« 謹賀新年 初夢? | トップページ | スピーカーの特性を調べる ”MySpeaker” »

2017年1月 6日 (金)

スピーカーの修理 Aurex SS-730s

スピーカーの修理 Aurex SS-730s

我が家の標準スピーカーが時々ガリガリ、プツプツ
この年末年始に頻繁に聴いていると更に症状悪化です。
意を決して修理に取り掛かります。

1977年製 今から40年前 オーディオ全盛時代のものです。Aurex SS-730s
ホーン型ツイーターはメーカの自信作の逸品です。

これが我が家に来た時にも気が付いたので、その時は色々やったのですが、結局うまくいかずに諦めていたものでした。
今回再チャレンジです。

01p1050249_2

不調の原因はホーン型ツイーターのレベルコントロールのアッテネータがだめなのですが、これを点検するための作業です。

02p1050256

まずは作業入り口の確保です。
30cmウーファーの取り付け金具を外してもボックスとユニットが固着してます。
ここまでは前回もやりました。
多少の傷跡は許してください。金具の陰に隠れて普段見えないところならと、思い切って小さなドライバーでこじ開けます。
中々取れません、しぶといです。

やっと取れました。

03p1050245

次にアッテネータを外します。これには10mmのボックスレンチがドンピシャ

04p1050238

中を開けてびっくり 真っ黒に汚れています
アルコールで清掃しますが、完全に汚れは取り切れません。

05p1050239

06p1050243

次に接点復活剤の登場!

07p1050247

ここで仮組して音出しします。可なり改善しましたが、不安は残ります。
これ以上は良くならないのは承知の上の作業です。

本組しますが、その前にウーファーの配線の接続端子も緩くなっていましたので、きつくしてから繋ぎます。
これで大丈夫でしょう。

早速音出し、中高音域のレベルコントロールがスムーズに効いて非常に調子がいいです。
今まではところどころでしか音が出ませんでしたので、好みのレベルが選べないまま使っていたのです。
しかし、これで完ぺきではありませんでした。
大音量を出すとその振動でガリ プツ と成ります。

やはり近い内に部品交換しかありません。
ネットで同等品が見つかりました。8オーム 耐入力100W 
コイズミ無線サイトでは↓

http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=10036

08fostexr80b

直ぐには無く成らない部品なのも分かり一安心!

あとは部品を手配するだけです。

↓中音量なら全く支障ありません。これで老兵の復活です。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

|

« 謹賀新年 初夢? | トップページ | スピーカーの特性を調べる ”MySpeaker” »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
おっはよう~!
スピーカーは埃も影響あるけど、一番苦手なのは湿気ですね
これで今回のアッテネータなどはダメージを受けますが、酷い時には中の吸音材(綿のようなもの)がカビてしまい音が出る度にいやな匂いが出る時があります。こうなったら大変です。
でも、これはまだ保管状態が良いほうだったので今でも現役ですね。

投稿: けいあん | 2017年1月 9日 (月) 08時32分

分解⇒修理⇒組み立てsign02
ほぅ~‼
スピーカーって、こうなっているのですねぇー♪
ほこりも音の敵ですか?
シッカリ密閉されているようでも汚れるもんですね( ̄○ ̄;)!
40年愛着のスピーカーが本当によみがえるのも間近ですねーnoteshine

どんな音なんだろう~
聞いてみたいなぁ~o(*^▽^*)onote

投稿: tuba姐 | 2017年1月 8日 (日) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年 初夢? | トップページ | スピーカーの特性を調べる ”MySpeaker” »