« 魅力的なウッドコーンスピーカー 製作編その2 | トップページ | たびだち »

2016年3月29日 (火)

魅力的なウッドコーンスピーカー 完成です!

魅力的なウッドコーンスピーカー 完成です!

ここ最近は春を思わせる陽気です。まだまだ雪が残っていますが雪解けは確実に進んでいます。
しかし、自転車シーズン? とは行きませんので自宅で作業です。

前回の時点ではスピーカーボックスの塗装は夏の暖かく成ってから行うつもりでいましたが、待ち切れず決行です。でも屋外では無理なので室内でと考えた時スプレーでの吹き付けは不可能です。やはり刷毛塗りしかありません。と成れば使う塗料はこれ!
油性ニス(ウレタン)これなら比較的刷毛のあとが出にくいと思いますのでこれに決定。
色はオールナット風を選択。

オイルステンで着色してクリアニスと言う方法も検討しましたが木材がMDFで顔料が上手く浸透しないことが分かり断念しています。

ここで今までの作業を振り返って見ますと

・製作編その1 はこちら

・製作編その2 はこちら

01p1040693

ニスの刷毛塗りは側面だと塗料が垂れてしまいますので、常に平面しか出来ず、一面終われば30分待ち少し固まったところで横にしてまた一面、次にもう一面。
ここで完全硬化迄3時間待ちます。
ここから先程の要領で別の三面を塗って行きます。
結局1回塗るのに一日掛かる作業に成ってしまいました。

02p1040694

3回塗り終ったところでサンドペーパー(#400)で下地を作ります。
ここからが本塗りの作業。
正面は4回 他の面はそれぞれ2回塗って塗装作業は終了。

ここまでで述べ6日間掛かりましたが未だ序の口。ピアノ等の楽器は16回ほど塗り重ねていると聞きます。

次は塗装面の面だしです。
これは実機グライダーの塗装面の面だし作業で習得したノウハウを応用して見ました。
サンドペーパー #600⇒ #800⇒ #1000⇒ #1500⇒ #2000
強く掛け過ぎると折角塗った塗装を全部削ってしまうことになるので軽くやさしく慎重にサンドペーパーを掛けて行きます。やはりもう少し厚く塗った方が良かったかな思います。最初の色に比べ少し薄く成って来ましたのでこのあたりが潮時です。ここで作業終了。

次はコンパウンドで磨きです。
#3000⇒ 超微粒子(約#6000)⇒ 鏡面仕上げ(#9800)
もうピカピカです。
自分の乗用車以上に輝いています。面だしもばっちり!

04p1040707

箱の完成です。

テーブルの上に並べてしばし感激に浸ってしまいました。
オールナット風と言うよりも期せずして”珈琲ブラウン色”に成ってしまいました。 

ここでお気に入りの珈琲を淹れて一息です。

06p1040716

いよいよユニットの組み込みです。
吸音材をいれて、後部パネルにターミナルを取り付け、最後にウッドコーンスピーカユニット(DCU-F131W)をネジ止めします。

出来ました。見てよし!聴いてよし!のウッドコーンスピーカーの完成で~~す。 

07p1040719

早速♪音楽を流してみます。 ここで最初に聴く音楽は! MILES DAVIS Kind of Blue ~

非常に透明感のある音色で以前より引き締まったように感じます。補強材の効果が出ているようです。

暫くは少し大音量でエージングです。更に落ち着いた音に成るでしょう。
今後が楽しみです。

今回は塗りを楽しみながら、この次に予定している食卓テーブルの再塗装の予行演習も兼ねていました。そして刷毛塗りでも十分いける感触を掴めました。

03p1040696

ただこれを外に持ち出すにも一苦労 90×160cm  たぶんかなり重いだろうし・・・

この塗装も室内でやって見ようかな? 匂いは我慢できるかな?

↓今回の塗装はヴィオリン等の木製楽器の塗装を狙って見ました。ミッション成功!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

|

« 魅力的なウッドコーンスピーカー 製作編その2 | トップページ | たびだち »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
ありがとうございます
良いでしょう! 自己満足に浸っています
箱がピカピカだと音にも輝きが出て来るみたいな錯覚をしてしまいます。
そうそう室内がスピーカに映り込んでますね。狙い通りに出来ました。でも塗装の仕上げは100点満点とは行きません。
細かい傷や凹凸が少し気に成りますが兎に角鏡面仕上げのコツはしっかりつかみましたので、次回作に期待してください。
テーブルも2台ありますのでまずは小さいもので試してからメインテーブルに取り掛かろうかなと考えてます。

投稿: けいあん | 2016年3月31日 (木) 09時17分

完成!おめでとぉ~note
深みの有るイイ色に仕上がりましたねぇ~
ピカピカshine、スピーカの側面が鏡のように、何かを写し出してますよぅー
音響も申し分無いようで・・・聴いてみたいな♪
聴けないのが残念だわぁーbearing

次は、テーブルのニス塗りw(゚o゚)w sign01

投稿: tuba姐 | 2016年3月30日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魅力的なウッドコーンスピーカー 製作編その2 | トップページ | たびだち »