« ウッドコーンスピーカー 共鳴式ボックスの試作 その2 | トップページ | AFAグライダークラブ ミニ通信20170402 ~ 2017準備開始 »

2017年3月30日 (木)

ウッドコーンスピーカー 共鳴式ボックスの試作 その3「完了」

ウッドコーンスピーカー 共鳴式ボックスの試作  その3「完了」

少し中断していた製作の続きです。

前回までの記事は

3月20日「試作その2」  http://ja8dni.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-3517.html
3月12日「試作その1」 http://ja8dni.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-909d.html
3月3日「構想」 http://ja8dni.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-465e.html

08p1050385
ここからは綺麗な塗装で仕上げようかとも思ったのですが、この時期屋外の気温がなかなか上がって来ません。ならば室内とも考えましたが結構きつい匂いに悩まされます。
そこでいい方法を思い付きました。
木目の表現にこだわって見ます。
あくまでも暫定でいずれ本格塗装するまでの繋ぎです。

軽い塗装と、全面のバッフル板を突板で仕上げる事にしました。
ようやく突板が到着しました。スピーカユニットのコーンの材質と同じマホガニーを選択しました。

01p1050376

何せ突板を利用するのは初体験。一番簡単なシート裏に粘着シートが付いたものを使います。次回は専用ボンドを付けてアイロンで仕上げる方法も試したみたいです。

02p1050375

03p1050377

貼り付け完了。いい感じに仕上がっています。

空気が入ってしまったところがありますが、千枚通しで穴をあけて追い出せば簡単に取れました。

04p1050378

次に台座の白木の部分はマホガニー材に統一した色で着色をしていきます。
レッドマホガニー色の油性のウレタンニスをたっぷり薄めていますのですぐ乾きます。

05p1050379

少しムラがありますが気にしない! 塗装が乾いたところで組んで行きます。

吸音材もたっぷり入れます。

06p1050380

08p1050385_2

07p1050382

暫定ですが完成。
粘着シート式突板は保護のためクリア塗装が一般的ですが、それはもう少し先とします。

防振には簡易にホームセンターで見つけたウレタンクッションを使います。

10p1050387

もちろん高価な専用のインシュレータ程の効果はありませんが、とりあえず
実は、いずれ完全フレーティングにするため天井からテングスで吊るすことも考えています。そのためには兎に角軽く!

早速、音出し。
一寸気になる片側だけ僅かな”カサカサ”と異音
不良品 クレーム 返品 一瞬頭をよぎります。

前回の仮組では気が付かなかったのですが・・・

少し冷静になってまずはエージング
今回もMySpeakerのツールを使って 20Hzの急速エージングを開始
コーンが大きく動きますが音は殆ど聞こえません。僅かに”ボ~~ン”とだけ
とりあえず1時間実施

すると先ほどの”カサカサ”が消えていました。これで良しと・・・

コーンが馴染んだようで、エージング効果絶大です。

次に周波数特性も測ってみます。

とりあえず部屋の影響が出ない距離で 20cmに測定用マイクをセットします。

メーカー仕様書の特性が十分出ていますし、低域は40Hzまで十分に出ています。ボックスの設計fd=42Hzの狙い通りです。

11parcaudio3sinsweep
<↓メーカー仕様のユニット単体の周波数特性>

12dcuf121w_fdata

これで、やっと完成です。
さぁ~ 暫くはエージングを兼ねた”♪聴いて・♪聴いて”の毎日に成りそうです。

このスピーカーの狙いは 箱鳴りを活かし反響の大きい部屋向きに考えましたので、鉄筋のマンションとか部屋の荷物が非常に少ない場合に威力を発揮しますが、今の部屋でも天井近くにセットすれば天井の反響を利用する手がありそうです。
もうひとつはユニットがウッドコーンなのでバッフル板も木目を生かして見ました。形は少し悪いですが・・・

↓拘りのウッドコーンスピーカー 予想以上の出来に自己満足してます!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

|

« ウッドコーンスピーカー 共鳴式ボックスの試作 その2 | トップページ | AFAグライダークラブ ミニ通信20170402 ~ 2017準備開始 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
こんばんは!
部屋の作りによって音の響きが違ってくるのは、以前コンサートホールの音響のお手伝いをした時の経験が役に立ちました。
やればどんどん深みにはまって行きそうなので、どこかで妥協しないといけませんね。
でも、もう少しだけ掘り下げてみたいところです。

投稿: けいあん | 2017年4月15日 (土) 21時37分

こんばんは~♪
今回の木目調もイイですねぇー(゚▽゚*)
どんな色に仕上げるのかと気になってたんですよぅー
時期的にオープンな場所での作業が無理ですもんねぇーflair
思い通りの木目調に仕上がって、良かったねwink
音が綺麗に聞こえる空間に合わせて、スピーカーを作るって凄いsign01
以前、1枚のレコードをジャズ喫茶2店舗のスピーカーで聞いたことがあります。全く違った音でビックリ仰天(>_<)
けいあんさんの作ったスピーカーで聞いたみたいですぅーcd

投稿: tuba姐 | 2017年4月15日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウッドコーンスピーカー 共鳴式ボックスの試作 その2 | トップページ | AFAグライダークラブ ミニ通信20170402 ~ 2017準備開始 »