« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

AFAグライダークラブ ミニ通信20150830

AFAグライダークラブ ミニ通信20150830
 
  飛ぶこと遊ぶことが大好きな、グライダークラブの活動を
     一会員から見たこと感じたことを気ままに書いています。

8月30日(日曜日) 晴れ 微風 最高気温26℃

慌ただしかった8月はもう直ぐ終り、ようやく一段落しましたので久々のグライダー活動に復帰です。
正確には先日の週中に機体整備には行ってますが・・・

行く前に少し調べて見ました。
今シーズンから利用開始に成ったRASP BLIPMAP (BLMAP)ですが、まだまだ使い方が理解出来ていません。先日先輩に教わったことを思い出し、今日のフライトコンディションを調べました。

先ず、SurfaceWind
北海道の北と南から弱い風が吹き込んで中央部では風向き不定の状態。これが強ければぶつかり合いによる集束風(コンバージェンス)で上昇気流の発生があるのですが本日はNG 期待できません。

Sfc_wind

SfcWind 1300予測

もうひとつエマグラム、私たちの当麻滑空場の風向きと雲の発生予測は?
午後から徐々に上空1500m付近で雲が増えてきて、風も回転するように変わっていくのが予測されます。

Touma1100

↑Sounding 1100予測

Touma1500

↑Sounding 1500予測

そして、予備知識を頭に入れ滑空場に到着。一足早く昨夜から泊り組のYsさんが準備を初めていました。
さて、今日の風向きは? それによって発航場所を北側R/W23にするか南側R/W05にするか迷います。
特に今日は難しい風向き予報ですね。結局、気象予想士?ことYsさんの決断で北側R
/W23に決定!

ブリーフィング後順番にウィンチ曳航WTで皆さん揚がって行きますが、無風状態に近いので離脱高度も充分とれません。飛行中上昇気流もなく殆どの人が4分で着陸。


いよいよ私の番 やはり緊張します。やることを一つひとつ確認していきます。
教官からは「頭では忘れていても案外身体は覚えているもんだよ!」と励まされてしまいまいました。そのお陰でしょうか?概ね上手くできたと思ったのですが、着陸の時フレアのタイミングが悪く一寸ショックの大きい着陸に成ってしまいました。NG
それと、離陸のとき、尾そりが地面を何回も叩いていたのを指摘されました。自分では全く気づかず機体の横方向ばかり気を使っていて、肝心なことを忘れていました。
まずい!

午後からは風が殆ど無いのでWTではなく航空機曳航ATも使って高高度からのソアリングをすることに成りました。
一番手は私。昨年以来一年ぶりのATです。

曳航中、前を行くファルケの高さとコースに合わせてついて行きます。
そして策をたるませないよう! 「早め早めの修正と無駄舵はしない」
結構難しいです。

離脱後、上昇気流がありそうな雲を目指して、雲の下に入りますが、中々方向感がつかめません。昇降計の針が大きくプラスに振れます。教官の指示で急旋回。
回る回る 機体が気流の力でゆすられますが、それに負けない!と教官から指示が飛びます。今度はお尻が落ち揚げられいつの間にか機体速度が増してます。
「早め早めの当て舵 そして次の予測の舵」 
すこしずつ頭では分かって来たのですが手足が上手く反応してくれません。

まだまだです!
それでも、気が付けば、離脱高度の2600ftまで回復。
そのうちプラスが無くなってきました。ずれてしまったようです。
「風下側に入るように!」
なかなか方向感がつかめません。周りの景色と同時に雲の位置 更に僚機の位置も確認
やることが山積みです。

15時頃に成ると一面雲が出てきました。やはり予想通りです。

そんな中、体験飛行に女性2人が現れ、男ばかりの滑空場もいきなり華やかに成りました。
神奈川県から旅行中に立ち寄ったそうです。

体験飛行を終わりグライダーから降りた時の第一声 「メチャ楽し~い」が印象的でした。Tさん 機会があればまたお立ち寄りください。ありがとうございます。

今日は暫くぶりでしたが、非常に充実したフライトでした。

その後は地上で課外活動です。

01web_p1040268

福ちゃんの愛用自転車 いやエンジンも付いた手作りの原付バイクですね
実際にナンバープレートも取得して、公道も走っている正規の車両
大したもんです。
皆んなで試乗会 夢中でフライト終了後も乗り回していました。

本日のフライト 総20フライト (ファルケのAT4回は除く)
ファルケ:2  ASK13:12  G102:1  Ka6:5
本日のMax G102 13:47-15:32 1+45  4000ft  Ezoさん 

↓久しぶりのグライダーで大空散歩。 気持ちの充電です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年8月23日 (日)

ヒルクライムトレーニング ~ 途中、雨で中断

8月23日(日曜日)sunsunのはずが⇒cloudrain

北海道にしては珍しい暑い夏が過ぎ、最近はすっかり涼しく成りました。
夏バテした身体も徐々に回復の兆しでしょうか?

美瑛センチュリーライド大会もあと1ヶ月を切りました。
正直今年の体調つくりは上手く行ってません。凄く不安。
でも、何とか少しでも上向きにしなければ・・・・

一日目に使う自転車 真赤な旧式なクロモリロードでヒルクライムトレーニングをすることにします。
天気予報をチェックすれば、晴れ晴れ晴れ

向かうはやっぱり美瑛白金から吹上温泉までの”天空のプラチナロード”
ご褒美に露天風呂かな?
車に自転車を積込みスタート地点にやってきました。ビルケの森 インフォメーションセンター前
天気予報が外れたのかな?
空はどんより おまけに”もや”も掛かっています。

「そのうち晴れるだろう!」と思い、兎に角出発。
久々のダブルレバーの感触を確かめながら、若干軽めのギアで・・・
3km位過ぎたところで ギアを全部使い切ってしまいました。後はひたすら42-24で行くしかありません。なかなか両足に力が入りません。
夏バテ回避のため、あまり自転車載っていなかったのがたたってしまいました。

それでも温泉街から望岳台方面へ向かう分岐点まできました。
軽く給水休憩を取ります。
周りは随分とモヤが濃く成り白く成ってきました。路面も濡れています。
途中橋のところまできましたが周りは何も見えません。
視界30mぐらいでしょうか。
道路も宙に浮いているようです。

P1040261

段々”もや”から小雨に変わってきましたので、今日の目的地変更です。
望岳台まで行って引き返すことにします。

そして望岳台に取り付け道路では思わず途中で足を付いてしまいました。小休憩

P1040263

レストハウスは暫く営業していないと思ったら、解体されてしまいます。
さみしいですね。

小雨が相変わらず降っていますので、直ぐ引き返すことにします。
ただ、豪快なダウンヒルとは行きません。水しぶきが跳ね上がりますので、ブレーキブレーキでゆっくり降りてきました。全身びしょ濡れ。寒い!

温泉街まできましたら下界は先ほどの登りの時と同じ、もやだけで道路は乾いています。
兎に角大急ぎで戻ります。漕いで漕いで漕いで!
ほどなく駐車場に到着。走っている間に着ているものは少し乾いて来ましたが、それでも寒い。
トレーニングはここで終了

今日は準備が良く、上下ジャージを持ってきていましたので急いで着換えます。
そして、冷えた身体を温めるため今度は車で白金温泉に戻ります。

先ほど見かけた気に成る温泉宿 ”山辺の家族

家族の文字に引かれてしまいました。
  http://www.yamabenokazoku.com/

無料の吹上温泉の露天風呂は断念しましたが、こちらの湯で温まることにします。
小じんまりした民宿みたいな感じが凄く良いです。
そして”源泉100%完全かけ流し”

露天風呂もありました。時折顔に冷たいものが落ちてきます。未だ小雨が振ってますが気持ちがいいです。紅葉の時期はまた格別でしょうね。
すっかり温まり身体も軽く成って来ました。

P1040264

↓クロモリロードでのトレーニング開始 少し身体が動くように成って来ました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年8月21日 (金)

収穫祭 だ!~ 黒枝豆

遂に収穫の時です

お盆の時期に食べれるようにと例年より10日以上も早く種まきをして、この日を楽しみにしていたのですが、6月・7月の低温が響いて思惑通りにはいきませんでした。

特に今年は普通の枝豆では無く、味が濃厚な黒豆大豆の枝豆です。

最近は大雨の直後、突風が吹いて枝豆の木がバタバタと倒れること3回も有りましたが、その都度起こしてやった甲斐があり、ようやく今日の初収穫を迎えました。

10日ぐらい遅れましたがまずは良しとしましょう。

01p1040260

ざるに一杯採れましたが、まだまだあります。これは僅か五分の一です。

先ずはゆでて普通の枝豆 そして実だけを取り出し炊き込みごはん 残った分はどうしようかな?

ただ今、枝豆をつまみに冷えたビールbeerを飲みながら書いています。最高!

本当に味は濃厚です。そしてアントシアニンがたっぷり!

畑に残った分はそのまま10月ごろまで植えておくと黒く成ります。

そうです、お正月の黒豆そのものです。

今年のおせち料理の黒豆は自家製を使うことに決まりです。

ps 今日の自転車トレーニング中の出来事

目の前をにょろにょろと大きなカタツムリ?が・・・

登り坂を結構ゆっくり走ってましたので、容易に発見。平地だったらそうじゃ無かったかも・・・

04sn3e0429

カメラがありませんでしたので携帯でパチリ そして、大きさを比較するものもありませんでしたので、自転車のライトの単3電池を取り出し並べてみました。

大きい! 

正式な名前分かりませんが、カタツムリでいいのでしょうか?

お盆が過ぎ急に気温が下がって来ましたので、また自転車には打ってつけのシーズン到来です。

↓少しは自転車も乗らないと・・・!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年8月11日 (火)

サイエンスボランティア活動 ~ CC授業2015 飛行機はなぜ飛ぶか?

いよいよコズミックカレッジin旭川2015の開校です。そして一日目の講義を担当しなければなりません。

8月8日(土)sun一日目

先日から入念な準備し、更に大きな教材も沢山あることから、昨日の夕方に搬入を済ませましたので万全です。

進め方は昨年同様ですが、飛行機の歴史ではやっぱりオットーリリエンタールのグライダー模型が活躍しました。

そして、次の飛行機の理論ではベルヌーイの定理を説明するため例の二つの風船で実験しました。狙い通り 分かりやすかったようですね。

それと とっておきのものとは? これです↓

01p8082791

翼のカットモデル

これは実機木製グライダーのもので翼弦1m程も有りますので、翼に発生する揚力を説明する時大きくて分かりやすく、大変重宝しました。

そして皆さん興味津々

飛行機って手作り何ですか? 

これに人が乗れるんですか?

・・・・・

模型と実機を比較しながら解説しました。

飛行機はなぜ飛ぶか? 模型と実機の違いと共通するところ等、 皆さんきっと理解してくれたでしょう。

この後はいよいよゴム動力飛行機の製作に成ります。

ここでメイン講師に交代し、私はサポートに回ります。

02p8082785_2

03p8082808_2

今回用意した機体は上級者用のB級だったため、随分と工程が多く大変でしたが、参加の子供たちは器用な人が多かったこともあり何とか時間内に完成まで漕ぎつけました。

ただ、作業を早めるため工程を変更したことがあだとなり、初飛行では半数の人が主翼の強度不足で真ん中から折れてしまい大変残念でした。

工程変更は失敗でした。 反省です。

もちろん、補修用のパーツも宿題として渡しましたのできっと・・・

ps、私の作った機体はプロペラに問題があり、ゴムを沢山巻くと振動がひどくてうまく回転があがりません。中心の穴の制度が悪いためトラッキングがひどくずれています。昔に比べ作りやすく改良されてますが、精度は落ちてしまってるのが残念です。

8月9日(日)sun二日目

昨日に引き続き今日はモデルロケットの授業です。

参加のメンバーは殆ど入れ替わりましたが、一人だけ昨日の飛行機に続いて今日も参加です。そして、昨日帰ってから壊れた飛行機を修復してもってきてくれました。

嬉しいですね。

少し主翼がねじれていましたので、ひねって見ましたがどうしても矯正できません。そこではがきを小さく切って翼端にタブを付けることを提案しました。

諦めないで直ぐ行動に移す姿 将来が楽しみです。

モデルロケットの講義の始まりですが、私は初めての事でしたので終始サポートに回りましたので気持ちは楽です。

生徒の目線で楽しんでみたいと思います。

01p1040248

30cm程の小さなものですが、燃料はNASAが開発した安全な火薬燃料のエンジンを使います。

ロケット本体が完成したところでエンジンを追加して、重量バランスを取ります。次に重心位置に糸を取り付け、頭の上でくるくると回転させ水平に回ってくれるかの確認です。

これはスイングテストと言ってモデルロケットの安定性を確認する大事なテストです。

02p1040250

さあ~ いよいよ広場に行き発射準備です。

03p1040253

周りに人がいないか確認して

  「発射準備 完了!」

上空を見渡して確認

  「低空飛行物体 なし!」

  「秒読み開始」

  「5・4・3・2・1、点火」

04p1040256

見事発射しました。

燃焼時間 0.32秒 延長時間(噴射終了後から慣性で飛行する時間)3秒 すると今度は逆噴射と同時にパラシュート代わりのリボンが飛び出し落下

100m以上は揚がったでしょう

風に流されながらひらひらと 見事、広場の中に無事落下しました。

期せずしてパチパチパチ 見物の人たちから拍手です。

何といっても、自分のロケットを打ち上げた本人が一番感動しているのではないでしょうか。

キラキラした子供たちの瞳が印象的です。

新しいエンジンに交換し各自3回ずつ発射して本日の授業は終了しました。

↓将来この子供たちの中から宇宙工学に携わる人が出てくるかも・・・

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年8月 6日 (木)

サイエンスボランティア活動 ~ 準備は着々と進んでます!

昨年に引き続き今年も夏休みの特別学級の時期が来ました。
小学高学年~中学生向けに一日目はゴム動力飛行機を作りながら、「飛行機の理論を勉強しよう!」と言うものです。

因みに二日目はロケットの理論とモデルロケットを作りです。こちらも補助することに成りました。

そのコズミックカレッジin旭川まであと2日
内容も昨年より”更に分かりやすくするため”パワーアップし、色々と新しい教材を用意しているところです。

一段落しましたのでその一部を紹介します。

飛行機はなぜ飛ぶかと言えば揚力のお陰ですが、その揚力の説明をするのにベルヌーイの定理は必須です。
「流体の速度が速いところほど、流体による圧力が小さくなる」

それを分かりやすく理解しやすいようにこんな物を作ってみました。
タオルハンガーに二個のゴム風船を吊り下げ固定の糸の一部に輪ゴムを切った糸ゴムを結び付けて、軽くテンションをつけています。

二つ風船の間を勢いよく息を吹きかけると 風船が真ん中に吸い寄せられます。これなら分かりやすいのではと思います。

04p1040243_2

二つ目は飛行機の歴史の説明ですが、飛行機の発明と言うことでは、ライト兄弟が有名ですが、実はそれより12年前のドイツのオットー・リリエンタールの初飛行は忘れてはいけません。

大空を鳥のように飛びたいとの一心から、コウノトリのような形で大きな翼を肩に固定してぶら下がり、丘の上から何千かもテスト飛行を繰り返し1891年には遂に”人類初の空気より重いものが大空を飛ぶことを実現”しています。しかし5年後にはテスト飛行中に強風にあおられて墜落し帰らぬ人と成りましたが、この功績は後世に多大な影響を与えたと言われています。リリエンタールの機体は現在のハンググライダーの様に自由にコントロールできる構造ではありませんでした。

かなり以前購入し未製作のコレクションがありましたので、これは丁度いいやと思いコツコツ作り始めました。骨組が出来たところです。ディスプレイモデルなので飛ばすことはできませんが、仕組みを理解するのには打ってつけです。
リリエンタールが生涯18機製作したうちの7番目のモデルです。

03p1040242

三つ目はやはり子供たちが作るのを指導するだけでなく、自分でも作って見なくてはと思い、何10年ぶりでしょうか? 
今の工作キットは以前のものに比べ随分と作りやすく成っていますね。それでも一部はろうそくの火で竹ひごを曲げて見ました。

組み上がったところで、翼には薄い添付の和紙を張るのですが、もっと薄く軽い台所用品を利用しました。身の回りでこれが一番薄いかも知れません。ミスターパック
厚さ0.01mm 100分の1ミリ 
まだ、試験飛行はしていません。当日子供達と一緒に初飛行を楽しみたいと思います。

01p1040236_2

02p1040238_2

そして、まだまだ教材があります。実機のグライダークラブから”とっておき”のものを借りてきました。そのお披露目は特別授業の当日とします。

それまでお楽しみに!

↓子供たちがどこまで理解してくれるか不安ですが、すこしでも興味を持ってもらえれば嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »