今回もカセットテープが4本あるので、前回のような失敗をしないためにもきっちり途中まで耳で聞き、間違いないことを確認。でもカセットテープの録音レベルがことごとく低いのでミキサー音量Maxでも最適な音量は確保できません。
丁度リハーサルにお出でになられた方がおられましたので状況を説明すると「CDに録音しなおしてきます」とのことで、明日は更に良い条件で本番が迎えられそうである。
夕方、基調講演の講師の方もお出でになられ、マイクの確認もしていただけた。
10月22日(水) 本番
8:30~ 準備開始
10時 1部:式典開始
 
10時50分 2部:基調講演開始
  昨日の打ち合わせ通り 語り:リバーブOFF 歌:リバーブON  完璧に終了
12時45分 3部:芸能発表会
 順調に流れて行き、歌い手の感情が入ってきたときには音量レベルをアップ 順調 
後半の踊りの時、司会者が○○会 ○○さんの合図で音楽をスタートさせたら、踊りがちぐはぐ なんか変だ??
「音楽が低いので出だしが分からず踊れない」とクレームに成り 再度初めからやり直すはめに。
音源はカセットテープで昨日の確認でもかなり録音レベルが低いので・・・と事務局担当者に伝えていたが、どうも当事者たちには伝わっていなかったのかな?。
事情を分かっていただき再度やり直しで解決。
この会場の設備、カセットデッキの出力調整が出来ないタイプの機材なので、どうしようも出来ない。

P1030381

教訓 リハーサルは重要 踊りもリハーサルがあれば事前に理解してもらえたと思う。

↓準備は入念に行うべき!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

歌謡ショーの舞台サポート ~ 無事終了

舞台サポートの事で不安な日々が続いていましたが、ついに本番の日がやってきました。

7月11日(金)cloud/sun

今回は「大野英二と歌謡バラエティーショー」です。

昨日の午前中に大体の準備を済ませてきましたので、今日は15時集合。

到着後ステージ上のマイクのセッティング 続いて横断幕の取り付け 椅子の準備などを済ませてから、2階の調整室に上がります。成れたと言え、いつもながら急な階段です。

前回は役場職員との共同作業でのサポートでしたが、今回は”われら三人衆”のみ もちろん困った時に教えてもらう相手は居ません。

きっと大丈夫でしょう。入念に準備してきましたから・・・

私は音響を担当します。

ホール ロビー 楽屋 一通り音出しをして、 それぞれ問題なし。

微調整は出演者が来てからのリハーサルで行うことにします。

17時20分 大野英二さん御一行が到着しました。

打ち合わせを済ませ、早速リハーサル開始。

カラオケ音源の頭出し スタート ストップ オープニング のタイミング確認。

そして、5・6人の人に歌ってもらいレベル調整。

そうこうしてる内に会場にお客様が入ってきましたのでやむなくリハーサル終了

予定よりも早く開場してしまったようです。

正味20分もリハしてませんが、仕方ありません。

開演まで未だ一時間ほどありますので、喉を潤してしばし休息をとります。

いよいよ5分前の”1ブザー”で「開演前のお知らせ」からスタートです。

公演中の撮影は大いに結構です!のアナウンスで会場早くも盛り上がりです。

3.2.1の合図で”本ブザー” 続いて 「・・・・・歌謡ショー」の合図で”音楽スタート”

緞帳が開きだし、いよいよ始まりました。良い滑り出しです。 

左手でデッキの操作 右手で音源レベル調整 

01img

中盤に入り、少し余裕が出てきましたので、記念の撮影。

片手撮りなのでカメラぶれですが記念の最初の一枚。もちろん今日は撮影禁止ではありませんので、ご安心ください。

02p1030110

↑<細川絹枝さんのステージ>

この後、幕が閉まりステージのマイクスタンドの変更。これはステージ袖に居るもう一人が行います。

「ステージの準備完了」の無線が、続いて「音楽スタート」。

しかし、このとき打ち合わせに無いことだったので「緞帳が開いてないよ!」を連絡

すると再度「音楽スタート」の返事が・・・??? 

デッキのスタート釦をおして音楽がスタートすると同時に、緞帳オープンして演奏が始まりました。

打ち合わせに無いことだったとは言え、数秒の間が開いてしまい、一瞬ヒヤリとしてしまいました。でも概ね大丈夫みたいです。

03p1030111

↑<元祖スコップ三味線[無弦]の皆さん> これも片手撮り 不鮮明ですがあしからず!

その後がスピーカレベル変更 マイクレベル変更 を微調整しながら順調に進んでいきます。音源・声量の差をミキサーで補正するのが当たり前に様です。

途中、無線連絡でさらに音量アップ要望に合わせていきますが、一瞬キー~ン ハウリングです。やばい!

素早くレベルを下げます。そんなことを繰り返して無事全18曲目終了です。

最後は、”終了のBGM♪”を流してお客様のお帰りを待ちます。

やっと終わりました。2時間が瞬く間に過ぎました。

自己採点 75点 で合格点かな?

出演者からの感想として 「いい音で出てましたよ!」「音楽スタートのタイミングが特によかったよ!」

と、お話が合ったそうです。

良かったです。今までの苦労が報われた感じです。

狙い通り、タイミングにはことのほか気を使いましたので・・・・。

↓不安だった舞台サポートも無事終了しました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

YAMAHA LS9 StageMix ~コネクションエラー

デジタルミキサーYAMAHA LS9にはiPadを使った便利なツールがあります。

早速、初日にから簡単な機能だけを使って居ましたが、先週のトレーニング中に突然エラー発生。
[Connection Error]でどうしようもありません。
その後、先日の2回目の舞台サポートのトレーニング時点では、まだ復旧していませんでしたので、結局、自分で設備会社に電話することに成ってしまいました。

事情を話すと、「LS9本体やiPadのIPアドレスが正しく設定されていない」とのことで、指示に従い、色々やった結果上手く動くようになりました。ありがとうございます。
今考えればなぜ壊れた? エラーが出る直前に近くに落雷があり、制御盤の後ろで避雷サージャーが”パーン”と大きな音を立てて作動したのを思い出しました。その時iPadは充電中で落雷の影響かもしれません。

当日の復旧方法を今後のためにメモしておきます。

先ずはマニュアルを入手
YAMAHAのマニュアルライブラリーサイトより StageMix ユーザーマニュアルをダウンロード

そして、まず見るところは 46ページ 「困った時には」

01img

指示に従い、LS9コンソールのIPアドレスを確認します。6ページ

03img

続いてiPadのWiFiの設定も確認します。7ページ

04img_0001

更にStageMixの「ADD MIXER」の内容も確認。10ページ

05img

ここで分かったことが、LS9コンソールとStageMixの内容が違っていましたので、IPとMACアドレスを入れなおして完了です。

マニュアルを読み返してみると電話で言われたことがすべて記載されていました。
マニュアル様様です。

↓デジタルミキサーLS9 一歩ずつマスターしてます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジタルミキサーYAMAHA LS9  基本編チャンネルリンク

デジタルミキサーYAMAHA LS9の取扱説明書の見方が少しずつ分かって来ました。しかし、個々の機能は書いてありますが、どのように組み合わせて使うのか? 応用編の説明書も欲しいところです。

Netで調べているとYouTubeにこんなものがあり、少し見ずらい画面ではありますがチャンネルリンクの意味が分かりかけました。”藁をもすがる”思いです。

http://www.youtube.com/watch?v=1eFqdTDVst4

マイクを3本纏めてのON・OFFや入力のCD音源R・Lを同時に操作したいと思っていたところです。

まだ、実際には試していませんが、これも次回のためメモしておきます。

チャンネルリンクの方法

取扱説明書の124ページを見ます

P1030086

P1030087

1、Disply Accessの  [ChannelJob]釦を繰り返し押して[CHLINK]を出す

2、LinkParameterフェールドからパラメータを選びます(たとえばフェーダーの操作の時は[FADER]を選択)。 そして [ENTER]

3、リンクさせるそれぞれのCHの[SEL]を押してON、 [ENTER]

4、これで完了

5、一時的にリンクを解除するとき[SEL]をおしてOFFにする

 

以外と簡単な操作なんですね。

そしてこれは便利機能です。是非マスターしたいです。

↓デジタルミキサーを早く使いこなしたいです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジタルミキサーYAMAHA LS9は難しい? 基本編シーンメモリ

少し前から始めた舞台サポートの音響&照明の作業に四苦八苦です。

先週あった全体トレーニングでは、少し分かりかけたと言え、逆に新たな疑問が湧くばかりです。個別操作はできてもスムーズな舞台サポートが出来そうにありません。
そんなこんなで最近は精神的にも少し迷いが出てきています。
気分転換のつもりで、行ったグライダーの飛行訓練でも集中力がなく、ミスばかりです。
これではいかん!
自分一人だけの個別トレーニングをお願いし、去る7月2日の音響のみの操作訓練を行って、少しだけですが一歩前進し気持ちの整理がついてきました。
兎に角、しばらくはグライダーも自転車もお預けで、音響技術に集中することにします。
還暦過ぎの初心者にはデジタルミキサーはハードルが高すぎ????
仲間のために、音響ミキサーの基本操作をメモします。
YAMAHA LS9-16
先ず自宅でも学習するためマニアルの入手 
YAMAHAのサポートページのマニュアルライブラリよりダウンロード
ただし、現地に常備してあるマニュアルより簡単なものですが、これで我慢です。
シーンメモリの使い方
これは、シーン毎の入出力機器を一発切り替えできますので、ミスを防ぐのに有効な手段です。
LS9の取扱説明書の128ページを見ます。

P1030084

1、DisplyAccessセクションのSceneMemory 釦を押してシーンリストを確認
2、空きチャンネルを選択し登録の準備です。
3、現在の入出力機器のチャンネル フェーダーキーの位置が決まればこれを登録
4、[STORE]にカーソルをもって行き、[ENTER]
5、シイーンの名前を入力して[ENTER]
6、最後に[STORE]にカーソルを[ENTER]
これで登録完了
これを呼び出すときは、シーンCHを選択し[RECALL]にカーソルを移動し[ENTER]
これでシーンの登録完了ですが、シーン切り替え時に音源のフェードイン・アウトがないといきなり切り替わりでは違和感が出てしまいます。
フェード機能を使う
LS9の取扱説明書の143ページを見ます。

P1030085

1、DisplyAccessセクションの[SceneMemory] 釦を数回押して[SceneFade]画面を出す。
2、フェードタイム は任意の時間が設定できますが、私は2秒ぐらいが良いように思います。
3、フェードするチャンネルと時間を選び[ENTER]
これでシーンメモリを使って一括切り替えがスムーズにできると思います。
少しづつ分かりかけてきましたが、これでも3%ぐらいでしょうか。
先はとてつもなく遠いです。
↓デジタルミキサーに翻弄されてます。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

冷や汗かきかきのほろ苦デビュー 

初めての舞台照明&音響サポートも冷や汗かきながらも、何とか終わりました。

課題山積みです。

6月19日(木) トレーニング

初めての機器操作練習です。
先ずは音響から始めますが、マイクの音が出ない マイクのリバーブ(エコー)が掛からない 等々で問題だらけ。
配線変更で前者は解決ですがリバーブがダメ。
たしか以前の説明会では設備会社の人が「リバーブは出来ません」と言っていたが、その後のPA担当者からは「できるよ」と どっち???
自分たちはどうしても使いたい・・・・・

一日の練習時間もそろそろ時間切れです。

照明は既定の設定のままで使えるということで殆ど練習せずに終了。大丈夫かな?

自宅に戻ってからリバーブ機能について調べると、この操作卓 YAMAHA LS9 は効果音の中にリバーブ擬きの”RevーX” であることが判明。期待薄です。
どうりで・・・・・
また、21日はリバーブは使わないのでまだ時間はあります。

00p1030069

最近は歌い手個人が自分の外付けリバーブ装置を持ち歩く時代になった様ですね。でも中には自前の装置を用意していない場合もありますので、どの程度の効果音なのか試してみる必要があります。

6月21日(土) 演奏会当日

予定の集合時間より少し早く着きました。
今日は近隣高等学校の吹奏楽の演奏会です。100名近い大所帯。 
ステージに上がり切れませんので半分以上の楽団員がホール前列に位置取りすることに成ります。そのためステージ照明だけでは足りず、客席照明も全灯で行うことに成りました。
<写真撮影禁止のため写真はありませんがあしからず>

マイクレベル スピーカレベル事前調整OK
マイクレベルはリモコンのタブレットで行いますので実に素早く出来ます。ハイテク様様です。
次に照明調整 異例の大人数のため当初設定では不足です。キャットウォークと言われる屋根裏に上がってシーリングライトの角度調整 OKです。

そのほか色々な要望に対応しなければなりません。
突然の”ライトの色を変えて欲しい”には戸惑ってしまいました。ステージを広くするために普段使うローホリゾンタルライト(LHL)を撤去していますので、簡単にはいきません。ステージ上は大勢の楽団員でごった返しています。途中まで作業を進めましたが、結局、変更なしで行くことに成りました。
どんな時でも素早い照明の調整が出来るように練習しなければ・・・
演奏者と簡単な打ち合わせを行いますが、リハーサルは殆どありません。一寸不安!
私は音響担当をします。2階の調整室に上がり、時計を見ながら今か今かと待ちます。

30分前 BGMスタート。開場です。お客さんがぞろぞろと入ってきました。

BGM OFF ”開演5分前”のアナウスが入ります。

いよいよ開演のブザーの合図で開演です。

総合司会者MCと楽団指揮者MCのマイクをその都度ON・OFF しなければなりません。
演奏中に余計な音を拾わないように、不要なときは必ずOFF

このタイミングが難しい。 

よそ見をしているとトランシーバから”マイクON”の激が飛びます。冷や汗たらたら・・

何とか一部が終わり休憩

BGMスタート ホールとロビーのスピーカ出力レベルが違うため個別に調整。

10分間が過ぎましたので2部のスタートです。
トランシーバから”BGMカット” 慌ててOFFにします 冷や汗たらたら・・・

2部に入りマイクのON・OFFタイミングがかなりつかめてきました。

途中でMCマイクレベルの変更リクエストがありましたので即座に対応。
開場が盛り上がって少しザワついているため、マイクレベルを上げなければなりません。
今後は自分の判断で調整しなければなりませんね。
ピアノマイクのレベルもシーン毎でON・OFFの他レベル変更も無事通過。

演奏を楽しむ間もなく、初仕事は無事?終了しました。

配線、設定を戻してすべて終了です。

各シーン毎で都度調整していましたが、戻ってから調べるとシーン毎の設定メモリー機能が附いているのですね。
シーン毎で登録パターンを使って、一発切り替えができるようです。
間違いもなくこれは便利。次回はこれを使うことにします。

また、充分な打ち合わせと、通しのリハーサルが出来ればベストですね。
それともっとトレーニングをしなければ・・・・

↓冷や汗かきかきの初仕事でした!
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)