« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月24日 (月)

2017今年もカタクリの乱舞が始まりました@男山自然公園

2017今年もカタクリの乱舞が始まりました@男山自然公園

4月24日 (月曜日)sun 

昨日の朝は夜中に降った雪でところどころ白く成り、春はどうしちゃったのかな?
と心配してたところでしたが、一夜明け今日は気温が上がって来ました。
北海道の南の函館ではソメイヨシノの開花宣言が出たところです。
ようやく、北国にも春到来です。

こちらでも一足早く桜ではなくカタクリの開花宣言が出ていましたので、地元のカタクリ群生地に行ってきます。

カタクリ情報@男山自然公園 はこちら↓
http://otokoyama.com/otoko_b/otoko_b3/otoko_b31/index.html

突哨山(とつしょうざん)に到着。

00p1050463

入り口のところで公園関係者から 「もう満開に成りましたよ!」
と声をかけられました。
「えっ もう!」
でも、白いカタクリの花はまだのようです。

エゾエンゴサクとのコラボで思いっきり乱舞全開です。

02p1050442

03p1050447

05p1050445

動画も撮ってみました。YouTubeをどうぞ!

キクザキイチゲも

06p1050446

フクジュソウも

07p1050449

キバナノアマナも

08p1050451

皆んな一気に咲きだしました。

木々の間からは真っ白な大雪山連峰が見え隠れしています。

09p1050455

気に成ったので良く見えるところまで来ました。手前には当麻山がど~んと居座っています。

10p1050464

ようやく北国にも春到来です。

↓今年もさくらより一足早くカタクリの花が満開と成りました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年4月22日 (土)

スピーカーの性能向上ためのツールの活用<インピーダンス測定&低域補正回路>

スピーカーの性能向上ためのツールの活用
    <インピーダンス測定&低域補正回路>

今朝はひんやり 冷たいみぞれが降っています。沢山積もるようではありませんが、花壇のところどころが白く成っています。

01p1050439

こんな日は暖かい部屋の中で、一週間ほど前に作ったツールの性能の確認です。

4月13日の記事→http://ja8dni.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/no-13ac.html

06p1050419

まずは<低域補正回路>
10cmのウッドコーンスピーカーに取り付けてみます。
ん!??
殆ど違いが分かりません。こんなものなのかな?
アンプのトーンコントロールのようには違いが見えません。
もう暫くは聞き込んでみます。

次にもう一つの<インピーダンス測定>

なかなか目的の波形が出ません。
オーディオキャプチャーのRチャンネルでは反応しないのでLチャンネルにしたら少し波形が出てきました。
しかし、レベルが小さいのでパソコンのマイク入力の調整や、何回も繋ぎ変えをしてやっと出ました。

3月の末に測定した周波数特性と重ねて見ます。
赤線が今回のインピーダンス特性です。

Untitled2_2

メーカーのユニット単体の特性と比べて20HzもFoが高い
これはユニットのエージングがまだ足りないことを意味しています。

Imp_data
↑<メーカーのユニット単体のインピーダンス特性 ParcAudio HPより>

MySpeakerのソフトの説明の”注意書き”を思い出しました。
測定中に付けたり外したりするとマイクアンプに高電圧が掛かりマイクアンプが壊れることがある。

やっぱりです。
片方のチャンネルは完全にアウトです。もう一方も何とか測定ができましたが、かなりダメージを受けたみたいです。
どうも、スピーカーのレベル測定のホワイトノイズを出しっぱなしだとまずい様です。
想定内の故障 外付けのオーディオキャプチャーのマイクアンプで良かった。
今は使わなく成ったものなので問題はないのですが、次回測定のため予備の手配もしなければ思い、Amazonをチェック 1.8k円で出ていました。
有難い、安い!

そして保護回路も考えなければ・・・

↓やっぱりインピーダンス測定はハードルが高いです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年4月14日 (金)

HONDAビート エンジンかからず!入院です。

HONDAビート エンジンかからず!入院です。

1週間前のことです。
春が駆け足かな?一気に暖かく成りました。このときは?
と成れば遊び道具の整備開始です。

まずは、HONDAビートを冬眠から目覚めさせなければなりません。
兎に角エンジンをかけて車庫から出しますが、ここはすんなり行きました。
普通は当然でしょうが半年前の冬ごもり直前にチェックランプが点灯し、そのままだったのでコンピュータのECUが更に悪化していないか心配でした。

もちろん冬の間に予備のECUは調達済みですが交換はこれからです。
オイルが十分に循環するまでアイドリング。10分も経ちましたので、そろそろと空ぶかししてみます。最初は良かったのですが、3回目の時突然エンスト
それからは何をしてもただセルモータのキュキュキュだけ。

もしやと思い調達済のECUを交換しますが、結果は同じ。
もう手に負えません。でも思い当たるのは同じ事が4年前にも有りました。
あの時は燃料タンクの錆による燃料ポンプの故障でした。
まさかこんなにも早く。

しかたがありません。ディーラーに引き取りに来てもらいました。

01_20170406

02_201704062

サービス工場の診断はやはり燃料タンクの錆と燃料ポンプの故障でした。
それから部品待ちでようやく昨日の夕方に修理が完了したところです。
しかし、まだ雪道 夏タイヤのビートゆえ引き取りは1日延期です。

4月14日(金)晴れ 9時の気温 8℃ 

昨日は打って変わって暖かい朝です。
雪もほとんど解けて無くなりましたので、元気に成ったビートを引き取りに行きます。

退院です。
帰りは遠回りをして1時間ほどハンドリングマシンを楽しみました。快調!快調!
新しいECUも問題なし。

さて、整備の続きです。
今回の問題の部品はこれ。

右が燃料ポンプですが思っていたより錆は酷くないです。でも、左の燃料ゲージは酷い錆、またフィルターはさほど汚れていませんでした。 

03p1050421

05p1050423

<↑前回交換から10年経過の燃料ゲージ>

04p1050422

<↑前回交換から4年経過の燃料ポンプとフィルター>

サービスマンの話では、タンクの内側にも軽く錆が発生していたので手の届く範囲で清掃しました。今回はケミカル品の錆とりは使わなかったそうです。
それをやると時間と費用はとんでもなくかかるので軽い処置で済ませたとのこと。
すると次回はタンクとポンプのセットでの交換が十分予想できます。

そうなる前に何か方法はないものか
サービス工場からは「兎に角沢山乗ることです」と。
一年にガソリン満タンが2回以上使うくらいに乗らないと、結局はタンク内の結露から来る水分や、古く成ったガソリンが腐って酸化して、これらが原因でまたタンクなどの部品が錆てしまうようです。

タンクに残っているガソリンの劣化も心配です。

念のためリトマス試験紙で酸化の度合いをチェックします。

06p1050435

これに現れるほど酸化していたらもう終わっているでしょうが、念のため。

また錆止め剤の入ったケミカル品を探したらこんなにも出てきました。
今までバイクや草刈り機械に入れていたものですが、これからはビートにも使わなければと思います。

07p1050438

交換部品もそろそろメーカ在庫が少なく成っています。
次回のため、今から部品を確保しておこうかな?

そして、予備部品のタンクの内側を錆びないようにコーティングして準備することも考えています。

↓古い車は何かと手間がかかりますが、それもまた楽しいものです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年4月13日 (木)

スピーカーの性能向上のためのツール製作 <インピーダンス測定&低域補正回路>

スピーカーの性能向上のためのツール製作
    <インピーダンス測定&低域補正回路>

今朝起きてびっくり!
一面真っ白、また冬に逆戻りです。

01p1050409

こんな日は外仕事はやめて暖かい室内で内職に励むとします。

大半の材料はかなり前から揃っていたのですが、色々あって中断していました。

02p1050411

ただ、これを入れるケースがありません。
近くのホームセンターに行き、何かないか結構隅々まで回ってやっと見つけました。

ツールボックス これは使えそうです。早速購入 230円也 

03p1050412

それでは組んで行きます。ケースの蓋の部分に部品を取り付けます。

04p1050414_2

出来ました。
蓋を閉めたところです。

05p1050415

さて何に使うのか? 二通りの使い方があります。

まずは スピーカーシステムのインピーダンス測定です。
スピーカーの特性ツール”MySpeaker”を活用します。
スピーカーのマイナス側に直列に0.5オームの抵抗を入れて、この両端の電圧を測るもので、直接パソコンに繋ぐと万が一マイクアンプ等のパソコンが壊れてしまうことがあるので、外付けのオーディオキャプチャーを利用します。
壊れても最小限度の出費で済みそうです。

06p1050419

また、二つ目はスピーカーの低音補正回路の実験です。
これは次回作にこのアイディアを取り入れようかな?と考えているのですが、まずはその効果のほどの確認のためです。

具体的には抵抗とコイルの平行回路をスピーカーのプラス側に直列に入れるものです。
次回はParcAudioの13cmウッドコーンスピーカーですが、詳細情報が出ていませんので、手探りでコイルのリアクタンスを割り出しました。
今回は0.5mHにしました。そして抵抗は3.9オーム
ただ、インピーダンス補正回路は組んでいませんので、そこは若干いい加減です。
さて、効果のほどは???

今日は遅く成りましたので、実験結果のレポはこの次とします。

↓ウッドコーンスピーカーの3作目 着々と進行しています。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年4月 2日 (日)

AFAグライダークラブ ミニ通信20170402 ~ 2017準備開始

AFAグライダークラブ ミニ通信20170402 ~ 2017活動開始 

 飛ぶこと遊ぶことが大好きな、グライダークラブの活動を
     一会員から見たこと感じたことを気ままに書いています。

クラブハウス周りの除雪作業を皆さんで先週行った甲斐もあり、格納庫前の作業場所は雪ひとつありません。
でも駐車スペースの奥はまだ雪山が高くそびえています。

01p1050388

いよいよ、今日から本格的な初飛行に向けた準備作業の開始です。

まずは車両の運び出し 1台、2台 でも古い大型車両はすんなりエンジンが掛かってくれません。それも2台とも。
直ぐに”自称整備士”が俺が俺がとエンジンフードを開け「燃料噴射のこのレバーの動きが悪い!」と調整を始めます。すると間もなくして エンジンが目覚めます。
何につけても 皆さんプロフェッショナル 凄い!

次に昨年、作った棚の改造です。大きすぎたので半分にして二つに分けます。
Fさんが鉄のパイプやアングルを切り出しました。
でもいつもより凄く静かです。そして切れ味最高。
その違いに気づいた皆さんも集まってきます。
どうも新兵器をまた手に入れたようです。さすが社長~~!
18ボルトの電動工具のパワー やっぱり凄いです。

01p1050389

 

02p1050395

 

03p1050397

並行して別のグループは、広くなった格納庫の中で 今年の組立一番機の我がクラブのホープのASK21の準備。 
グリスアップ 注油 主翼の固定ピンのクラック検査”異常なし”ですので組立です。

06p1050391

 

07p1050393

 

08p1050400

 

やっぱりかっこいい 

私は用事があるので少し早く上がりましたが、この後も皆さんで組立・計測が進んでいることでしょう。
ご苦労様です。

初飛行は4月29日の予定 その日に向けて猛ダッシュです!

↓今年もグライダー野郎の隠れ家通いが始まりました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »