« いよいよ新緑シーズン!~スズメと共生? | トップページ | 陶芸作品の素焼き上りました!そして試作品作り(2018年6月期) »

2018年6月11日 (月)

クロモリロードのチューブラー・リム更新 その1

クロモリロードのチューブラー・リム更新 その1

旧式クロモリロードのリフレッシュも最終章に入ります。

チューブラタイヤのカラーコーディネイトが懸案事項でしたが、それ以上に気に成る事が残っていました。
それは前後ホイールのリムそのものです。

組み立てた40数年前の時、世界で一番軽いホイールを使いたいと思い、自転車ショップの奨めで

MAVICの【Record du Monde de l'Heure】を選択しました。300g/本 兎に角軽い!

01p1060262

02p1060323

当時の1972年に自転車界のスーパースターのエディ・メルクスが自転車の速度で世界記録を樹立したとき履いていたリムです。

記録は確か、49.43195km/hだったかな?

自転車仲間では結構話題になっていたものです。

しかし、トラック用で一般道路を走るロードには強度不足であることは承知の上で長年使用しています。
極力条件の良い道路だけを選んで走行してきましたが、それでもリムの傷や変形は至る所にあり、痛々しい感じです。それでもだましだまし使い続けて今日まで・・・

これからどうすると考えた時、チューブラーとは惜別して現在では一般的なクリンチャーに作り変えるか?と自問自答する日々を過ごして来ました。

古い自転車でもいつでも現役で走れることが必要条件で、飾り物ではつまらない!
でも、極端に仕様を変えたくない。
などなどで結局、少数派のチューブラーに拘ることに決めました。

候補は2点
 ①MAVIC OPEN PRO チューブラー 360g/本
  ②ARAYAの16B 335g/本
 
そこで選んだものが友人の奨めもあり、安価でかつ軽いARAYAを選択

03pp_araya_16b_gold

↑ARAYA 16B

注文して待つこと数日で届きました。
現物を確認して、少しの不安が・・・

僅かな違いが・・・
ブレーキの当たる面の仕上げや リム有効径が大きいい
実は取りあえずスポークはそのまま使う前提なので同じサイズがベターです。

念のためARAYAのHPで仕様や Imformation を調べると

何と!!!

※16B-Goldリムはロード用にはご使用できません。

URL http://www.araya-kk.co.jp/rim/info/15_16b-gold.htm

なぜなら、ブレーキ装着を前提に考えていないトラック専用であると注意勧告でありました。

以前なら、トラックもロードも自己責任で自由に使っていたのですが、現在色々と難しい事があります。
一般道を軽車両として走る以上、強度不足の部品を使っていると法律に触れたり、万が一の時の保険の除外事項に成るらしいです。

ここで、ARAYAは返品として新たにMAVICを再手配することに成りました。

最初のARAYA 16Bはインターネット通信販売で私の注文ミスですが返品処理にも快く対応して頂き感謝いたします。
送料は自己負担で仕方ありません。授業料と考えます。

そして、再手配のMAVICのリムが先ほど到着です。

オープンプロ チューブラー
・高性能ホイールを組む為のベンチマークとなるリム
・超軽量、ロードレース用チューブラーリムの最高峰
のキーワードが心に響きます。

04p1060314

05p1060315

 
やれやれ、寸法も現行品とほぼ変わりません。もちろんスポークのニップルも同時注文していました。
ニップルは分解時は要交換の消耗品ですので。

06p1060325

時間を見てゆっくり組み替えして行きます。
場合に寄ってはスポークの更新も視野に入れています。

つづく

↓旧式クロモリロードのリフレッシュは続きます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

|

« いよいよ新緑シーズン!~スズメと共生? | トップページ | 陶芸作品の素焼き上りました!そして試作品作り(2018年6月期) »

旧式クロモリロード」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

diamondこころぐ郁美さんへ
おはようございます。
暫くぶりの作業なので最初戸惑っていましたが、段々と思い出して来ました。
私も昔を思い出しながらニヤニヤ、もう夢中です。
昔の自転車や機械類は分解できないところが無いほど、どこまでも分解できます。
そして摩耗や変形した部品だけを交換するのが当たり前でした。特に安い部品から先に壊れるように設計されているのが凄いところです。
やっぱり、別の劣化した不良品を発見! 追加発注して到着待ちです。

投稿: けいあん | 2018年6月15日 (金) 07時07分

ヽ(´▽`)/こんばんは~~( *´艸`)

なんだか、わぁ~い!わぁ~い!!って感じです。

組み立ても作りかえも何にも解らない私ですが、
次にはどんなことが起きるのかな?
なんてドキドキしたり、ワクワクしたりです。
・・・で、自分の顔がなんだかにやけちゃったりしてます。どうしてなんでしょうか~(笑)(笑)

投稿: こころぐ郁美 | 2018年6月14日 (木) 20時25分

diamondtuba姐さんへ
おっはよう!
そうなんです。世界記録保持者のDNAを持ったクロモリ君です。
待ちきれずに夜ふかしして前輪だけ組み換えが終わりました。
40年ぶりの作業でした。懐かしい昔のbicycle思い出が蘇って来ました。

投稿: けいあん | 2018年6月12日 (火) 08時49分

おはよぉ~♪
世界記録保持者sign03
もうもう、リスペクトですbicycleshine
すごいですねぇー
バナーの下の真っ赤なクロモリロード君は最強の相棒ですね。
少しずつパーツを新しくしながら今も活躍中のbicycle、けいあんさんの気持ちが分かったような気がしますconfident

>・超軽量、ロードレース用チューブラーリムの最高峰

組み立ても楽しい作業なんでしょうねぇ~(*^-^)
出来上がりの画像を楽しみにしていますからぁ~
o(*^▽^*)o 👍

投稿: tuba姐 | 2018年6月12日 (火) 07時15分

diamondアンコウさんへ
Commentありがとうございます。
アンコウさんもチューブラ党だったんですね。
今までもトラック用リムを使って来たんだから良いじゃないかとも思いましたが、やっぱりロード専用を選びました。
届いたものはさすがにブレーキ面がクリンチャーリムのように完全フラットに成っていました。
先ほど前輪だけですが組み上がったところです。JIS組みからイタリア組みに変更もしました。昔はJIS組みしか無かったのですが・・・
古いリムを見てびっくりです。すべてスポークに引っ張られてリムが僅かに変形していました。40数年は使っていますがやっぱり強度不足でしたね。やれやれ!です。

投稿: けいあん | 2018年6月11日 (月) 23時44分

こんばんは。
 アラヤもちょっと見た感じ、ロードでも使えそうですけどね。
リムの断面が三角形とかだと、ロードには無理だと分かりますが。

 今はシマノとかメーカー製のホイールが一般的ですから、
リムを選んで組むとかは、あまり見なくなりました

 実は小生もMAVIC党で、昔はチューブラーを
使ってました。GP-4(400g)、GL-330、
GEL-280を使いました。金色のOR-10も。
 GEL-280は周囲からは「止めろ止めろ」と
言われましたが、無理な乗り方をしなければ、特に
問題なく使えました(32Hで)。名称は280ですが、
実測では310gくらいありました。・・が、加速の
軽やかさは素晴らしかったです。
 最近のホイールはスポークの本数は昔の半分に減り
ましたが、スピードが遅いと空気抵抗の恩恵を受け
られず、リムの重さを少し感じます。
 昔のものが悪いとは言えない気がしますね。

投稿: アンコウさん | 2018年6月11日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ新緑シーズン!~スズメと共生? | トップページ | 陶芸作品の素焼き上りました!そして試作品作り(2018年6月期) »