« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月21日 (木)

陶芸の本焼きが上がりました!(2019年11月期)

数日前の爆弾低気圧の置き土産で周りすっかり冬景色

陶芸センターへの行きかえりの道、初めての冬道で肩ががちがちにこってしまいました。

12月末には今年の締めの織部作品の本焼きがありますので、それに向けて日々製作している時です。

それとは別に臨時に普通焼き(還元)が行われることに成りました。

絵付けの心構えをしていませんでしたので、絵付けの練習のつもりで皿5点の試作品を焼いて貰いました。

出来上った作品を、つるつる路面の中無事持ち帰ってきたところです。

 

01p1070064

 

蔦の絵をベンガラで描きます。Φ18cm

全体の構図は上手くできたとは思いますが、濃淡が上手く表現できませんでした。

次回はもう少し薄いベンガラを部分的に重ね塗りをして見ます。

先輩からは、筆で擦った部分は焼くと極端に薄く成ってしまうので要注意!

「筆で描くのではなくベンガラを置く・載せる事」貴重なアドバイスありがとうございます。

02p1070065

萩です。Φ14cm

すっかり、私の定番に成って来ました。絵具は更に薄くして重ね塗りが必要と感じました。

03p1070066

しだれ柳をイメージしました。Φ14cm

今回初トライ、濃いベンガラと薄いベンガラ2種類使い分けて 風景の遠近感を出すように描いて見ました。

出来栄えに満足。葉っぱを更に多くすると面白く成るかもしてません。

04p1070067

次回はいよいよ、織部焼きです。

 

| | コメント (2)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »