« 2020年5月 | トップページ

2020年6月

2020年6月 5日 (金)

珈琲の自家焙煎に挑戦! その2

珈琲の自家焙煎に挑戦! その2

前回に引き続き自家焙煎の記録です。

その後、何回も片手鍋で焙煎し、気が付けば初めて購入した1kgの生豆は無くなってしまいました。

毎回100gずつ使ってましたので、全部で10回

その間上手くいったりそうでなかったリ、時には焦げ臭いのが気に成って捨ててしまいました。
知人に試飲して貰って、厳しい意見もいただきました。

2回目以降は屋外で焙煎しています。
Web1p1070168200524 

すると、屋外の気温の影響や風が強いと吹き込みで炎が安定しません。
やはり、火力をコントロールして鍋の中の温度を狙い通りすることが、如何に大事なのかが少し分かりかけました。

生豆の在庫が後半に成ると急に欠陥豆が気に成り出しました。袋の底に小さい豆が沈んで行ったのでしょうか?

また、焙煎後のおかしな匂いも気に成り出しました。
もしかして、豆の品質? このメーカは松屋珈琲でした。


そこで、生豆を追加注文する時に違うメーカにしました。
「Dr-i-gama」に前回と同じ「コロンビアのスプレモ」
1kgを注文 送料無料でリーズナブル!

届いたものは、アルミ蒸着の袋に入っています。チャックも付いています。
Web2p1070182 

早速、豆を取り出してみると欠陥豆が殆ど成りません。100g中4個でした。

焙煎して見ます。気温20℃ 風が少し強いかな?
何時ものように焙煎ログの沿って作業していきます。
風が強いのか炎が安定しません。1ハゼが来たのが10分 遅い!
それでもここから慎重に蓋を開けたり振ったりしながら終了
中煎りが出来上がり。
Web3p1070184 

本日の「ハマ珈琲」直伝の焙煎ログ
Web4p1070185 

充分冷めたところで、何時ものように中挽き後ペーパーフィルターで淹れて見ます。

先ずは試飲 いい感じでです。甘味 酸味 コク 香りがOK 苦みは程よく抑えられています。

前回の生豆のような嫌な匂いや焦げ臭さは全くありません。

充分満足の味です。
これは、生豆の違いなのかな?

この新しい豆でまだまだ自家焙煎の挑戦は続きます。

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ