« 陶芸作品の新しい形にチャレンジ(2019年7月期) | トップページ | 陶芸作品の絵付け&釉掛け(2019年9月期) »

2019年7月30日 (火)

サイエンスボランティア活動 「ゴム動力飛行機」講座も間もなく!(2019年)

サイエンスボランティア活動 「ゴム動力飛行機」講座も間もなく!(2019年)


ようやく夏らしく成ったと思ったら急に暑い日が続き、そろそろ夏バテ?気味です。
でも家庭菜園を見れは、今年は不作でトマトが赤く成らないと気がかりでしたが、急に赤く成って来ました。

この暑い夏、野菜は大喜びです。

00p1060967  

そして、暑い時期に成ると毎年恒例の行事 子供たち向けの「ゴム動力飛行機」講座がありますので、そろそろ準備をしなければ・・・

”飛行機はなぜ飛ぶか?”の座学と”機体の工作”が有りますが、
工作見本の機体が少しお疲れ気味の様なので、今年は新調することにしました。

行き付けのお店で調達 
物価上昇の影響でしょうか?リーズナブル価格では無くなっていました。

では主翼と尾翼の製作から取り掛かります。

竹ひごを曲げるのは今回はやかんのお湯を沸騰させその蒸気で曲げました。

01p1060942

尾翼を胴体に取り着け、全体が完成です。

02p1060944

ここから一味 主翼のリブ取り付け部の補強です。四角い和紙を半分に折り、のりで取り付けます。

03p1060947

04p1060946

更にもう一点 主翼の紙は専用の用紙はやめて、どこの家庭にもある台所用品のポリ袋を使います。のりは木工ボンドを使用

空気抵抗減少と濡れても破れにくい、一石二鳥の効果が期待できます。

05p1060964

尾翼はあえてキットの指定用紙を使い、子供たちに用紙の違いが分かるようにしました。

06p1060961

テスト飛行は未だです。当日、子供たちと一緒にこの機体の初飛行も行いたいと思います。

ひとつは準備が出来たと・・・ まだまだ~~~

 

|

« 陶芸作品の新しい形にチャレンジ(2019年7月期) | トップページ | 陶芸作品の絵付け&釉掛け(2019年9月期) »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

アンコウさんへ
おはようございます。
最近のキットは主翼の付け根やプロペラ等プラスチックに切り替わっていますが、以前は全部木製でしたね。
アンコウさんも沢山作ったようですね。
私の空への憧れは小学生時代に作ったこのゴム動力飛行機から始まりました。
これを二つ組み合わせて大型なグライダーに改造したり、懐かしいことが思い出されます。

投稿: けいあん | 2019年7月31日 (水) 06時15分

こんばんはー。
 いや~~、懐かしいですねぇ~~。
そう言えば、有りましたねぇ、こういう飛行機が。!(^^)!
 小生も作りましたよ。昔と変わってないですねぇ。
もっとも、変わりようがないのかもしれませんが。
 小生の作ったキットは主翼のリブはバルサ材だったと
思います。上に和紙を糊付けして作るんでした。
 今でも同じようなものが、あるんですねぇ~~(^^)v 。
ちょっと感激しましたよ。

投稿: アンコウさん | 2019年7月31日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶芸作品の新しい形にチャレンジ(2019年7月期) | トップページ | 陶芸作品の絵付け&釉掛け(2019年9月期) »