« 氷の華が咲きました! | トップページ | アップグレード第二弾 ~ 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その6 »

2015年12月 8日 (火)

金星探査機「あかつき」周回軌道再投入のため姿勢制御用エンジン噴射完了

12月7日 金星探査機「あかつき」周回軌道再投入のため姿勢制御用エンジン噴射完了

Pct_main_akatsuki
<写真 JAXA提供>

長かった 兎に角、おめでとうございます。

5年前の12月7日の今日 金星の周回軌道に失敗しましたが、不幸中の幸いで太陽を203日で回る周回軌道に入りました。
原因は軌道制御用のエンジンが壊れてしまい12分噴射の予定が2分で止まってしまった様です。
しかし、あきらめない、「チャンスはある!」と関係者は今日の日を待ち望んでいたようです。
金星が太陽を回る公転周期は225日なのでもう一度探査機「あかつき」と金星が最接近する日があれから5年後の今日でした。

5年と言えばこのミッションの始まる時の探査機の平均耐用年数が5.5年と設計されているようですから、いつ壊れても不思議でない状態。
でも、最近のチェックでは、最初に壊れた軌道制御エンジン以外は殆ど正常に可動しているようです。
それでも金星の周回軌道に入るには本来であれば軌道制御の大きいエンジンを使うのですが、壊れてしまってるので、姿勢制御用の小型エンジンを使って周回軌道に入れるというもの。
こんなこと世界でも例がありません。このエンジンも燃料が限られているため全部使い切ることはできません。今後探査機が観測を続けるために時々噴射して姿勢を制御しなければなりませんので先のことも考えて使わなければなりません。

そうして関係者たちの知恵の結集が導き出した答えがこれ!

11月時点では金星の前を移動しているが、12月1日頃から周回軌道の関係から金星より速度が落ちるので徐々に金星が近づき「あかつき」を追い越してしまう。この瞬間に減速噴射を行い金星の後ろに回み金星軌道に入れる作戦です。綿密に計算された結果です。そのため最小限の軌道修正で済みますので20分間の噴射。
真に省エネ。もちろん今後の姿勢制御の分も僅かではありますが残してあります。

ただし、上手く行ったとしても5年前の軌道とは若干違ってはいます。最接近地点で5年前計画では300km ですが今回は500km と少し遠く成りました。でも、搭載カメラの解像度もかなり高いので充分データの収集が可能でしょう。

噴射は計画通りに進みましたが金星の周回軌道に入ったかどうかは、あと2日間細かいデータを分析しないとならないので、楽しみはもう少し取って置きましょう。

ps 12月9日18:00発表 予定通り金星周回軌道に投入成功 重ねておめでとうございます。そして最接近距離が400kmと思いの外減速が効いた様です。暗闇の中で針の穴に糸を通す様な物。何万通りの中から見つけた唯一の答え!。本当に科学は正しいことを立証した瞬間です。凄い!。12/9 21:00記

決してあきらめない。あの”奇跡の帰還~はやぶさ”と似たドラマの様です。

あかつき 特設ページ がありますので詳しくはこちらを見てください。
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/akatsuki/compile/index.shtml#s01

豆知識 この12月1日頃から周回軌道の関係から速度が落ちる原理は、サイエンスボランティア活動しています旭川市科学館の「星の回転運動」コーナーで体験することが出来ます。ケプラーの第2法則ですね。

先日のはやぶさ2のスイングバイ 冥王星探査機のニュー・ホライズンズからの高解像度画像受信など何かと宇宙関連の話しが多くて嬉しいか限りです。

そして、もうひとつ、
先日の11月29日(日曜日)旭川市科学館にて 
国立天文台副台長 の渡部潤一さんの講演会に行ってきました。
新しい太陽系 冥王星が落選した話 笑いあり、面白く楽しいひと時を過ごせました。
終了後、書籍の販売もありましたのでしっかりサインも戴いできました。

P1040528

 

P1040555_3  P1040554_3

↓遥かなる宇宙に心ときめいています! 

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

|

« 氷の華が咲きました! | トップページ | アップグレード第二弾 ~ 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その6 »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
本当に凄いことですよね。「決して諦めない」日本のJAXAだから成し遂げたのかも知れません。
「こんな前例作らないで欲しい」とNASAが言ってるみたいですよ。
まだまだ”あかつき”のミッションは始まったばかりです。
金星の雲の動き(スーパーローテイション)を時間軸で解析するのは世界初、必ず達成してくれること期待しています。
本格解析は試験運用を終えて来年4月からなので、tubaさんも応援してください。

投稿: けいあん | 2015年12月10日 (木) 07時19分

金星探査機「あかつき」のこと、初めて知りました。
リンクを張っていただいたので、少しづつ分かってきたところです。
失った軌道突入を5年も待ち続け、再チャレンジで成功! どれだけ凄いことでしょうか!?
“はやぶさ”のように映画化されたらイイなぁー。

投稿: tuba姐 | 2015年12月10日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 氷の華が咲きました! | トップページ | アップグレード第二弾 ~ 自作スピーカー FOSTEX P1000K×4 その6 »