日記・コラム・つぶやき

2017年4月24日 (月)

2017今年もカタクリの乱舞が始まりました@男山自然公園

2017今年もカタクリの乱舞が始まりました@男山自然公園

4月24日 (月曜日)sun 

昨日の朝は夜中に降った雪でところどころ白く成り、春はどうしちゃったのかな?
と心配してたところでしたが、一夜明け今日は気温が上がって来ました。
北海道の南の函館ではソメイヨシノの開花宣言が出たところです。
ようやく、北国にも春到来です。

こちらでも一足早く桜ではなくカタクリの開花宣言が出ていましたので、地元のカタクリ群生地に行ってきます。

カタクリ情報@男山自然公園 はこちら↓
http://otokoyama.com/otoko_b/otoko_b3/otoko_b31/index.html

突哨山(とつしょうざん)に到着。

00p1050463

入り口のところで公園関係者から 「もう満開に成りましたよ!」
と声をかけられました。
「えっ もう!」
でも、白いカタクリの花はまだのようです。

エゾエンゴサクとのコラボで思いっきり乱舞全開です。

02p1050442

03p1050447

05p1050445

動画も撮ってみました。YouTubeをどうぞ!

キクザキイチゲも

06p1050446

フクジュソウも

07p1050449

キバナノアマナも

08p1050451

皆んな一気に咲きだしました。

木々の間からは真っ白な大雪山連峰が見え隠れしています。

09p1050455

気に成ったので良く見えるところまで来ました。手前には当麻山がど~んと居座っています。

10p1050464

ようやく北国にも春到来です。

↓今年もさくらより一足早くカタクリの花が満開と成りました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年3月 5日 (日)

セルフメディケーション税制?がスタート

セルフメディケーション税制がスタート

1月からセルフメディケーション税制がスタートしました。
実は先日のニュースで知ったばかりです。お恥ずかしい!
この制度を利用すれば医療費控除拡大も可能です。
具体的にどんなこと?

<Niftyニュースより引用>
セルフメディケーションは「自主服薬」という意味の言葉で、WHO(世界保健機関)は「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義している。セルフメディケーションを推進して、国民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進することは医療費の適正化にもつながる。

厚生労働省のHPに更に詳しく載っています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

でも分かりにくいですね。

健康管理は自身の責任において積極的に取り組んでいる人が、薬局等で購入しているうちの指定薬品は医療費控除の対象に成ると言うものです。
だから、人間ドッグや健康診断は最低年一回は受けないと成りません。

早速、リストを元に関係有りそうなものを探すと
今使用中のシップ薬・風邪薬や龍角散・胃薬などが対象と成っていました。

Webp1050341

上の写真中のアンメルツは成分非対象でNG でも系列商品の中には対象品もあります。

シップ薬ならインドメタシン配合とか?のように、成分によって微妙に分かれますが、意外こんなにもあるのだ言うことにびっくりです。

皆さんも確認してみてください。
厚生労働省のHPからExcelのリストをダウンロードし検索するのが良いでしょう。

ただ、対象金額は 年間12,000円を超えた分が控除対象です。その3割が還付されます。
でもこの制度を利用すると従来の医療費控除は使えず、どちらか一方のみの選択です。

確定申告時の手間を省くため、購入時にはセルフメディケーション対象商品だけはレシートを分けて発行してもらうのが賢いやり方かもしれません。

↓”健康管理は自分の責任において行う”と言うことが、より一層色濃く成って来ました。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年2月17日 (金)

自転車初乗り そして?

この冬の雪の中をマウンテンバイクで走り回る人もいますが、そこまではやりません。私の場合、雪の上はやっぱりスキーです。

2月16日(木曜日)くもり の事

今日は急に温かく成りそう。
どんより曇ってはいますが、昼頃にはプラス4度まで上がり、この時期にしては珍しいです。これじゃ春スキー見たいで芳しくありませんので気分転換。
やっぱり自転車
でも、道路を走る訳にはいきませんので、ローラー台の上で漕ぎ漕ぎです。
今年初の自転車トレーニング

Webp1050294

軽く漕ぎながらでも汗ばんできましたので、休み休みの初トレーニングは終了。
身体中の筋が伸びた感じで良いリハビリが出来ました。

この陽気、温暖前線を伴った低気圧が通過するので急に温かくなったようです。
そして明日は雨rain
このまま行ったら完全にスキーシーズンは終了?
そう成らないように祈ります。

PS
一週間前のこと、スキーで大転倒してしまいました。

これが今日の最後の滑りと思い降りていくと、途中ゲレンデを靴のまま走って降りている人発見。その数10メートル先には無人のスノーボードが滑っています。
「誰か~?」と叫んでいるようにも聞こえたので追いかけました。
上手く追いつけることが出来て、並走しています。スピードも結構出ている。
止めるためスキーで押してスノーボードの方向を変更した瞬間 

何が起きたか分からず??
青空が見えます。
転倒しちゃった 背中で急ブレーキをかけたみたいですね。

左のスキーにはスノーボードがしっかりくっ付いています。
ボードの金具の間に私のスキーが入り込んでいます。
とりあえず、カツオならず”ボードの一本釣り”成功!

しかし、外そうとしてもなかなか取れませんし、取れないことには起き上がれません。
そのうちボードの持ち主が到着しました。
「すみません」「ありがとうございます」
二人掛かりでようやく外れました。

「大丈夫ですか?けがありませんか?」
「大丈夫です」と言いつつも膝が少し痛い

「もっとカッコよく止めるつもりだったんだけどね」

その後何事も無かったかのように、山麓まで降り、スキーを車に積み込み帰宅しました。
それから、仲間との打ち合わせがあるので行きましたが、何か全身がだるく気持ちが入りません。
やっぱり、全身打撲と軽いむち打ちに成ってしまったようです。
予期せぬ転倒で・・・

最初の2日間は背中が痛くて寝るのも一苦労でしたが、ようやく一週間が過ぎ少しずつ身体を動かせるように成りました。
膝も8割方回復でやれやれです。

後はリハビリあるのみ!

↓身構える事も出来ずの転倒! 結構ダメージ大きいです。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2017年1月 4日 (水)

謹賀新年 初夢?

新年あけましておめでとうございます。

年末の大雪も一段落して、静かな新年があけました。
皆様のお正月はいかがだったでしょうか?

さて、少し前から始めた良い音楽が再生できる、最近のはやりの”ハイレゾ”の世界。
あまり深入りはしない様にと思っていたのですがやっぱり嵌り出しました。

年代物のお古るばかりで組み合わせているオーディオ機器ですが、頻繁に使っているといたる処でひめいが聞こえ出しました。ガリガリ ガサガサ 突然ストップ等々それでもだましだましの毎日ですが・・・

今のところデジタル音源を保存しているのは古くてスペックの低いパソコンですが、情報量の多い楽曲では時々音飛びが出てしまいます。パソコンが追いつけません。
そこで新しいWindows10搭載のパソコンならどうか?
さすがに違います。全く問題ありません。

次にはアンプ パソコンのデジタル音源を→ これをDACでアナログに変換し→ 旧式のアナログアンプで再生しているのが現状
理想はデジタルのまま増幅しスピーカーを鳴らす直前でアナログに変換ができるのがいいのですが、そうなればでデジタル式アンプに買い替えに成ってしまう
でも、この案件はもうすこし先送りにします。

何と言っても今一番気になるのが音の出口のスピーカーです。
良い音源を聞いていると粗が少し気に成って来ました。
昨年、手がけた”小粒でピリリと辛い”のキャッチコピーが似合う”ウッドコーン”を再び製作とも考えましたが、できれば違う方式のものを・・・・

スピーカーは大きいものに越した事ありませんが、住宅事情が許しませんので、手軽さ最優先です。するともちろん性能も落ちますがどこで妥協するか?

新年らしく色はヴィンテージゴールド
それがこれです!

Pluvia11_vg_photo_1738k

聴いた事がないのでどんな音が出るのか? ただただカタログの情報だけ
近くに視聴出来る場所もないので思いを巡らすだけです。

振動板のコーンの材料が今回は金属です。きっと金属くさい音が出ることは避けられませんが、その弱点を帳消しにするだけの魅力が一杯詰まった一品に惚れてしまいました。

コイズミ無線のサイト情報では↓

http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=110012291

ミクセルインターネットショップでは↓

http://mx-spk.shop-pro.jp/?pid=110260488

マークオーディオより15cmフルレンジPluvia Eleven登場!
このPluvia Elevenは、マークオーディオのMark Fenlon社長が技術的な見地から最も優れたドライバーと自負していたAlpair12Mの後継機として開発されました。
スピーカーユニットの部品(モーター部、コーン、コイル、サスペンション)全てを現在のAlpairシリーズと同じグレードを継承。コーンは最新のアルミニュームにジュラルミンを含有した最新軽量合金素材を採用しています。また、Markaudio_Sotaの上位機種に開発したコーン設計を適応し、小中容量のエンクロージャーにおいても十分な性能を発揮する様にチューニングしました。新開発の強固で薄いグラスファイバーのシャシーは、背面の開口を飛躍的に広げ、ロングストロークのモデルには不可欠の、コーン背面の流体、背面音の反射の逓減に大きな効果をもたらしています。

航空宇宙工学用に開発した最新素材をコーン振動板に採用 
Pluvia Elevenの振動板は高い曲げ応力負荷に対処するように設計された新しいアルミニウムにジュラルミンを含有した超強度航空宇宙グレード合金を使用しています。 形状は最も薄い部位で100μmm厚の素材をマルチフォームコーン製造シーケンスに2つのプロセスが追加され、非常に浅いプロフィールを実現しながら低域のロードキャパシティーを大幅に増加しました。

年の初めから気になるスピーカーユニット
もちろんこれら性能を引き出すためのエンクロージャー(箱)も凄く重要です。
上手くマッチすると、きっといい音が出るだろうな!と夢にも見ています。

↓今年も拘りの一年が始まりました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年12月 4日 (日)

今年もスキーシーズン開幕です!@カムイスキーリンクス

今年もスキーシーズン開幕です!@カムイスキーリンクス

12月3日(土曜日)晴れ

今年も地元のスキー場に通います。
そしてオープン初日の12月1日は、昼頃から雨の予報が出ていましたので、取りやめとしました。

更に次の2日は?
そうです。昨日ですが、低気圧通過に伴い北日本は大荒れの天気でした。
そのため、カムイスキーリンクスは安全を優先させたのでしょうか?一日中運休と成りました。
大荒れの天気で自宅前は猛吹雪 吹き溜まりができるので何回も雪はね・雪はね
でも、苦痛ではありません。きっとスキー場は恵みの雪がたくさん積もっていることでしょう!

一夜明けすっかり天気も回復しましたので、雪はねを早々に終わらせスキー場に向かいます。
期待を胸に・・・

途中道路はつるつる 若干渋滞気味ですがほどなくスキー場に到着
駐車場は一部黒土が顔を出しているところもあります。
気温も上がってきました。たぶん0℃ぐらいかな?
思ったほどたくさんの雪は積もっていないようです。

今日は山麓のファミリーゲレンデと一番上のゴールド3番と初心者コースのみ滑走可能とのことです。
山頂コースで遊んだ後の帰りは下りのゴンドラで降りるしかありません。
全面オープンにはまだまだ雪が足りませんが、贅沢は言ってられまん。

ゴンドラの中で情報交換。「初心者コース 穴が開いていたりブッシュがあったりですが注意すれば山麓まで滑れないことないですよ。ただ”自己責任として滑ってください”と」言われたそうですです。
頂上に到着。
気温マイナス4℃ 
青空がどこまでも広がっています。昨日の低気圧が嘘のよう!

早速、ゴールド3コース 初すべり
圧接の後で雪の塊がごろごろ ガリガリ またブッシュ 石ころが見えます 
よけ損なって、あっ~ 踏んでしまいました。
実は今シーズン またスキーのメンテしてませんので、少しの傷は気にしないことにします。
もう少し、雪が積もったらきれいにメンテナンスします。

リフト下近くではスキーが全然滑りません。雪も柔らかくなっています。
ポケットからワックスを取り出し、これなら”赤色かな” 
お陰で少し滑るように成りました。

今シーズン初めて見るこの光景 に感動です。

01p1050223

02p1050225

左に暑寒別岳 右側には峠下近くのポロシリ山も見えます。

最高~~!

このコースを4・5回ピストン

そのあと、初心者コースを慎重に山麓まで降りて、2回目には昼休憩

レストハウスの中で常連のMさんに会いました。

なんと、この夏の8月 渓流釣りに行き車を止めて準備をしている時、熊に遭遇。笹薮から突然現れたのですぐさま車の中に入り、窓を開けて用意していたクマよけスプレーを発射して難を逃れたそうです。

「本当に近くて危なかった!!」

「あれが釣り中だったら、助からなかった! デカい子熊じゃないよ、親熊だよ・・・・ 」

暫し、この話で大いに盛り上がりました。スキーを忘れて・・・

Mさんはあの時以来、大好きな渓流釣りは全く行ってないそうです。かなりショックだった見たいですね。

とにかく無事でよかった!

↓初すべりも無事終了。でも明日から暖気が入って来るのでこの雪もどうなるのか心配です。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年11月28日 (月)

もう完全に冬モード まだ11月だと言うのに!

もう完全に冬モード まだ11月だと言うのに!

今年の冬は早い
11月に入ってからはドカドカとまとまった雪が降って戸惑っているところです。
そして、本日とうとう気象庁から発表がありました。

「今年の北海道の根雪初日の第一号は旭川市で”10月29日”です」

もう、30日間も降った雪が完全に解けずに積もっていたと言うことです。

まさか? そんなに早いの! 
平年より24日も早いです。
これも地球温暖化で北極の氷が解けだしている為らしいです。

1029jpg_2

<↑最新情報は http://www.jma-net.go.jp/sapporo/tenki/kansoku/snow-frost-ice/SnowFrostIce.html

Jpg

<↑最新情報は http://www.jma-net.go.jp/sapporo/tenki/kansoku/snow/snowmap/snowgraph.html?&no=14&element=Snc9am&dateSelect=2016-11-29

思い切って気持ちの切り替えしかありません。
少し迷っていたのですが、意を決して今年も早割りを活用してスキーシーズン券を買うことにします。

いつものスキー場<カムイスキーリンクス>に到着
ゲレンデのコンデションはまだで、所々ブッシュが目立ちます。
しきりに雪が降っていますので中間以上は霞んで見えません。

P1050222n1lft
<第1リフト下>

P1050221n4lft
<第4リフト下>

さて、今年のオープンは?
窓口で確認すれば明日の状況を見て予定通り12月1日にするか決定するようです。

ホームページに注目です。 http://www.kamui-skilinks.com/

↓さぁ~ スキー道具を整備しなければ・・・

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年11月26日 (土)

いざ九州へ! 四日目 <帰路>

いざ九州へ! 四日目 <帰路>

ps、前回のBlogで九州旅行記が終わりと思ったのですが、少し書き残した事ありましたので続けます。

初孫のお宮参り 九州の初観光 沢山の思い出を詰め込んでこれから北海道へ戻ります。
夜中には雷が鳴り響き大荒れの天気でしたが、朝にはすっかり上がりました。
このままでいけば飛行機の出発には全く問題なさそうです。
到着地の千歳空港の天候もWebでチェック。軽いもやが掛かっていますが時期に晴れるでしょう。
旭川を出発の日に積もった雪はその後どうなっただろうか? 気に成ります。

11月19日(土曜日)曇り

空港の出発までお送りいただきまして、ありがとうございます。
心温まるおもてなしに感謝・感激です。
このたびは本当にお世話に成りました。

でも、ひとつだけ心の残りが・・・ それは先方のお父様の趣味の車が拝見できなかったこと
何分、電気系統の故障で現在入院中とのことでしたので、次回の楽しみに取っておきます。

さぁ~ これからは空の旅を楽しみます。
機内に入る前に機体を移動する時のトーイングバーに注目。
なるほど大型の機体ではこんな風に成っているのかと、関心しました。
このアイデアを実機のグライダーの移動時にも応用して一工夫出来そうです。

P1050217_2

いよいよ福岡空港を最後に九州から離れます。

P1050218

南に向かって離陸したと思ったらたちまち雲の中 一旦Uターンまでは分かりましたが
その後はどこを飛んでいるのかさっぱり分かりません。

機内でゆっくり食事でもと思ったのですが、福岡空港での勝手がわからずに近くの弁当売り場が見つけられませんでした。仕方なく空腹に耐えて札幌に向かうことにします。

予定通り千歳空港に着陸。雪は全くありません。
ここからは陸上の移動。

JR札幌駅で乗り継ぎに少し時間がありましたのでようやく弁当を調達できました。
お腹も一杯に成り眠気が・・・  気が付けばもう滝川
そして深川を過ぎ旭川に近づくと次第に雪が多くなって来ました。
でも行くときに比べたら全然少ないです。道路は黒くアスファルトが出ています。
可なり解けてしまったようです。
旭川駅からはタクシーで自宅まで

ようやく戻ってきました。
自宅前は綺麗に雪がありません。出発の朝、深雪をかき分けて行ったのが嘘のようです。
戻ったら、雪はねの作業が待っているとずっと気に成っていたのですが・・・
あの大雪が全部解けてしまったようです?

そして、もう薄暗く日没が近い。
これから、旅の思い出をじっくり噛み締めます。

数日後、知人から連絡がありました。

自宅前の雪が解けてしまったとばかり思っていたら、留守中に訪れた知人があまりの酷さに見かねたのでしょうか?
気を利かせて綺麗に雪はねをしてくれていたのでした。
なるほど、きれいなはずだ!
ありがとうございます。

今回の札幌(千歳)~福岡の空のルート 初体験なので飛行ルートがどうしても気に成り知べてみました。
こんなにもいいツールあるんですね 

flightradar24  Live Air Traffic
https://www.flightradar24.com/43.62,140.46/9

参考774便(24日)↓

01web_sky774_cts_fuk_161124

参考771便(25日)↓

02websky771_161125

千歳 ー 佐渡 - 能登 - 米子 なるほどこのコースを飛んでいるんですね
ここから先 福岡までは色々あるみたいです。

今回のSKYMARK機 巡行高度40000Ft(約12000m)

行きの16日のSKY772は向かい風が弱かった事もあり、予定より早く着きそうでしたので米子から瀬戸内海にルートを変えたようです。(この時40000Ftは西風125Ktでした)
思いがけず瀬戸内海上空の遊覧飛行が楽しめた訳です。
それでも10分以上も早く着陸。駐機場が込み合っていることもあり5分近く誘導路で待機していたのを思い出しました。

↓百聞は一見に如かず! 外に出ると不思議と気持ちがすっきりします。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年11月25日 (金)

いざ九州へ! 三日目 <遂に来た!大観峰>

いざ九州へ! 三日目 <遂に来た!大観峰>

11月18日(金曜日)曇りのち雨

さぁ~ 今日一日は九州観光です。
朝が早いので車の中でおにぎりを頬張ります。
先方のお父様の運転で私は後部座席に座って居るだけ 楽ちんです。
今日も昨夜の屋台のメンバー 車好き三人衆です。

高速の九州自動車道で南に向かい一路熊本へ・・・
途中、佐賀県を通過 熊本のインターチェンジの出口500m程手前から渋滞です。
ようやく、出口を通過 するとさらに渋滞です。
そこで脇道に入り少し遠回りしてようやく熊本城に到着です。

しかし、交通規制のためお城の敷地の中には車では入れません。
車を降りてかなりの距離を歩いて行くしかありませんが、生憎の雨がパラパラきてます。
結局、中に入るのはあきらめ、ここを築城した加藤清正像のところで記念撮影。

01p1050203

ぐぐっとアップ

01p1050204

報道の映像で何度も流れていた外塀の石垣の崩れが当時のままで地震の傷跡が生々しく残っています。
聞く所に寄りますと、「被害状況の査定がまだ終わって居ないので、結果が出なければ修復作業に入れない」らしいです。
なんとももどかしい話です。

そして、街中ではところどころブルーシート覆われた屋根や壁が目に入ります。
地震に被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、あまり長居はせず、次の目的地 阿蘇に向かいます。
ここからは一般道を東に進みます。
幹線の国道57号は至る所で工事中のための混雑が予想されるので、脇道の県道などを行きます。
先ほどの渋滞がウソのようにスイスイと進みます。いつも間にか雨も上がりました。
いくつもの峠やヘヤピンカーブを越えて気が付けば阿蘇の看板が目に入ります。
まもなくドッカンーンと阿蘇が見えましたが、上半分以上が雲の中に隠れてよく見えません。

ここから更に進み大観峰を目指します。視界が開けてきました。山の峰の道を走っています。
あ~ これが阿蘇の外輪山だ! 思わず叫んでしまいました。
このスケール半端なくでかい 北海道もデカいけど こちら九州もデカい!
まもなく大観峰の駐車場に到着。

見渡す限り360℃パノラマ・・・
「こんなもんじゃないよ!」と息子が・・・
そうなんです。さすが経験者!
息子は6・7年前にバイクで走破しているもんですから、すっかり先を越されていました。

歩いて一番見晴らしのいい大観峰の突先まで行くことにします。
途中売店前には自転車の駐車専用のラックが置いてありました。さすがこの時期自転車はなし!
でも、春夏のシーズン中は自転車野郎もここまで登って来ていると言うことですね。
私もこの景色を自転車と共に見てみたいと思っていましたが、ここに来る道 半端なく険しく長い!
大好きな白金周辺のトレーニングコースの何倍もあります。
もう若くないと言うことで自分に言い聞かせることにします。
またどこを起点にして上るかも皆目見当が付きません。

02p1050205

また、少し進むとキィーンと聞きなれた風切り音が耳に飛び込んでいます。
まさかグライダー?
姿が見えました。気持ち良く飛行してます。RCグライダーですね。
ここは、RCグライダー それもスロープソアリングのメッカです。
それをまじかで見れるとは! 感激です。
今でこそ、実機のグライダーの飛行で楽しんでいますが、もともとはRCグライダーに夢中でした。
このスロープに適した場所を求めて北海道の何か所かに行きましたがいずれも満足いきません。
夏のスキー場のスロープや海岸の断崖絶壁のところや その日の風向きによっても条件がそろわない時が多々ありました。

そんなか、ここでのスロープソアリングは別格です。マニアの間では憧れの場所。
しばし、飛行に見とれていると、一旦機体が降りて来ました。笹やぶの上に着陸です。
これもここのいいところ。着陸場所が広くて笹やぶなので、機体を傷つけないで済みます。

すぐに駆けより情報交換です。
ここは、風向き左右違う場合でも飛ばす場所を変えて楽しくことができる。
また、着陸ポイントが広く更に大型でも楽しめますよ。

04p1050209
<Aさんと愛機 AVALON>

スケールグライダーには”もって来い”ですね。
見上げるのではなく水平方向の目線で機体の姿を追うのもまた良いもんですよ。

自分の機体(RCグライダー)を飛ばすのはまた次の機会とします。
車に自転車とRCグライダーを積んで北海道から・・・・?

遂に来た! グライダーと自転車の憧れの場所 ”夢にまで出てきた大観峰”
(この観光旅行リクエスト№1の場所) 

05p1050212

05p1050206

一寸、のんびりし過ぎましたので、次の目的地に向かいます。
リクエスト№2の場所 温泉です。

山の中を走り抜けてくると山肌一面が白いです。ぷ~と硫黄の独特のにおいが飛び込んできます。
そして、いたる処から白い蒸気が噴き出しています。
今まで経験したことのない景色。

06p1050213

「あの白いのが温泉の湯気だよ!」
凄い!

ここは別府温泉 この中にいくつもの温泉街があるようです。
ただただ見とれてしまいます。北海道だと温泉街には湯元が大体一か所 ここは無数に湯元があります。
途中、地獄谷や泥湯があったり 湯の華の畑があったりでとにかくびっくりです。
山をもう少し登って行き、到着しました。

明礬(みょうばん)温泉日帰り入浴の ”えびすの湯”  
http://www.e-ebisu.biz/

早速露天風呂へ 白く濁った湯 パラパラと小雨が降っていますが、反って気持ちがいいです。
久々に硫黄の匂う温泉に入りました。
疲れが取れて生き返る感じです。

別府温泉のいろいろな泉質を楽しみ、すべて走破すると何日もかかるようです。
それだけ多いということですね。
さすが日本一の温泉

雨も本降りに成ってきましたので、そろそろ戻ることにします。
途中湯布院の街中を車の中から楽しみました。
スイーツの店がズラリ 甘党にはたまりませんね!
そして、若いカップルが特に多いですね。
機会があればぜひゆっくり歩いてみたいところです。

ここからは高速大分道を使って一路福岡へ

雨が強く成って来ましたが予定より少し早く到着しました。
今日は福岡県に始まり佐賀県・熊本県・大分県を走破。駆け足でしたが、九州の半分以上回ったことに成ります。
全走行距離 たぶん600kmは優に超えていると思います。本日の運転お疲れ様です。

福岡といえば私の選ぶ3大名物 中州屋台 明太子 そして豚骨ラーメン
最後は豚骨ラーメンで締めなくては・・・

長浜にある元祖長浜屋ラーメンを案内して頂きました。
近くには市場がある事で、とにかくせっかちなお客さんが多いため、定番の麺は固麺 究極は生めんをさっと湯に通したただけの”くぐり麺”も注文できます。
まずは固麺を・・・ これは食べているうちに柔らかくなるのを嫌い、少量の面を替え玉にして食べている、福岡独特のラーメン文化ですね。これが今ではいつの間にか全国に広まって行ったようです。
私は替え玉は普通麺にして見ました。やっぱりこの方がしっくりきます。
またまた福岡の文化を堪能しました。ご馳走様です。

07p1050215

九州の旅もこれで終わり 明日はまた日本縦断して旭川に戻ります。

↓今回の目的の一つ 大観峰の地に立つことが出来て大満足です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年11月23日 (水)

いざ九州へ! 二日目 <お宮参り>

いざ九州へ! 二日目 <お宮参り>

昨夜は先方の計らいで、美味しい料理とお酒を沢山ご馳走に成りありがとうございました。
塩味のホルモン鍋が気に入りました。
そして、車好きの三人が集まり時間の経つのを忘れ、車談議に酔いしれてしまいました。

11月17日(木曜日)晴れのち曇り

一夜明け今日がこの旅行のメインイベント
孫っちの人生の初仕事にお付き合い お宮参りです。

地元の鷲尾愛宕神社へ向かいます。この日を祝福しているかのように優しい陽がさしています。
どんどん丘を登って行くと住宅街が一望できます。すぐ北は海も見えます。博多湾ですね。
海辺では何かイベントの準備をしているようです。10メートルもあろうかと思う大型モニターが目に入ります。
ヨットの世界大会”アメリカンズカップ”の会場設営のようです。今度の土日開催!
東にはマリンタワーとヤフオクドーム。
そう!北海道日本ハムファイターズが何度も何度も熱戦を繰り広げて、決着をつけた球場も・・・

01p1050198

ここは愛宕山の頂上で360度大パノラマです。
こんな見晴らしのいい神社ならきっと由緒あるところだろうと調べれば1700年の歴史があるようです。
そして、日本三大愛宕神社の文字が・・・ なるほど
こんな所ならきっと御利益もたくさんあるのではないでしょうか!

02                                <Googleより 2016.7撮影>

本殿でお祓いを受けて一歩また踏み出します。
元気に育ってくださいね!

そのあとは先ほど見たヤフオクドームの隣のホテルで記念の会食です。
33階の窓辺からは愛宕神社も博多湾も確認できます。

次々に出てくる料理に舌鼓を打ちます。特に鯛の刺身の歯ごたえは最高でした。
いや~ 美味しいものをいただきました。ご馳走様です。

続いて向かったのは、記念撮影 
そろそろ今日の主役は疲れたのでしょうか? ぐずつきだして、中々ポーズが決まりません。
無理もありません。生後40日目 まだ首も座って居ないものですから・・・
多少時間がかかりましたが、無事終了

これでメインイベントの孫っちの初仕事は終わりました。皆さんお疲れ様です。

その後は、車好き男三人衆は博多の中州の屋台に繰り出しました。
四半世紀前に行った時の景色を少し思い出しました。
今日のお店は観光用にはあまりPRしていない地元の人しか行かない穴場へ

次々とお客様が入れ替わりますが、ほとんど常連さんばかりですね。
今日のお気に入りの一品。イワシのめんたいこ詰めの焼き物が抜群に旨いです。 
ここでも終始、車談議で夜も更けていきました。

明日の朝は少し早いので今日はこのあたりでお開きです。

↓すくすくと成長することを祈っています!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年11月21日 (月)

いざ九州へ! <美味しい珈琲を求めて>

いざ九州へ! <美味しい珈琲を求めて>

孫っちのお祝いの機会を利用して、美味しい珈琲を楽しんできます。

ここ数年前あたりから少し珈琲の好みが変わってきました。
以前は苦みが好きでしたが最近は酸味そして甘味です。
この”好み変わり”のきっかけを作ったのが福岡の珈琲専門店 三和珈琲館
以前豆をいただいた時に自分で淹れてみてびっくりです。
「珈琲って甘いんだ!」

ただ今ホームページはお休みしていますが、ご参考までに
http://sanwacoffee.cafe.coocan.jp/frame.html

先方のお父様の案内で郊外の今宿店に到着。

Photo
<Google より 2016.7月撮影>

香りと色と珈琲一色に統一された店内へ カウンターに座ります。
まずメニューに目を通します。その中から中南米のコスタリカを選択
初コスタリカです。
実は最近 中南米の珈琲に凄く興味があり、ジャマイカやガテマラが最近の定番です。

マスターが一杯一杯ネルドリップで丁寧に淹れています。
そのドリップスタンドに注目
これは便利 ハンドドリップだと最後まで片手で持っていなければならないところ、確実にポットのお湯だけに集中できます。今後ネルドリップを始めるときにはこのアイデアいただきです。
この店のオリジナルツールとのこと。

いよいよ出てきました。(中煎り)
いい香り そして一口 口当たりが優しい 酸味と軽い甘味
何杯飲んでも飽きない感じです。
やっぱり、間違いありません。最近の中南米では生産者の意識が高まり常に高品質の豆を出荷しているようです。

その後珈琲談議に花が咲き、もう一杯注文します。
今度は、セレベスカロシ 流通量が少ない豆です。
インドネシア産の旧セレベス島(現スラウェシ島)に因んだ名前です。
それと、お店のお勧めはモカ それもエチオピアで無くイエメン産のモカマタリをいただき、息子と飲み比べて見ることにしました。

出てきました。まず セレベスカロシ(深煎り)です 香ばしさと軽い苦み 非常に上品です。
数年前までの私の好みに近い感じです。
この豆、中深煎りならどうなるのかな?

さて、モカマタリ(中煎り)は?
果物の甘い香りでいっぱい そして酸味と甘味 気持ちのいいひと時です。
イエメンでも高品質に取り組んでおり、非常に上品な豆を産出していると聞きますが、間違いなくこれです。

マスター曰く
いい豆を如何に安定して仕入れるのが大事。
市場には、名前が同じでも色々な品質の物が流通している。
そして、焙煎は生豆の持つ命を最大限に引き出すのがポイント<これはかなり奥深い話です>

「今すぐでも珈琲店始められますよ!」とおだてられましたが、いやいや毛頭そんな気はありません。

ホームページを再開する準備中とのことです。
楽しみにしています。

珈琲の奥深い楽しみを知るきっかけを貰ったお店に立ち寄ることが出来て、非常に嬉しいです。
本日はご馳走さまでした。

↓珈琲の深みにどんどん嵌っていきます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧