« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

HONDAビート ECU電界コンデンサ交換

HONDAビート ECU電界コンデンサ交換

10月28日(金曜日)曇り 気温5℃

10日程前に降った初雪もすっかり融けてやれやれ!
でも今年の冬到来は早くなりそうな予感がします
そろそろ冬支度の開始です
裏の家庭菜園の片づけが済んだので、次は夏の間楽しんだ”通称四輪バイク”HONDAのビートの番です。
朝方の雨もあがり道路も乾いて来ましたので、今年最後のひとっ走りに行こうと暖気運転
数分後車に乗り込もうとしたとき、計器盤の警告灯にびっくり!
いつの間にか黄色の”チェックランプ”が点灯しています。

01p1050141

でも、エンジンの回転数も安定しています。軽く自宅周りを走行してみましたが問題なし。
そこで車載のメンテナンスマニアルを調べると、「専門家による点検や修理が必要」とのこと。
一寸待った!。ディーラーに持ち込む前に自力で少し知らべてみます。

エンジンルーム内のサービスチェック用カプラを使って確認。
表示は変わらず チェックランプ点灯しっぱなし。

すると一番疑うところはECU本体?
早速 作業開始。
以前にもECUの予防点検をしたことありますので、迷わず進めます。

前回の記事⇒http://ja8dni.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/honda-beat-ecu-.html

助手席のシートを外します。
背面にあるライセンス入れのボックスを外します。

02p1050143_2

内貼りを外すとECUの箱が現われました。

04p1050144

中を開けてみます。やっぱり。

03p1050145

電界コンデンサC4の足元に液が漏れた後を発見。これが原因だと確信?

数年前に点検した後、念のため電解コンデンサ一式を入手していましたので、半田コテと半田吸取り線で慎重に作業します。

05p1050147

ついでに他5個のコンデンサも予防交換しておきます。
一般的に電界コンデンサの寿命は10年と言われています。この車25年経過してますので良くもった方です。
ちまたでは10年ほど前から多くのビートオーナーから同様な指摘がなされていました。

作業完了。

06p1050154

夜も更けて来ましたので、この続きは明日とします。

10月29日(土曜日)雨のち曇りのち雪

一夜明け、薄暗い朝です。8時の気温は2℃ 寒い
いよいよ作業開始。

まずはECUを仮り付けして確認

ん! 結果は昨日と同じ チェックランプ点灯のまま
昨日同様にサービスチェック用のカプラを短絡してみます。

07p1050158

残念。詳細情報の点滅もありません。やっぱり点灯のまま

今回はECUの電界コンデンサの交換ですべて解決と自信があったのですが・・・

推定故障個所をもう一度整理してみると
1.サービスチェック用カプラ配線の短絡または断線
2.ECUへの電源供給ラインの断線
3.コンビネーションメータまたは警告灯配線の短絡
4.センサ系電源供給ラインの短絡
5.ECUの故障

上記の2項は考えにくい では??

これ以上はやっぱり専門家でないとダメ?
そこでのディーラーに行くことにしました。

ECUの詳細情報を調べるテスターを使えば更に詳しく分かるようです。
しかし、最近は特にサービス工場は立て込んいて、最短で一週間後でないとできません。
それでも、来シーズンに持ち越しよりはましと思い予約しました。

ただ、その時に雪が降っていなければいいのですが!
何せ夏タイヤしか履いていませんので!

そして、先ほどから降り出した雪snowで一面真っ白になりました。

↓何かと手間がかかる遊び道具ですが一段と愛着が湧いてきました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年10月24日 (月)

来た~~もう冬!

来た~~もう冬snow

10月24日(月曜日)雨のち雪

今年の初雪は先日20日の夜でしたが、その時は”さらっ”と降っただけでしたので、明けた朝には融けてあまり残っていませんでした。

そんな訳で感動もありませんでしたが、あれから4日後の今日は昼ごろからみぞれが雪に変わり3時間後にはご覧通り真っ白。
まだべちゃべちゃで車が通った後は見事な轍が残ります。

01p1050126

まだ、自分の車は夏タイヤのまま いつ交換しようかな?
実は全天候タイヤなので多少の雪なら結構走れるので、待て!待て!
そして、家の周りの冬したくもこれからです。

数日後には融けてしまうでしょうから・・・

でも、ひとつだけ晴れ間を見つけて無事終わったのがこれ。何とか間に合いました。

02p1050129

黒大豆の収穫を済ませました。今年も豊作です。
乾燥不足なのでこのままの状態で部屋干し中です。

↓何か新しいレシピ無いかな?アイデア募集中!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年10月21日 (金)

リベンジ紅葉ライド  白金・十勝岳方面

10月19日 (水曜日)晴れ  リベンジ紅葉ライド 白金・十勝岳方面

先日の紅葉目当てのライドは不完全燃焼で終わってしまいましたが、またとないチャンスが巡って来ました。
昨日から天気予報をチェックで<晴れで間違いなし>
ただ、午後から用事がありますのであまり遠出では出来ません。向かうはここしかありません。
勝手に命名した<天空のプラチナロード> 

車に先日と同じ カーボンフレームの3号を積み込みやってきました。
美瑛白金 ビルケの森 
空は快晴 気温はまだ上がりきって居ません。13℃ まだ少し肌寒い感じです。
早速、白金温泉目指して上っていきます。

早く来いよ! 美瑛岳十勝岳が呼んでいるようです。

00p1050103

温泉街を通り過ぎて最初の橋の上からは温泉街が一望できます。

01p1050106

続いて三つ目の橋 美瑛岳 十勝岳がより大きく成って来ました。

02p1050108

03p1050112

望岳台入り口を横目にもう少し上ると、写真を撮っている人がいましたので、
こちらも自転車を止めて記念撮影。

04p1050120

更に前進!
吹上温泉に向う途中、急に膝頭が痛くなり力が入りません。
無理をせず、今日はここで折り返すことにします。
膝を少し冷やし過ぎたそうですね。膝のサポーターを忘れてました。
顔に当たる日差しはぽかぽかと暖かく感じるのですが、ここまで来ると気温は結構低いみたいです。
何時ものこと 冷やすと痛くなる膝なので大丈夫です。

05p1050114

今年の紅葉は一寸元気が無いかな? 黄色が多い見たいです。
景色を堪能した後は降りるだけです。

走り出すと、風が冷たい 
何時もなら踏んで!踏んで!目いっぱい!スピードを上げるのですが、とにかく寒い
結局、終始ブレーキを掛けながらゆっくり降りて来ました。

出発地点のビルケの森もそこそこ行ける色合い!

06p1050123

時間があまりないので、今日は温泉に入ってゆっくりとはいきません。
ピストンで自宅に戻ります。

↓明日からは大荒れの天気予報 ワンポイントで紅葉ライドを楽しめました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2016年10月19日 (水)

紅葉ライド? 三国峠方面

10月17日 月曜日 曇り 

毎年恒例の紅葉ライドの私だけのポイント。三国峠 凄く気に成ります。
この夏の台風で道路や橋が決壊したため、暫く通行止めと成っていた三国峠が先月末にようやく開通しましたが、紅葉シーズンは過ぎてしまったので期待はしていません。

それでもやっぱり今年中には行ってみたい。峠から糠平方面への降りる道を自転車で走ってみたい。

スケジュールと天気がなかなかシンクロしません。
天気予報をチェックすると曇りの予報 気温も15℃ 

行くなら今しかない。

車にカーボンフレームの3号を積み込み出発
途中、自転車通行帯を発見! この自転車マーク かごが付いている?

01p1050095

暫く行くと層雲峡の入り口付近で真っ赤に燃える岩場を発見 さっそくカメラに収めました。

02p1050098

大雪ダム湖の上流へと向かっていくと開通したばかりの仮橋が目に入ります。こんなにも立派に仮橋がかかり感激です。ご苦労さまです。
また、もう少し行くと数か所の道路がえぐられてしまったところも綺麗に補修されていました。

ほどなくして、三国トンネルを抜け、峠に到着。
なんとトンネルの向こうはパラパラと雨です。降り出したばかりのようです。
駐車場に車を止め暫く様子見 次第に雨脚が強く成って来ました。そして風も強い。
周りは紅葉シーズンを通り越しもう落葉の時期
 
気温 9℃ 結構寒い!
しまった。今日は寒さ対策が不十分でした。
外に出ると膝が痛くなるほど冷たさがしみます。
結局、自転車は断念  <そのため写真も無しです>

 
峠の茶屋であったかい珈琲をいただいて今日は帰ることにします。
お店の人の話では雪が2回も降ったそうです。
そして今年の紅葉は黄色と茶色でした。モミジはあまり元気が無かったようです。

帰る途中には温泉街もあるのですが今日は入浴の用意もしてません。
ピストンで帰ります。

↓これじゃ不完全燃焼です。近いうちにリベンジだ!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年10月15日 (土)

初の霜柱を観測

10月15日(土曜日)晴れ 

昨夜から急に気温が下がりました。
それを吹き飛ばすかのように今、プロ野球界では北海道と福岡が熱い!
もちろん日ハムを応援してますが、福岡で初孫が誕生したこともあり、複雑な気持ちです。
今朝、台所の窓を開けてびっくり、裏の畑はところどころ白く成っています。
そういえば昨夜霜注意報が出ていました!

01p1050089

02p1050092

収穫を忘れられてしまった、しし唐が色鮮やかに輝いていますが…

03p1050094

黒豆は大丈夫だろうか?

04p1050086

ここ最近は雨の日が多く、なかなか乾燥しません。
もう少しもう少しと言ってるうちに霜に当たってしまいました。
今度のお正月は自家栽培の豆で黒豆の逸品を作る予定なのですが、乾かない事には収穫できません。
中はしばれてしまったのでしょうか? 

からっと晴れあがる日が戻ってほしいです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年10月 8日 (土)

山はもう雪!

ここ数日急に寒く成りました。一昨日は峠や山間部では雪の知らせが・・・

今日も日中の最高気温15℃ どんよりした曇り空と冷たい風も

昼過ぎには時々薄日も差し出しましたので、いつものMyトレーニングコースを自転車で走って来ました。
強い向かい風でなかなかスピードが上がりません。
それでも共栄の坂を上り切ったところで、絶景のご褒美です。
一昨日の雪で大雪山連邦の中腹まで真っ白です。

01p1050075

02p1050078

この寒さは11月上旬並みの寒気が入っているためで一時的のようですが、
里の草木もびっくり! まだ秋の準備が出来ていません。

03p1050081

きっと小春日和が戻って来ること期待しています!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2016年10月 3日 (月)

AFAグライダークラブ ミニ通信20161002 ~ 不思議な風

AFAグライダークラブ ミニ通信20161002 ~ 不思議な風
 

 飛ぶこと遊ぶことが大好きな、グライダークラブの活動を
     一会員から見たこと感じたことを気ままに書いています。

10月2日(日曜日)晴れのち曇り 昼ごろから南西の風強し
  

昨日はOさんと明日のフライトに向け、2人で滑走路の草刈です。
やっぱり先輩がいると安心です。最初、デスクモアのエンジンが上手くかかりません。バッ
テリーが弱っているみたいなので、リードするとセル一発でエンジンが目覚めました。
ありがとうございます。
途中、上空を見上げればいい雲がいっぱい 「今日がフライト日なら長時間滞空出来そうだ
ね」と話していました。

一夜明け、今日は?
朝から晴れ上がっています。
しかし、出かけに色々チェックしますが、あまり条件は良くありません。
低気圧通過で午後は風が強くなるのでサーマルは無理かな?

そして、ブリーフィング中にもう風が出て来ました。南西の風12kt  もう?
午前中は正対風でもありウィンチ曳航での離脱高度は皆さん2000ft前後まで上がるもな
かなか滞空できません。

風が更に強くなってきたので少し長めの昼休憩を取ります。

「風は地上ではこれ位の強さだが、上空100mも上がれば2倍も強いと思いなさい!」と

先輩からアドバイス。地上では色々な摩擦で風が弱く成るので、地上の風速だけを参考にしていてはだめ と言うことですね。
どうりで、先ほど着陸のときの接地の直前に風が急に弱く成るのを感じました。これだったの
ですね。

そしてゲストで近郊からお出でのNさん 今日のフライトはいかがでしたか。
またのお越しをお待ちしています。

少し風も弱く成って来ましたので午後の活動再開
午後の一番乗りは 私 もちろん後席には教官がいます。

自然離脱しませんので強制離脱 曳航策のテンションを感じました。離脱2000ft
近くで畑の草焼きをしている煙が目に入りました。さっそく近づいて見ます。
そして上空にはぽっかりといい雲が・・・
案の定、揚がり出しました。教官より「あんな小さな煙でもグライダーが揚がるもんだよ」

風下に流されながらも回転しながら上昇続けます。高度3000ft  もっともっと!
時々+2~3 
久々に4000ftを超えました。 
今度はゆっくり遊覧飛行 ピップスキー場上空を視察 スキーリフトがはっきり確認できま
す。一か月もすれば雪に覆われ真っ白でしょう そろそろスキーの準備もしなければ・・・

高度が落ちて来ましたので、先ほどの上昇帯に戻ります。再び揚がりだしました。

地上からいつものように30分経過の無線(悪魔の降りろコール?)
今日は参加人数も多いのでそろそろ降りようか?とも思いましたが現在3800ft
もう一度4000ftにチャレンジです。 
到達しましたので、高度処理しながら滑空場に向かいます。

地上からは 「地上の風21kt」 2度も連絡来ました。上空ではさほど感じませんが、地上は結構荒れているようです。
いよいよファイナル 向かい風もかなり強い 速度100km ダイブブレーキ半開
更に全開したとき NGコール 「これではショートするので半開に戻して!」

無事接地 強い向かい風もありほぼ発航地点で停止しました。

今日は参加人数も多いのでこの”ASK21”を一人占めはできませんが、それでも52分のフライトでした。
先月の19日以降 1時間以上のフライトがかなり増えてきています。私もこの新しい機体
でようやくロングフライトが味わえました。もちろん後席の教官のサポートがあったからですよ。

でもこんなにも風が強い日でもサーマルがあるんだ? 
誰かが「ウェーブじゃないの!」
でも上空にはレンズ雲は全くありませんでした。

自宅に戻り今日の気象条件をもう一度確認

天気図

Spas_2016100212

BLMapを見るとやっぱりです。

2

Photo

暑寒別岳の上空には風の振動があります(850hPa)真っ赤ではないのでさほど強くはないですが、そしてそれが当麻上空まで伸びています。5波目

念のため、昨日の北海道のフライト掲示板の滝川の記事をみると、ブルーウェーブが出ていたとのこと

http://8209.teacup.com/hsa/bbs

もしかしたら・・・

地上の草焼き? 地面の温度差からのサーマル? そしてレンズ雲などはなく目では確認しにくいブルーウェーブ?

↓はたして、今回の上昇は何の影響だったでしょうか?

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »