« スピーカーの性能向上のためのツール製作 <インピーダンス測定&低域補正回路> | トップページ | スピーカーの性能向上ためのツールの活用<インピーダンス測定&低域補正回路> »

2017年4月14日 (金)

HONDAビート エンジンかからず!入院です。

HONDAビート エンジンかからず!入院です。

1週間前のことです。
春が駆け足かな?一気に暖かく成りました。このときは?
と成れば遊び道具の整備開始です。

まずは、HONDAビートを冬眠から目覚めさせなければなりません。
兎に角エンジンをかけて車庫から出しますが、ここはすんなり行きました。
普通は当然でしょうが半年前の冬ごもり直前にチェックランプが点灯し、そのままだったのでコンピュータのECUが更に悪化していないか心配でした。

もちろん冬の間に予備のECUは調達済みですが交換はこれからです。
オイルが十分に循環するまでアイドリング。10分も経ちましたので、そろそろと空ぶかししてみます。最初は良かったのですが、3回目の時突然エンスト
それからは何をしてもただセルモータのキュキュキュだけ。

もしやと思い調達済のECUを交換しますが、結果は同じ。
もう手に負えません。でも思い当たるのは同じ事が4年前にも有りました。
あの時は燃料タンクの錆による燃料ポンプの故障でした。
まさかこんなにも早く。

しかたがありません。ディーラーに引き取りに来てもらいました。

01_20170406

02_201704062

サービス工場の診断はやはり燃料タンクの錆と燃料ポンプの故障でした。
それから部品待ちでようやく昨日の夕方に修理が完了したところです。
しかし、まだ雪道 夏タイヤのビートゆえ引き取りは1日延期です。

4月14日(金)晴れ 9時の気温 8℃ 

昨日は打って変わって暖かい朝です。
雪もほとんど解けて無くなりましたので、元気に成ったビートを引き取りに行きます。

退院です。
帰りは遠回りをして1時間ほどハンドリングマシンを楽しみました。快調!快調!
新しいECUも問題なし。

さて、整備の続きです。
今回の問題の部品はこれ。

右が燃料ポンプですが思っていたより錆は酷くないです。でも、左の燃料ゲージは酷い錆、またフィルターはさほど汚れていませんでした。 

03p1050421

05p1050423

<↑前回交換から10年経過の燃料ゲージ>

04p1050422

<↑前回交換から4年経過の燃料ポンプとフィルター>

サービスマンの話では、タンクの内側にも軽く錆が発生していたので手の届く範囲で清掃しました。今回はケミカル品の錆とりは使わなかったそうです。
それをやると時間と費用はとんでもなくかかるので軽い処置で済ませたとのこと。
すると次回はタンクとポンプのセットでの交換が十分予想できます。

そうなる前に何か方法はないものか
サービス工場からは「兎に角沢山乗ることです」と。
一年にガソリン満タンが2回以上使うくらいに乗らないと、結局はタンク内の結露から来る水分や、古く成ったガソリンが腐って酸化して、これらが原因でまたタンクなどの部品が錆てしまうようです。

タンクに残っているガソリンの劣化も心配です。

念のためリトマス試験紙で酸化の度合いをチェックします。

06p1050435

これに現れるほど酸化していたらもう終わっているでしょうが、念のため。

また錆止め剤の入ったケミカル品を探したらこんなにも出てきました。
今までバイクや草刈り機械に入れていたものですが、これからはビートにも使わなければと思います。

07p1050438

交換部品もそろそろメーカ在庫が少なく成っています。
次回のため、今から部品を確保しておこうかな?

そして、予備部品のタンクの内側を錆びないようにコーティングして準備することも考えています。

↓古い車は何かと手間がかかりますが、それもまた楽しいものです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

|

« スピーカーの性能向上のためのツール製作 <インピーダンス測定&低域補正回路> | トップページ | スピーカーの性能向上ためのツールの活用<インピーダンス測定&低域補正回路> »

Dream50/BEAT」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
こんばんは!
今回の部品劣化は、乗らないで車庫にしまって置いた事が劣化を進めてしまったようです。
やはり毎日乗っていればそう簡単には錆びないらしいですよ。
人間と一緒ですね。外遊びをして健康的にいかないとね!
近くのGSで時々見てもらうのは賢明ですね。
自己流で偏ったメンテナンスをするよりはましかも!

投稿: けいあん | 2017年4月22日 (土) 21時18分

ビート君、元気に退院おめでとぉ~shine
いつもメンテナンスを欠かさずに相棒君を大切にしていたようなのに・・・
部品の劣化は仕方ないですよね。
先を見越しての準備も…、凄いなぁ~sign01

近所のGSが廃業してしまい、今はセルフで給油しています。
GSで簡単なメンテナンスをしてもらっていたんですけどねぇーcoldsweats02
ウンドーウォッシャー液も入れたことありません。情けないですぅーweep


投稿: tuba姐 | 2017年4月22日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピーカーの性能向上のためのツール製作 <インピーダンス測定&低域補正回路> | トップページ | スピーカーの性能向上ためのツールの活用<インピーダンス測定&低域補正回路> »