旧式クロモリロード

2018年9月24日 (月)

雨の”美瑛センチュリーライド2018”

雨の”美瑛センチュリーライド2018”

天気予報では曇りcloud時々雨rain なかなかテンションが上がりません!

悩みましたが自宅を出る直前に自転車を交換しました。
当初は今回の大会はリフレッシュ済の旧式クロモリロードのお披露目と思っていましたが、雨の日の走行には少し辛い 数年前の大会も雨の走行で 至る所に水が入りその後のメンテナンスに一苦労したことが頭をよぎり、少しでも後が楽なカーボンフレームの3号のANCHORに急遽変更です。新しいのはシールがしっかりしています。

会場には少し早めに到着。駐車場は未だ半分くらい埋まっているでしょうか?
パラパラと雨が降って来ました。
駐車場所を探していると例年と同じところが空いていました。すぐそばには何時ものM君一家が先に来ていました。なんと朝4時に自宅を出たそうです。
遠路お疲れ様です。今年は家族5人全員で一日目走るようです。M君も弟さんも妹さんも・・・
家族全員で自転車たのしめるのっていいな! 羨ましいです。
M君ももう高校1年生 初めて会った時が小学2年でしたから、歳月の流れるのは本当に早いですね。

01img_20180922_094906

開会式 今回の参加者は1000人を超えています。年々増えています。
ただ、雨でなければもっと良かったのですが。
そして、いよいよ出発 小雨が降り続いています。やむ気配もありません。
少し寒い!走り出せば温まると思いながら・・・
景色を楽しむ余裕など出ません。
既に全身びしょぬれです。
早く終わって暖かい風呂に入りたい! 
距離計を見ると、まだ走り出して10km 残り50km まだまだ・・・

最初のエイドステーションに到着 おにぎりと暖かい味噌汁が最高のご馳走に感じました。

少し長めの休憩後出発
美馬牛峠の国道を渡るとき右に曲がれば会場に戻る最短距離 どうする?途中棄権するか?
悪い虫がこころの中で囁いています。
でも前も🚴後ろ🚴🚴も沢山の自転車仲間が走っている。

後半の最初の急な坂を上れば暫くは快適な下り坂 水しぶき跳ね上げながら快調に飛ばします。
すると 減速! 減速! の案内
間もなく急な左折???

今年はコースが変わってんだな-
そして急な登り坂 これは初めて登る坂 途中で休んでいる人もいます。
予想外に急な坂 いや 激坂だ そして結構長い ギアが足りません。
自転車をカーボンフレームの3号にして良かった 旧式クロモリのギアなら絶対無理!むり!

例年のコースとはまるで違う ペース配分が掴めないま何とか登り切りました。

この激坂 新名所に成りそうです。

この後はひたすら一分でも早く戻りたくて漕いで漕いで、景色を楽しむ余裕もありません。
ゴールの会場が近づいてきました。幾分雨脚が弱って来た感じ 
そしてゴール 
結局写真は一枚も取らないで終わってしまいました。

後かたずけはそこそこにして車で白金温泉に直行
急いで温泉につかります 
あぁ~ ふ~ 生き返る

この後交換会があるのであまりのんびりも出来ません。
交換会会場に入ります。M君一家からお声を掛けて頂き合流することに成りました。
ありがとうございます。一年ぶりの積もる話を沢山させて頂きました。
明日はどうしようかな?
M君一家は男3人が100kmを走るようです。頑張ってください。

交換会の抽選会ではタオルが当たりました。
その後の会場の全員でじゃんけん大会 最後の一人には真っ赤なロードレーサーが当たります。
私は残念ながら 1回戦でNG

抽選には当たりませんでしたが、この大会の特製ジャージを購入しました。
そろそろ新しい一着が欲しいな~と思っていた矢先ですのでグッドタイミング

03p1060505

自宅に戻り 片足のふくらはぎに違和感
翌朝に成っても良く成りません いつもの肉離れです まだ軽度ですが今のうちにしっかり治療しておけば大事に至らないでしょう。
多分、寒い中無理して走った為でしょうね。

24日は一日中立ち仕事のボランティア活動がありますので、歩けなく成っては仲間に迷惑はかけられません。
思い切って 100km走行は断念しました。
そして2日目の今日も時々雨rainの予報
皆さんご苦労様です。楽しんで走ってくださいね!

少し余裕が出ましたので、愛車の点検
まずは全部を水洗い
その後、サドルを外し シートパイプを中を覗くとやっぱり水が少しだけ入っています。

02p1060502

自転車をさかさまにして暫く乾燥です。
それからチエーンを取り外し洗浄 結構砂が噛んでいました。
今回は分解はせず外から見える範囲の清掃注油だけにしました。
後日時間があるときに全面的に分解清掃注油のつもりです。

↓雨の日の走行はやっぱり好きではありません!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年9月15日 (土)

自転車の祭典 ”美瑛センチュリーライド2018” はもうすぐ!

自転車の祭典 ”美瑛センチュリーライド2018”はもうすぐ!

ここ最近は自転車にはあまり乗れてません。
それでも今年の美瑛の自転車の大会が目前に迫って来ました。

そして、昨年から一年がかりで整備してきた旧式なクロモリ・自転車1号のデヴューもさせてあげなければ成りません。

今日は朝方はもやが掛かって肌寒い感じでしたが、徐々に太陽が顔を出すともう秋晴れ行楽日和です。
大会モードにモチベーションを上げるため、1号を連れ出し何時ものMyトレーニングを試走して見ました。
徐々に気温も上がり 暑いくらい・・・

折り返し地点の”カムイの杜”でパチリ

P1060501

実はタイヤのコーディネートは中断したままでした。

このタイヤは在庫品の練習用の黒色です。でもこのままで出場です。

帰り道 前を走る若者の自転車を軽く抜いたのですが、途中の登り坂であっさり抜かれてしまいました。

フロントのインナーギア 42枚じゃ登りがきつ-い--!
”普段からもっと走り込んで置けば良かった”と思っても後の祭りでしょうか?

大会当日は無理をせずマイペースで走ることにします。

PS

戻って天気予報をチェック 22日(土)曇り時々雨 最高気温20度
23日の予報は未だ出ていませんが、あまり条件は良くなさそうで少し心配です・・・

↓一日だけでも旧式クロモリで走りたいのですが・・・天気予報が外れる事祈ります!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年6月22日 (金)

クロモリロードのチューブラー・リム更新 その2

クロモリロードのチューブラー・リム更新 その2

前回のリム更新の続きです。
一応パーツが揃ったのでリムの組み換えを始めます。
スポークは新しくするか悩みながらも、まずはそのまま使うことにします。

そして、前輪から分解してスポークのJIS組みからイタリア組みに変更しながら、スポークとハブを仮組してビニールテープで仮止めしていきます。

11p1060330

振れ取りスタンドに載せて何回も何回も回しながら縦横の振れを取って完成。
+-0.5mm以下の範囲に入りました。

12p1060331

12p1060334

実は組む途中にリムの穴の左右を間違えて再度組み直す羽目になってしまいました。
これも経験と思い・・・ 勉強・勉強です。

続いて後輪の作業開始
分解中にスポークが2本も折れてしまいました。
40数年分のストレスがかかっていたのでしょう。
予防交換としてスポークを一式交換する事にしました。

暫く中断です。

Netで色々調べても同じものが見つかりません。

現状は両端がΦ1.8mm、中間Φ1.5mmのダブルバテットです。

似たような形状では候補は2点

①HOSHIではΦ1.8mm - 1.6mm

②DT SWISS Revolutio Φ1.8mm - 1.5mm
 滑らかな形状変化で現状のようなはっきりした段付きではありません。

暫く悩んだ結果、上記②の DT SWISS Revolutioに決め、発注です。

13p_revo2_2

ついでに スポークテンションメータも注文です。

14p_gt33_spoke_tension_meter_2

先日、必要な役者が全部揃いましたので、後輪リムの組立を行います。
一度やってる前輪での経験が生きてきてスイスイと組み上がりました。
イタリア組みやお猪口組みもバッチリです。
最後にスポークテンションメータでテンションのバランスを取って完了です。

16p1060353

以前のリムをじっくり見ると、石やマンホールを踏んでリムが変形したものばかりと思っていたのですが、他にも規則正しく変形が見られます。
これはスポークのテンションに負けてリムが内側に引っ張られたて変形した後ですね。
やっぱり、強度不足が原因?
それとも耐用年数を完全にオーバーした結果でしょうか?

17p_p1060347

MAVICの【Record du Monde de l'Heure】名残惜しいので記念に取って置きます。

改めて計測すると、実測270g/本 には感激! カタログ値より軽い!

どうりで漕ぎ出しが軽いはずです。

↓クロモリロードのリムの組み換えが終了し、つっかえていたものが取れた感じです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年6月11日 (月)

クロモリロードのチューブラー・リム更新 その1

クロモリロードのチューブラー・リム更新 その1

旧式クロモリロードのリフレッシュも最終章に入ります。

チューブラタイヤのカラーコーディネイトが懸案事項でしたが、それ以上に気に成る事が残っていました。
それは前後ホイールのリムそのものです。

組み立てた40数年前の時、世界で一番軽いホイールを使いたいと思い、自転車ショップの奨めで

MAVICの【Record du Monde de l'Heure】を選択しました。300g/本 兎に角軽い!

01p1060262

02p1060323

当時の1972年に自転車界のスーパースターのエディ・メルクスが自転車の速度で世界記録を樹立したとき履いていたリムです。

記録は確か、49.43195km/hだったかな?

自転車仲間では結構話題になっていたものです。

しかし、トラック用で一般道路を走るロードには強度不足であることは承知の上で長年使用しています。
極力条件の良い道路だけを選んで走行してきましたが、それでもリムの傷や変形は至る所にあり、痛々しい感じです。それでもだましだまし使い続けて今日まで・・・

これからどうすると考えた時、チューブラーとは惜別して現在では一般的なクリンチャーに作り変えるか?と自問自答する日々を過ごして来ました。

古い自転車でもいつでも現役で走れることが必要条件で、飾り物ではつまらない!
でも、極端に仕様を変えたくない。
などなどで結局、少数派のチューブラーに拘ることに決めました。

候補は2点
 ①MAVIC OPEN PRO チューブラー 360g/本
  ②ARAYAの16B 335g/本
 
そこで選んだものが友人の奨めもあり、安価でかつ軽いARAYAを選択

03pp_araya_16b_gold

↑ARAYA 16B

注文して待つこと数日で届きました。
現物を確認して、少しの不安が・・・

僅かな違いが・・・
ブレーキの当たる面の仕上げや リム有効径が大きいい
実は取りあえずスポークはそのまま使う前提なので同じサイズがベターです。

念のためARAYAのHPで仕様や Imformation を調べると

何と!!!

※16B-Goldリムはロード用にはご使用できません。

URL http://www.araya-kk.co.jp/rim/info/15_16b-gold.htm

なぜなら、ブレーキ装着を前提に考えていないトラック専用であると注意勧告でありました。

以前なら、トラックもロードも自己責任で自由に使っていたのですが、現在色々と難しい事があります。
一般道を軽車両として走る以上、強度不足の部品を使っていると法律に触れたり、万が一の時の保険の除外事項に成るらしいです。

ここで、ARAYAは返品として新たにMAVICを再手配することに成りました。

最初のARAYA 16Bはインターネット通信販売で私の注文ミスですが返品処理にも快く対応して頂き感謝いたします。
送料は自己負担で仕方ありません。授業料と考えます。

そして、再手配のMAVICのリムが先ほど到着です。

オープンプロ チューブラー
・高性能ホイールを組む為のベンチマークとなるリム
・超軽量、ロードレース用チューブラーリムの最高峰
のキーワードが心に響きます。

04p1060314

05p1060315

 
やれやれ、寸法も現行品とほぼ変わりません。もちろんスポークのニップルも同時注文していました。
ニップルは分解時は要交換の消耗品ですので。

06p1060325

時間を見てゆっくり組み替えして行きます。
場合に寄ってはスポークの更新も視野に入れています。

つづく

↓旧式クロモリロードのリフレッシュは続きます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年5月 8日 (火)

クロモリロードの新規ボスフリー ~互換性問題なし!

クロモリロードの新規ボスフリー ~互換性問題なし!

注文していたボスフリーが届きました。
<ENE CICLO(エネ シクロ) ボスフリー BOSS FREE SR-5S-24 5段 14-28T>

一寸不安が過ぎります。

ボスフリーの専用工具と更にチエーンも同時に注文していました。

11p1060254

まずは、先日試しに分解したボスフリーを外します。

左から今回の新規(14-28T)と現行品(15-24T)、そして予備品(14-21T)を並べるとこんなにも大きさが違います。

12p1060255

試しに新しいボスフリーをそのまま取り付けて見ます。
心配していたリアフォークエンドとの隙間も十分で問題ありません。
ただ、リアディレーラと干渉していましたので少しばかり調整して解決です。
そしてシフトアップダウンもスムーズです。このまま使うことにしました。

続いて、チエーンも交換します。これは消耗品ですので定期交換が普通ですね。
以前とリンク数を合わせるとなんと全長が1cmぐらいも延びていました。
チエーンもこれだけガタが出ていたと言うことです。

交換完了

 
リアのスプロケットがかなり大きく成りましたが、この方が登り坂では格段に楽です。
これで旧式なクロモリロードの活躍の機会がまた増えることでしょう。

13p1060257

Myトレーニングコースを試走します。
走り出してびっくり チエーンの音がも凄く静かです。
今までガタが出ていたためそこから出る音も馬鹿に成りませんね。

いつものカムイの杜で記念写真
もう桜が満開でした。
桜の下で見る新しいボスフリー周りも格別です。

P1060258

15p1060262

↓ボスフリーの不安は解消しすっきりしました。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年5月 5日 (土)

クロモリロードのボスフリーのガタが?

クロモリロードのボスフリーのガタが?

先日旧式なクロモリロードのボトムブラケット(BB)の更新が済んで何度かMyトレーニングコースを走っていますが、もう一か所気になるところがあります。
後輪を駆動するフリーからペダルを踏むたびにカタカタと小さな音がすることです。
これは7年前にロー側を24Tにするため入れ替えた中古のフリーなので、仕方がないと諦めらめていたのですが、この際もう少し良くならないかと考えているところです。

フリーのベアリングと玉押しのガタです。

「フリーは消耗品だから丸ごと交換しなさい」と言われる方もおられますが、現在では新しい部品は入手困難です。
オークションでも残念ながらまともな物が出ていません。

40年以上前のものなので仕方ありません。

先日寄った行き付けの自転車ショップで直し方のコツを教えて頂きました。
「ただ、素人がやると大体は使い物にならなく成るので普通は分解禁止だけど!」と忠告されましたけれど・・・
それこそ、走っている内に蓋が緩み、ベアリングをばら撒くことが多々あるらしいです。

だめ元でやってみます。
そして、最終的には以前使っていたフリーのスプロケット(歯)を入れ替えることも考えています。
その時のためのロー側は今より更に大きいい28Tがないか探してみます。

作業開始!
準備するものはポンチ・金づち・部品入れのトレー(これは大事です)
このフリーはボスフリーなので、玉押しの蓋を取ります。
逆ねじなので緩める時は右回転に成るように蓋の穴にポンチを立てて強く金づちで叩いていきます。
結構固い、数十回叩いたでしょうか。やっと取れました。
ショップのアドバイス通りでした。「フリーを壊すくらいの気持ちで叩かないとだめだよ!」

またこのサイトも参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
(リンクフリー)

↓yozo Presents さんのmain Page

http://dt6110.web.fc2.com/index.html

↓ボスフリーの記事

http://dt6110.web.fc2.com/parts/bfr.html

01p1060248

中にある3枚のスぺーサ(薄い・厚い・厚い)の内 薄い一枚を外して組みます。
写真の黄色い矢印のところです。

02p1060245

03p1060246

ついでにフリー本体を綺麗に清掃。この時ベアリングがバラバラと落ちてきます。
でも大丈夫 用意していたトレーの中に留まっていますのでOK

確か内側が42個 外側が36個

軽くグリースを付けてべアリングを組み込んで行きます。そして玉押しの蓋を締めて終了。
蓋はこれでもかって位に固く締めていきます。ポンチを金づちで叩いて叩いて・・・
最後はベアリングを組むときに付けたグリースが固まって、中の爪の動きが渋くならないようにオイルをたっぷり入れて流し・入れては流しを数回繰り返して完了です。

軽くテスト走行
全く異音は消えました。ダメ元の実験は成功です。
でも、いつか走行中に蓋が取れたりしないか不安は残ります。
ショップの話では
「一旦蓋を開けると、どうしても出荷時の状態には戻しにくいので、定期的に締め付ける必要があるかもしえませんよ」

以前使っていたボスフリーの本体を使いスプロケットを取り換えるつもりでパーツをNet検索。



使えそうなものを発見です。

04_ene_ciclo_boss_free_sr5s24_5_142

ロー側スプロケット28T
でも、本体の最大高さが0.7mm スプロケット間のTop-Low歯間の外側高さが0.5mm高い
それでも、もしかしたら使えるかな?
販売店に問い合わせした結果、やっぱり完全互換はありませんとの回答が来ました。

「寸法的にはほぼ同様ですが、フレームに依ってはチェーンがシートステーに接触する可能性も考えられます。現在十分なクリアランスがあれば問題ないと思いますが、場合によってはリアホイールのセンターを調整が必要な場合があります」

それでも分解してスプロケットだけでも使えそうです。
ENE CICLO(エネ シクロ) ボスフリー BOSS FREE SR-5S-24 5段 14-28T  台湾製
早速、注文しました。1.6k円 安い!

↓旧式クロモリロードのリフレッシュ計画は続きます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

カタクリの花が満開です。そして旧式クロモリロードのリフレッシュ!

カタクリ花が満開です。そして旧式クロモリロードのリフレッシュ!

ここ数日寒気が入って来て春は少し足踏み状態ですが、カタクリの花の満開便りが届きましたので早速行ってみます。

旭川市と比布町の境にある突哨山、そこの男山自然公園にやって来ました。
気温10℃前後 風が強く肌寒い感じです。空は薄曇り。
でも少し曇っている方が花の色が映えます。

Web00p1060225

Web01p1060223

白いカタクリも咲いていました。

Web02p1060228

まだ完全なイナバウアまで少し時間がありそうです。

ここでflair閃きました。
自転車の旧式クロモリロードのカラーコーディネートはこのカタクリ畑のイメージだ~impact

先日頼んでいた、部品が入荷したとの連絡を受けてましたので、カタクリを見た足で行き付けの自転車ショップに向かいます。
ここで、カタクリ畑をイメージして、バーテープも追加購入です。

さぁ~ ここからは自転車のメンテナンスです。

重大な欠陥とは、ペダルを漕ぐときの一番重要なボトムブラケットのガタがいくら調整しても取り切れません。部品がすり減ってしまったと言うことです。
最近は一体型に成ったカセット式ボトムブラケットが販売されているので、従来とは見栄えが少し変わります。
遂に40数年前のオリジナルのままでは無くなりますが、性能重視で新方式に変更です。

注文品

Bb03_180420

新品のカセット式ボトムブラケットBB-UN54の箱を開封。

02_p1060231

従来のボトムブラケットを取り外します。

03_p1060233

組み上げ完了しました。一寸隙間が気に成りますが”良し”とします。

04_p1060236

バーテープを新しくします。
完了です。イメージ通りで納得ですgood

05_web01_p1060241

このBlogの左上のプロフィール写真が以前の姿です。

さて、タイヤの更新はどうしようかな? 少し先延ばしようかな?

↓旧式クロモリロード 復活です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年4月21日 (土)

北国の自転車シーズン、ようやく開幕です!

北国の自転車シーズン、ようやく開幕です!

ここ数日急に気温が上がって来ました。
日中の最高気温20℃以上です。
冬の間は積雪が多かったこともあり雪解けは結構かかってしまいました。
歩道にはところどころ残雪がまだありますが、幹線道路は綺麗に無くなり、路肩の清掃も始まりました。
冬の間にたまった”スリップ防止のために撒く”砂やその中に混じったガラスなどが綺麗に無くなりかけていますので、いよいよ自転車のお出ましです。

いつも初乗りは旧式クロモリと決めていたのですが、先日のメンテナンスで致命的な病気を発見。
現在、発注した交換部品の入荷待ちです。
そこで、カーボンフレームの3号のANCHRの出番です。

乗用車に自転車を積み込み向かうは西方面。
小一時間で到着。ここはいつも通う陶芸教室の横です。

数日前に500m付近で子熊が出没した話しを聞いていましたので、一寸ヒヤヒヤですが朝晩以外ならたぶん大丈夫でしょう。増して自転車だから走って逃げれば何とか成るでしょう 何て考えながらやって来ました。

00p1060220

車で走っても楽しい山道 もちろんアスファルト舗装はされていますので自転車なら更に楽しいだろうと。
今日の日を待ち望んでいました。

いざ出発、最初の3kmはひたすら登り でもスイスイです。カナディアンワールド公園を横目に見て左折、ここからは一気にダウンヒル 漕がなくても50km/hは軽く出てしまいます。
車は全くありません。この道貸し切り状態。

01p1060207

坂を下りると分岐点です。ここを右折して、アップダウンを繰り返していると道端で可愛い花を発見

02p1060209

エゾエンゴサクでした。
暫く行くと白樺の木々の間から山並みが姿を現しました。この方角は深川方面なのでた多分”音江山”かな?

03p1060211

また、アップダウンを繰り返して今日の折り返し地点に到着 新城峠です。

04p1060213line

休憩所は未だ冬の冬眠のままでバリケードが掛かっています。

ここからは一般道 道道4号を南下します。向かい風が強い。漕いでも漕いでもスピードが出ません。
何とか新城の市街まで来ましたのでここからはまた山道に入り、先ほどの来た道を戻ります。

05p1060214

一寸気に成る景色にパチリ

農作用の貯水池越えに一枚撮ってみました。いずれ水鳥が戯れるのでしょうか?

ここまでは良いペースで走って来たのですが急に足が重く成って来ました。少しスタミナ切れ?
少しペースダウン

ゴールまであと6kmの分岐点まで戻って来ました。
ここからの2kmは最後の登り

06p1060218

段々足が重く成って来ました。ついに一時休憩 両足がパンパン
小休止後再出発 この坂の頂上が見えているのですがまたしても足が止まってしまいました。

この登り坂、少し舐めていました。それと冬場の運動不足がたたったかな?
それでも、無事出発点に戻って来ました。

ペース配分のミスと運動不足の事もあり今年初自転車はほろ苦いデヴューでしたが、トレーニングには楽しいコースです。

07p1060219

スターライトホテルが待っていました。お昼はここでランチです。

今日のルートは”ルートラボ”にアップしました。(片道のみ)

↓待望の自転車シーズンが始まりました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年3月12日 (月)

春を待ちきれず!

春を待ちきれず!

先日の春の嵐が過ぎ去り穏やかな日々がやって来ました。
そして雪解けが始まり春に向けて気候も気持ちも猛ダッシュです。

自宅前の道路のアスファルトも顔を出し始めたところです。
やっぱり待ちきれず出してしまいました。

P1060176

冬眠からお目覚めです。生まれ変わった旧式クロモリロード。
ブレーキの当たりやディレーラの微調整も終わり、準備万端!

ハンドルやタイヤのカラーコーディネートも急が無ければ・・・
でも、このままの色でも結構いけるかな?と思うように成って来ました

実走は雪が完全に解けるまで暫し我慢です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年1月 3日 (水)

仕事はじめは! ~旧式クロモリのラベル作り

仕事はじめは! ~旧式クロモリのラベル作り

あけましておめでとうございます。
年末の大荒れの天気とは打って変わって、穏やかな正月を迎えることが出来ました。
今年も色々なことにチャレンジして行こうと思います。

そして、私の仕事はじめは、自転車のメンテナンスです。
フレームの再塗装の後組み上げたままで、エンブレムやシールの処理がまだでした。

01p1050915
シールはこのまま使うことは出来ませんので新規に作成します。
パソコンのPPTで作成後Wordに置き換えサイズを決めます。
そして、フィルムラベル用のシートに印刷にして完成。
フレーム制作会社のエンブレム・SILK(片倉)とパイプ材料の石渡の背景色の統一も考えました。

02p1060120

また、真鍮製のエンブレムはそのまま使えますが、取り付けは以前リベットでしたので今度もリベット仕上げも考えましたが、引き上げ式のリベッターだと裏側への飛び出しが大きくフォークのパイプとリベットが当たってしまうため断念。

そこで、ストックの小ねじ類を探すと2.5mmのタッピングビスがありましたので、丁度よい長さに切断し使うことにします。

03p1060121

RecordBreaker 017 が復活

貼り付け場所は、以前空気入れが当たっていたので少し上に変更です。

04p1060129

片倉の低温溶接の証 (軽く強くひずみ無く)

05p1060128

SILKエンブレムも!

06p1060132

さて、ここまで来たらハンドルのバーテープは何色にするか 早く決めなければ・・・

雪解けが待ち通しく成って来ました。

↓エンブレムが付いて少し男前に変身?

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

より以前の記事一覧