音楽

2017年1月28日 (土)

Newスピーカー到着 @MarkAudio Pluvia11

Newスピーカー到着 @MarkAudio Pluvia11

あの初夢?にも見た小粒でも魅力たっぷりの15cmフルレンジスピーカー
我慢できずに注文してしまいました。
ついでにMarkAudio日本の総代理店がこのユニット専用に製作したBoxも注文。

フィディリティムサウンド http://www.fidelitatem-sound.com/

Pluvia11_vg_photo_1738k  Nc11p_mhb_938k_2

それが今日の午後到着です。
早速組み立てようと思い箱の中を開けると、なんと綺麗に組みあがった状態で到着です。ラッキー! でも楽しみが少し減ってしまったかな?

仮置き状態ながら片っ端から色々なCDやパソコンに登録中のハイレゾ音源を聴いてみます。間違いない予想通りです。

P1050271

まてまて! 慌てずにユニットのエージング(鳴らし運転)をしなければなりません。
以前だと大音量で何日もガンガン鳴らしてのエージングでしたが、先日導入したツールMySpeakerの中にエージングツールがあり、音を出さずに鳴らし運転が可能です。
20Hzで再生しますのでほとんど聞こえませんし、おまけに1時間で完了出来ます。
これは非常に快適です。

その前に折角だから周波数特性を取ってみます。
そして、エージング完了後の特性を比べることにします。

Before After のグラフを重ねます。

赤線がBefore  青線がAfter

Mk_kasane

気持ち変わったかな?

そして、メーカー仕様書の周波数特性と比べて見ます。

Mk_pluvia11freq
ほぼ同等なので一安心です。低域がよく伸びているのがBoxの効果です。そのほか僅かな違いは部屋環境の影響でしょうね。

MySpeakerの測定性能も問題なし!

すっかりこのスピーカーの虜です。
新しいのはやっぱり違う。

↓新しいのはやっぱり切れ味が違います!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年1月 4日 (水)

謹賀新年 初夢?

新年あけましておめでとうございます。

年末の大雪も一段落して、静かな新年があけました。
皆様のお正月はいかがだったでしょうか?

さて、少し前から始めた良い音楽が再生できる、最近のはやりの”ハイレゾ”の世界。
あまり深入りはしない様にと思っていたのですがやっぱり嵌り出しました。

年代物のお古るばかりで組み合わせているオーディオ機器ですが、頻繁に使っているといたる処でひめいが聞こえ出しました。ガリガリ ガサガサ 突然ストップ等々それでもだましだましの毎日ですが・・・

今のところデジタル音源を保存しているのは古くてスペックの低いパソコンですが、情報量の多い楽曲では時々音飛びが出てしまいます。パソコンが追いつけません。
そこで新しいWindows10搭載のパソコンならどうか?
さすがに違います。全く問題ありません。

次にはアンプ パソコンのデジタル音源を→ これをDACでアナログに変換し→ 旧式のアナログアンプで再生しているのが現状
理想はデジタルのまま増幅しスピーカーを鳴らす直前でアナログに変換ができるのがいいのですが、そうなればでデジタル式アンプに買い替えに成ってしまう
でも、この案件はもうすこし先送りにします。

何と言っても今一番気になるのが音の出口のスピーカーです。
良い音源を聞いていると粗が少し気に成って来ました。
昨年、手がけた”小粒でピリリと辛い”のキャッチコピーが似合う”ウッドコーン”を再び製作とも考えましたが、できれば違う方式のものを・・・・

スピーカーは大きいものに越した事ありませんが、住宅事情が許しませんので、手軽さ最優先です。するともちろん性能も落ちますがどこで妥協するか?

新年らしく色はヴィンテージゴールド
それがこれです!

Pluvia11_vg_photo_1738k

聴いた事がないのでどんな音が出るのか? ただただカタログの情報だけ
近くに視聴出来る場所もないので思いを巡らすだけです。

振動板のコーンの材料が今回は金属です。きっと金属くさい音が出ることは避けられませんが、その弱点を帳消しにするだけの魅力が一杯詰まった一品に惚れてしまいました。

コイズミ無線のサイト情報では↓

http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=110012291

ミクセルインターネットショップでは↓

http://mx-spk.shop-pro.jp/?pid=110260488

マークオーディオより15cmフルレンジPluvia Eleven登場!
このPluvia Elevenは、マークオーディオのMark Fenlon社長が技術的な見地から最も優れたドライバーと自負していたAlpair12Mの後継機として開発されました。
スピーカーユニットの部品(モーター部、コーン、コイル、サスペンション)全てを現在のAlpairシリーズと同じグレードを継承。コーンは最新のアルミニュームにジュラルミンを含有した最新軽量合金素材を採用しています。また、Markaudio_Sotaの上位機種に開発したコーン設計を適応し、小中容量のエンクロージャーにおいても十分な性能を発揮する様にチューニングしました。新開発の強固で薄いグラスファイバーのシャシーは、背面の開口を飛躍的に広げ、ロングストロークのモデルには不可欠の、コーン背面の流体、背面音の反射の逓減に大きな効果をもたらしています。

航空宇宙工学用に開発した最新素材をコーン振動板に採用 
Pluvia Elevenの振動板は高い曲げ応力負荷に対処するように設計された新しいアルミニウムにジュラルミンを含有した超強度航空宇宙グレード合金を使用しています。 形状は最も薄い部位で100μmm厚の素材をマルチフォームコーン製造シーケンスに2つのプロセスが追加され、非常に浅いプロフィールを実現しながら低域のロードキャパシティーを大幅に増加しました。

年の初めから気になるスピーカーユニット
もちろんこれら性能を引き出すためのエンクロージャー(箱)も凄く重要です。
上手くマッチすると、きっといい音が出るだろうな!と夢にも見ています。

↓今年も拘りの一年が始まりました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年4月 7日 (木)

たびだち

朝早くから近所の子供たちの元気な声が聞こえてきます。
今日から新学期の様ですね。
そして、お父さんお母さん達と一緒に真新しいランドセルも背負った子もいます。
新一年生でしょうか?
いよいよ学校生活の始まりですね。
そして、進学や就職のため親元を離れ、新生活を始める人も沢山いるでしょう
そんな年度の始まりのこの4月
我が家でも? 
そう、新一年生では有りませんが、先日完成したウッドコーンスピーカーも・・・
私の手元を離れて息子のところに旅立ちます。
新天地でも魅力的な音を出し続けてくれることを期待して送り出すことにしました。
これも見納め!

07p1040719

荷造りして宅急便へ

P1040728

一寸寂しいですが、スッキリしたところで次の第三作目の計画に思いを巡らしているところです。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年2月 6日 (土)

魅力的なウッドコーンスピーカー

魅力的なウッドコーンスピーカー

一般的にはスピーカーの振動板のコーンは特殊な紙(パルプ)が主流ですが、紙では満足できず色々な素材で製品化されています。
スーパーの売り場の生ものを入れたトレーのPP(ポリプロピレン)やアルミ・マグネシウム等の軽い金属板で、そして高密度樹脂にケプラー等特殊素材を混ぜたもの、更にはコーン全体を薄い木(薄皮)で出来ているもの等様々です。
その中でもやはり一番気に成っていたのが薄皮の木で出来たものでウッドコーンです。

以前は薄皮の成型が上手く行かず、経年変化で変形してしまうため中々製品化には成りませんでしたが、それらを克服してビクターから2003年から商品化されました。
しかし当初は大口径の物は成型の難しさからなかなか厳しいものが有ったようで、今でこそ13cmもラインナップに成っています。

個人的にはまだまだ一長一短あると感じてはいますが、それでも気になる存在でした。
当時は直ぐに飛びついて購入するまでには行きませんでした。
それと言うのもビクターではシステムコンポとしてのスピーカーセット販売でしたので・・・。
ビクター・JVCのサイトはこちら↓

http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone/history/

あれから10数年

昨年から目覚ましたオーディオの虫が騒いでいる最近で、スキーをしながらも色々と思いを廻らしているところです。
また新しいスピーカーをと考えている時、自作マニア向けにウッドコーンスピーカーが他のメーカーから販売しているではありませんか。それも10年も前から有ったとは驚きです。

ブランド名は PARC Audio(パークオーディオ)
余り大きな会社では無く自らガレージメーカと名乗っている 千葉県にあるドリームクリエーション社です。
これなら自作スピーカーも手軽に作れる!

しかし、音質についてオールOKとは行きません。
「スピーカユニットは楽器であるべきだ! ギターやヴィオリンの音色を自然に出すには紙では限界だ!」
と言った人がいますが、それには若干疑問を感じます。
金管楽器・打楽器やボーカルはどうなるのでろう?

そんな偏って個性豊かなスピーカーですが、なぜか聴いて見たくなりました。
小口径ゆえ低音の再生には限界があるし、コーンが紙より若干重くなるので高音の伸びが悪いと思われます。
その中でもこれは! と言うのを見つけました。

01p1040626

DCU-F131W 
13cm フルレンジスピーカー メーカの自信作 アルミ製のセンターキャップなので高音域も期待が持てます。
推奨ボックスサイズ15L これならコンパクトなお手頃サイズのボックスが可能。
そして、ビクターと違ってコーン材料の薄皮の成型方式が違い「軽くて丈夫」との事です。

詳しくはこちら↓

http://parc-audio.com/shop/products/detail.php?product_id=8

そしてPARC Audio のウッドコーンの特徴は

http://www.parc-audio.com/286

↓さぁ~どうしよう! 次はスピーカーボックスをどうするかを決めなければ!


にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年12月13日 (日)

アップグレード第二弾 ~ 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その6

ようやく一段落です。

少し時間が出来ればやっぱりこれ!

自作スピーカーの続きで、アップグレードの第二弾です。

高音域がもう少し伸びてほしいなと思って、すでに追加スピーカを手配済みで一週間ほど前に到着していました。

高性能なものを選べばいいのですがやはり入門用のユニットでどこまで追求できるか楽しみたいものですから、追加ツイータはこれにしました。

Fostex PT20K 20mmソフトドームツイーター   標準価格@2000円

01p1040548

作業に入る前に今までの記事を思い出してみると

早速、追加してみます。専用ボックスは必要ありませんので、取りあえずは包装箱の中の厚紙で立ててみて、音入れ 抵抗やコンデンサを色々試して丁度良い条件が見つかりました。
面倒なネットワークは組まずにハイパスコンデンサーの3μFで決まり!そして下側のスピーカーターミナル (1P用)につなげばアッテネータ効果も効いてズバリ。

02p1040534

いい具合です。音に艶が出てきました。狙い通りです。
ではいよいよスピーカを固定するものを作らなければ・・・・
当初、写真立てみたいなものをイメージしていましたが、結局丸い筒の中に入れることにしました。

03p1040558

塩化ビニールパイプのジョイントがぴったりで ホームセンターで @127円也 
安い!
これを使ってエンジンのピストンをイメージしてみました。
シングルのショートストロークエンジンだと約160ccかな?
その他必要なパーツも作ります。

04p1040559

この時期気温が低いので屋外での塗装には適していませんが、一回だけ缶スプレーを吹いてみました。 ピストン?とスピーカの合体が完成。

塗装の仕上げは来年の春に成ってからにします。

05p1040565

後ろ側はメンテナンスをし易くするため半分開いています。

06p1040570

そのまま置くと転がってしまうのでスタンドも作ります。

07p1040563

完成しました。早速繋いで音出し♪  期待通り、文句なし!

08p1040564

実は我が家にもう一台のスピーカが一週間前にやって来ました。

やはり30cmクラスのスピーカも聴いてみたい。しかし自作した場合でもボックスの材料だけでも諭吉5枚ぐらい必要に成ってしまう計算です。

これでは本末転倒。そんな時、思いがけず親戚の奥の部屋に眠っているのを借りることが出来ました。

1977年製 今から38年前 オーディオ全盛時代のものです。Aurex SS-730s

ホーン型ツイーターはメーカの自信作の様です。

非常に高能率で音抜けが良いので、すっかりこれが我が家の標準スピーカに成りつつありますが、ホーン型ツイーターのレベルコントロールにガリが出ており、だましだまし使っています。近い内にオーバーホールしなければなりませんが・・・・

09p1040546

エンジを修理したJBLのLE8Tはホームセンターで見つけたスタンドがぴったり。これで高さが揃いました。

未だ、塗装していませんがこれも今後の楽しみに取って置きます。

そして、それぞれの音色違いを聴き比べるのもまた楽しいです

↓標準機と比べながら、着々とレベルアップ進行中です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年11月11日 (水)

アップグレード第一弾 ~ 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その5

昨夜からのみぞれで今朝起きたら真っ白 5cmぐらいの積雪
いよいよ冬到来です。寒い。
家の中でじっとしていたいところですが、まだまだやることが残っています。
グライダークラブの機体整備に出かけます。



夕方戻ってみると、郵便受けに不在配達票が入っていました。
来ました。頼んでいた物が・・・・
再配達してもらい荷物を開けると

P1040473_2

またもスピーカが・・・
そうです。半月前に完成したスピーカ ダブルフェイスのアップグレード用です。

低音域の強化で 4個の内1個をウーファーにしようとコンデンサを探しましたが適当な手持ちがありませんので断念。
また、チンネルデバイダー等色々思案しているとき、コイズミ無線とFOSTEXの共同企画品のウーファーFK10W を発見 
おまけにサイズも同じなのでそのまま置き換えが出来ることと価格もリーズナブル
先日思い切って注文していたところです。
早速一番下のユニット取り替えて見ます。
こんな感じですね

P1040504

音出しは・・・・

期待どうりです。低音が締まってきました。
とは言っても如何せん10cmですので高望みは出来ません。
バスレフのダクトも設計値のままが一番良い感じです。
只今、Bill Evans Trio ♪
      MY FOOLISH HEART 
      WALTZ FOR DEBBY
に聞き惚れています。

↓楽しみながらアップグレードしています!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年10月25日 (日)

最終章! 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その4

今日は朝からみぞれが降っています。いよいよ冬到来。積る程ではありませんが。

早々に「今日のグライダーの活動は中止」と連絡が入りましたので、スピーカー作りに打ち込めます。

ひと月前から始まった自作スピーカー作りもいよいよ最終章。

前回懸案だった前面バッフルの再塗装も適当なところで手を打つことにして、箱が完成しました。

今までの製作記事は
その1 どんな音がでるのかな?
その2 形に成ってきました
その3 完成間近です

配線開始ですが直接つなぐ前に各リードを作ることにしました。
こんなにも沢山のリード線が出現

01p1040459

次に吸音材ですが、業界では一般的にグラスウールが多いのですが、今回は一寸違ったものを選択します。

吸音材の種類では、羊毛繊維・植物繊維・化学繊維・ガラス繊維がありますが、マニアの中で重宝がられているのが羊毛ですが 一寸高価 それと夏場の湿度の多いところでは繊維がカビていやな匂いが出るのが心配です。一番メンテナンスフリーはガラス繊維に成りますが手に刺さってちくちくする事や吸音効果に疑問が有ったりなので、カビにくく扱いやすい 化学繊維の綿を使うことにしました。
これならホームセンターの手芸売り場で手軽に手に入ります。

02p1040468

吸音材は最初は少なめに入れて、聴き比べながら調整していくことにします。

03p1040466

04p1040470

完成です。

今後バスレフのダクトの長さは音を聴きながら最良なところを見つけようと思います。
発信機と音圧測定のレベルメータが有ればかなり楽に見つかられるのですが、耳を頼りにやるのも”これも楽しみのひとつ”です。

いよいよ音出し スピーカ端子は#4を選択(4個同時)

レコード盤に針をおろして・・・・
ミュートの効いたトランペットが聴こえます。 そうです MILES DAVIS Kind of Blue

狙い通りの中音域が繊細に出ています。

今はヴァイオリン協奏曲が流れています。 
暫くは慣らし運転みたいなこのですから、聞いて聞いて聞きまくります。 

現在は4個とも同じレベルで音が出ていますが、それぞれレベルを変えるアッテネータやチャンネルデバイダー またはネットワークを組んでみるとか 色々な案が浮かび上がってみます。

まだまだ楽しめますよ。Double Face どころか多重人格だったり?

↓コンパクトで可能性が盛沢山なスピーカーが出来上がりました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年10月19日 (月)

完成間近です! 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その3

注文していたスピーカーユニットがようやく到着しました。

01p1040453

少し製作のピッチを上げることにします。

今までの製作記事は

それでは前面にはネットを取り付けることにして、材料の切り出しと布の生地を準備します。

02p1040455

いよいよ塗装開始です。簡単に済ませるため缶スプレーを使う事にしました。
下地は木工用プライマリーを軽く塗って置きますが、合板の切断面はいくら塗っても
どんどん吸い込んで行きますので、仕方なくここはパテで表面処理しました。

P1040451

ボックスの色はネズミ色です。ここも缶スプレーです。

P1040456_2

続いて全面バッフル板の色は少し悩みましたが、少し大胆に・・
そうです。芸術の秋にちなんでコントラストを楽しみました。
ところが、マスキングが面倒と考え、刷毛塗りにしましたが、なんと塗りむらが目立ちましたのでやり直しの予定です。やっぱりスプレーかな・・・

P1040458

前面の赤色の部分 再塗装の予定ですが前回塗った塗装がなかなか乾きません。
古い水性ペンキを使ったの失敗。
完全に乾き切ってから再塗装ですで、とりあえず他の事を先に進めます。
ネットも完成でしました。赤と黒の二つの顔が楽しめます。

ここに丸いユニットが縦に並ぶとまた違ったイメージになるでしょう。
前面板の再塗装が出来れば最終ラウンド スピーカユニットの取り付けに成ります。

さぁ~ どんな音がでるかな?

ユニットが4個の時と1個の二通りが楽しめるように考えています。
音色が二通り、前面は赤と黒 と言うことで二つの顔を持ったスピーカーなので、ニックネームを付けました。

”ダブルフェイス” Double Face 

↓完成間近。音出しが待ち遠しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年10月 9日 (金)

形に成ってきました! 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その2

自作スピーカーの製作の第二弾 前回の続きです。

10cm程の穴をどのように開けるか思案しましたが、やはり便利な道具を使うことにします。
近くのホームセンターに行くと色々ホールソーが並んでいましたが、細かい寸法の微調整が出来るのでこれを買い求めました。

01p1040407

早速電気ドリルに取り付けで見ます。
最初は慎重に低速で回転していましたが、むしろ2000回転/分 の中速ぐらいがスムーズに作業が進みます。
やっぱり道具ですね 小一時間で穴あけ完了

02p1040401

次はいよいよ組み立てて行きます。

03p1040405

接着剤が固まるまではベルトクランプでしっかり固定します。
形が見えてきました。

04p1040408

05p1040412

今回は箱が細くて手が入りにくいので、裏側パネル取り外し方式を選択。
後でゆっくり吸音材の取り付けや補強が容易にできると思います。

未だ注文中のスピーカーユニットとターミナルが来ていませんので暫く待ち状態。
ターミナル取り付け部の加工は現物合わせで行いますので・・・

でも、今の内に出来ることは箱の成型と塗装 
さてと、どんな色に仕上げるかな? 

木目をそのまま残しクリア? いやいや カラフルなカラーボックスまたはブラックボックス?

しかし、今日も悪天候 外は雨風強く 外でのやすりかけは中々できません。
暫くは想いだけを巡らすことにします。

↓エンクロージャーの形が現れました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年10月 2日 (金)

どんな音がでるのかな? 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4

2か月前に札幌の街角で随分と懐かしいスピーカユニットに出会ってから、またオーディオの虫が騒ぎだしました。
そして、JBLスピーカのエッジ修理を終えてからは益々の勢いです。

自作のスピーカシステムを作ってみたくなり、あれこれとアイデアを膨らましていた時です。

爆弾低気圧のためアウトドア活動が出来ない今、遂に決行の時が・・・

当初は50年前に発売の10cmのFOSTEX・FE103とも考えていましたが
「友達から同じユニットはもういいでしょう。どうせなら違うもので楽しんだら・・」とのアドバイスもあり、同じ10cmで新製品の低価格版(FE103の1/4)も再認識したところです。

今回選択したユニットはこれ FOSTEX P1000K

01fostex_p1000k2   02fostex_p1000k

昨夜サクサクとデッサンして、贅沢にも片側4本のマルチスピーカーとします。

03p1040351

ここでスピーカユニット8個を注文します。
通販サイト”熱帯雨林” ポチリ 送料無料はありがたいです。
しかし、人気商品でしょうか? 在庫切れ でも今月中には入荷の様です。

先にエンクロージャーを作ることにします。
近くのホームセンターに材料を買いに行くと、なんと材料裁断のサービスがあるでないですか。
1カット50円 安い 1mm単位で非常に正確には驚きました。
結局8カットで済み、締めて加工賃400円也

04p1040366

各板にけがきを入れて行きます。そして前面パネルは直径10cm程の大きい穴が4個に小さい穴が1個
2台分なので、全部で10個の丸い穴を開けなければなりません。

05p1040362

さぁ~ どうしよう。
簡単な方法は? じっくり考えるとして、今日の作業はここまでです。

↓出来上がったらどんな音がで出るのかな? 凄く楽しみです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)