« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

FRP製品造り型抜き成功!~AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編20150731

FRP製品造り型抜き成功!~AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編20150731

飛ぶこと遊ぶことが大好きな、グライダークラブの活動を
一会員から見たこと感じたことを気ままに書いています。

7月29・30日の事

この夏場の熱い時期はFRP処理の硬化時間が短いので作業性が非常にいいです。
6月から始めたこの作業も大詰めに来ています。
それと8月からは他の用事が入っているため、暫くグライダーのフライトや機体整備
が出来なく成るので、先に延ばすか?いや今やるか?と悩んだ結果”今でしょ!”と攻めてみることにします。でも不安もありますが・・・

昨年秋から進めていたASK21の車輪カバーの型抜き作業です。
そして、結果は試作品の型抜きに成功しました。

00p1040225

では昨年の秋からの作業を思い返してみますと

2014年10月 5日の事
2014年11月15日の事
2015年 1月18日の事
2015年 6月27日の事
2015年 7月22日の事 

結構やっていたんですね。いつも型抜きの事が頭から離れませんでした。

出来るかな? やっぱり無理かな? と不安で一杯でした。
レジンと型枠がくっついてしまったら台無しです。それこそ型枠を最初からつくらな
ければならないことに成りますので、凄いプレッシャーです。

事前に6月27日の失敗後、すでに手は打ってあり、新しい剥離剤を手に入れていました。それはPVA ポリビニールアルコール剥離剤

01p1040224

そしてそれと相性にいい固形の剥離剤。

本番に合わせ、自宅で固形剥離剤を塗っては乾かしそしてふき取りを5回処理しました。結局2日掛かりです。

7月30日(水)晴れ 最高気温30℃

そして、本番当日。この日はクラブ代表に特別許可を貰い誰もいないクラブ格納庫で黙々と作業を進めます。天候は晴れ。気温30℃予報。絶好の作業日和です。

先ず、もう一度最後の固形剥離剤を塗りこみ乾燥後ふき取り。
次に登場が今回の救世主 PVA 青い液体です。
型枠の全体にむらなく刷毛で塗って行きます。
テストではスムーズに塗れたのに所々はじいてしまうところがあります。
そうだ乾燥後2度塗りしよう!
全体に塗り上げたところがこれです

02p1040223

PVAを少し厚く塗り過ぎたためか乾燥が遅いです。
ここで早めのお昼休憩を取り、本番に備えます。腹が減っては戦は出来ぬ!

12時
#200番グラスウールを6分割にして型枠に並べ レジンを含浸させていきます。

泣いても笑っても後戻りできません。
全体の含浸が終ったところで、太陽に当てます。太陽の熱と紫外線が硬化の促進剤に
も成ります。

固まるのを待ちます。その間次のグラスウールの切りだしをして待ちますが、暑いせいか非常に早く固まりました。


14時
二回目の#200番グラスウールを並べて行きます。今度は4分割でもいけそうです
。だんだん要領が良く成ってきました。
2枚のシートまとめて貼り付けることも考えましたが、極力、空気が中に残らないよ
うにするには1枚1枚地味に進める方が間違いありません。

また、真空引きも考え前日夜に、90リットルごみ袋掃除機の吸引を使って試験しましたが、今回の様に形状が複雑な場合、吸引用のビニールのしわがどうしても出てしまい反って悪い結果を招くと思い真空ひきは断念しました。


16時
ここで少し早いかなと思いつつも、製品が柔らかい内の方が型から外しやすいと考え
、いよいよ型から分離せします。


最初、端の方に爪を掛けるとスルスルと剥がれて行きます。やった!
しかし真ん中以降一向に外れません。
やっぱり不安的中 待て待て 今度は真ん中から攻めます
ビクともしません。これが問題だ! 力いっぱい真ん中をおしていくと一か所動き出
しました。今度は剥がれた外側を持って力一杯ひっぱります。少しずつ進んでいるかな? その時製品にひっぱり過ぎかのかピシっといって白い筋が入ってしまいました

兎に角一回目は試作品だから多少のことは大目に見てと・・・
何度か繰り返しているうちにようやく外れました。

やった~! やった~!

03p1040226

めちゃめちゃ感動です。

白い筋も大したことありません。このまま製品に出来そうです。

16時30分
3層目のグラスファイバーを貼り付け。そしてレジンを含浸

今日の作業はここまでとして、続きは明日とします。

7月30日(木)曇り時々雨 最高25℃

9時
昨日の続きで4層目のグラスファイバーを貼り付け、そして含浸
型抜きが終ったと言え、未だ製品が全体が完全に固まるまでは軽く型に戻して置きま
す。型崩れ防止ですね。
どんより曇り空ですがそれでもレジンの硬化を早めるため、外に持ち出して日に当て
て30分も経たないうちにパラパラと雨が来てしまいました。
洗濯物を取り込むようなものです。慌てて格納庫に入れます。大丈夫です。

そのうち、クラブ代表が到着。
出来上がった製品を見て感激しきり。
「良くできたね。随分と長く苦労してみたいだったからね」
「このまま使えるから、当初の目的達成だよ」

苦労がようやく報われた瞬間です。

13時
レジンもかなり固く成りましたので、午後からは綺麗に成型していきます。
実際の寸法よりは2mm程大き目に裁断し、実際の機体と現物合わせで最終成型して
いきますので、今日はざっと裁断。
その後、PVA剥離剤を水で洗い流して完了です。

04p1040227

今後同じ要領で2枚3枚と製品を取り出すため、一部型枠の修正をしなければ成らないようです。特に内側の部分。
外す時きつかった理由が分かりました。パテも一緒に剥がれています。
この部分はかなり気を使って修正したのですがまだ甘かったようです。垂直でなく少
しテーパを付けるくらいの修正が必要でしょう。

06p1040231

 

07p1040232

PS
ようやく懸案事項も解決し、久々の心身共に休養日そしてリフレッシュ
少し遅い自転車の朝練 途中で雨が降り出したので10km地点で折り返します。
殆ど濡れずにいい汗をかきました。
いつもの珈琲豆を挽き、淹れたての珈琲をすすりながら、アナログ盤に針を下ろしま
した。

08p1040234

モノラル盤 GROOVY THE RED GARLAND TRIO
至福のひと時です。

8月はボランティア月間 暫くグライダーはお預けです!

↓FRP型抜き作業の救世主 PVAは本当にありがたい製品です!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年7月27日 (月)

第29回当麻スカイスポーツフェスタ2015~AFAグライダークラブ ミニ通信

第29回当麻スカイスポーツフェスタ2015~AFAグライダークラブ ミニ通信 
飛ぶこと遊ぶことが大好きな、グライダークラブの活動を
一会員から見たこと感じたことを気ままに書いています。
7月26日 (日曜日) 曇り後雨
数日前から少しずつ準備をして昨日テントの設営も完了
いよいよイベントの朝を迎えました
空はどんより低い雲が全天を覆っています。天気予報では午後から雨 所によっては強く降るみたいです。
そして、早朝少しの雨が降ったのでしょうか まだ足元は濡れています。
でも、今日のイベントは午前中だけならいけるでしょう!
そして、今日は一つ大役を仰せつかってしまいました。もう緊張が始まっています。
現在7時30分 一足早くラジコンの人たちは集まって来ています。
まずは自分たちの機体の4機を格納庫から出し、駐機場に移動します。
今日ばかりはいつもの練習機ASK13は展示に成りますので、展示場所にセット。

01p1040210

開演まで30分前 モーターパラグライダーの皆さんのテストフライトが始まりました。
風は弱いのですが南西風 滑走路に対して真横です。皆さん苦労しています。
そのため離陸の場所を変更して滑走路に直角の方角で離陸を開始しました。
今度は上手くセイルが開いて一人二人と大空に揚がって行きます。
しかし、生憎の雨雲がびっしりです。

03p1040211

04p1040213

9時、いよいよ開演。パラグライダーのデモフライトから始まりました。3機が同時に離陸していきます。
でも私の出番は9時30分からなので、パラグライダーを観戦する余裕等ありません。本部席で待機します。
9時30分
いよいよ、私たちグライダークラブのデモフライトの時間です。
今日はデモフライトに合わせて解説をしなければなりません。
少し元気よく、場を盛り上げてみよう!
滑走路R/W23のスタート地点にはモーターグライダーのSF25C・ロータックスファルケとグローブ式のG102がスタンバイしています。
無線通信を聴きながらタイミングを測って、先ず本部席のBGMをOFFにします。 
「皆さん おはようございます。これから私たちグライダークラブ会員によるデモフライト開始いたします」
「滑走路右手 600メートル先に注目して下さい」
「機体説明 パイロット説明 ・・・」
モーターグライダーに曳航されG102静かに離陸開始しました。
「更に機体説明・・・ 曳航方法や離脱高度等々・・・」
途中、自分のおしゃべり途中に無線が入りますのでそれの聞き取りと解説
このタイミングって結構難しいですね
かえってあまりおしゃべりしない方がいいのかな?
また、曳航を続けています。約10分 結構長いですね
用意していた、お話するネタが無くなってしまいました。一瞬沈黙
やばい、冷や汗です。
「ゆっくり2機の飛んでる姿を確認してください」
やっと気持ちの余裕が戻って来ました。これで良いんだ!良いんだ!
”離脱用意”の無線が入ります。
 
「これから2機が離れます。前を行くモーターグライダーのロータックスファルケは左下降旋回、後ろのグライダーG102は右上昇旋回します。確認してください」
高度2800Ft 予定より300Ftも高い  地上との高低差約670m
「今日の主役グライダーの演技スタートです」
無線から”レージーエイト”
「これからレージーエイトを行います。レージーとはだらだらしたとか、緩慢なとか言いますが、一時として直性や水平飛行はありません・・・ スムーズに綺麗にパターンを描くにはかなり難しい演技に成ります。・・・・」
「次は何を見せてくれるのでしょうか?」
無線から”かなり高度が有るので、スピン初動 右翼から”
「初期の失速をデモします。機体は限界を超えたとき失速に入ることが有りますがその時も冷静に機体を修正して通常の飛行姿勢に戻すことを、日ごろ訓練しています」
解説を間違ってしまい”錐もみ”の説明を忘れてしまいました。
続いて無線から”ダイナミックストール”のコール
「失礼しました。これが失速です。・・・・」
「次はローパスです。滑走路上を低空で通過します。機体の風切音にご注目ください」
「時速200Km」
「続いて上昇反転後 ファイナルです」
「滑走路に向かって着陸進入しました。・・着陸です」
「速度を残したまま駐機場に向かっています」
「只今、停止しました」
「皆さん、パイロットに大きな拍手をお願いいたします」
「これで、私たちグライダークラブのデモフライトを終了いたします」

06p1040056

《↑右側の機体が今日の主役 グローブG102 2015.05.03撮影》
私の役目は終わりました。少しミスはあったけど概ねOKかな?
エネルギーを使い果たし、暫く放心状態です。
近くに居た先輩から ”凄く良かったよ!演技とシンクロした良い解説でしたよ!”
とお褒めの言葉を頂きました。一安心です。
本部席が手薄とのことでそのまま居残りでお手伝いをすることに成りました。
モーターグライダーの体験搭乗も順調に進んで行きます。

07p1040221

06p1040218

ラジコンのデモフライトを楽しんだ後は、子供折り紙飛行機大会
全然人が来ないな???と思っていたら、開始5分前にぞろぞろと大勢集まってきました。
急きょ、”大人の部門”も作って対応します。
皆さん、思い思いの折り紙飛行機が出来たところで、普段踏み入れることが無理なアスファルト滑走路まで行きます。今日は特別です。
1、2、3 スタート で一斉に飛ばします。
1番2番の人に景品が当たりました。でも、参加賞も立派でしたよ。
午後の部が始まる頃、いよいよ雲行きが怪しく成ってきました。
近くの山の一部が雨でかすんでいます。
急きょプログラムを短縮して、和太鼓の登場です。
和太鼓「鼓楽」皆さんの地響きするような太鼓の演奏に聞き入ります。

08p1040222

「鼓楽」の皆さん ありがとうございます。
それが終る頃 パラパラと・・
良かったです。太鼓が雨で濡れないで済んで一安心です。
遂に雨がやって来ました。
小雨なら平気とラジコンの皆さんのフライトが始まりましたが、中盤以降にはだんだん雨脚が強く成り出しました。
大会長より 「天気が思わしくないので、只今を持ちまして本日のイベントはすべて終了いたします」
その後雨の中のかたずけ作業ですが、満足感でいっぱいのイベントでした。
また来年同じ役が回ってきたら、もう少し上手くできそうです。一寸、自信が付きました。
↓今年のイベントの最後は雨でしたが良い経験が出来ました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

 

| | コメント (2)

2015年7月22日 (水)

FRP製品造りの中間報告~AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編

FRP製品造りの中間報告~AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編

飛ぶこと遊ぶことが大好きな、グライダークラブの活動を
       一会員から見たこと感じたことを気ままに書いています

先月からこつこつと週一回ペースで進めてきました、新しい整備中のグライダーASK21の翼端ドーリーが形に成って来ました。

ここまで来ればやれやれです。ようやくお披露目できるようになりました。

Web03p1040202

現在上下反対に置いていいますので、こちら側が翼下面です。

翼の形に合わせ金具固定部分に木材を埋め込み整形しました。

グラスシート#200 6層で予想以上の強度といい形に出来ました。満足!

この後は車輪に連結する金属角パイプを取り付けて、固定バンドの取り付け、最後に塗装で完成です。目標は2か月後の9月末予定です。

完成イメージは前回も登場した、こんな感じです。

Web0001p1040150

もう一つ進めていたのがこれ

機体を後ろ側から引っ張って移動するときに後部胴体に巻き付ける腹巻みたいなもので、テールドーリーです。

既に先輩がネズミ色の干渉材の取付けを終わらせたところから作業を引き継ぎました。

干渉材や機体にFRPのレジンが付かないようにサランラップをぐるぐる巻きにします。ここまでは順調でしたが、いよいよ1層目のグラスシートを付けるときに色々悩んでしまいました。

平らなところならなんら問題ないのですが、重力に逆らうように胴体の下側はどうする? テープで固定するとテープも一緒に塗り固めてしまうので、上手くない。

悩んだ末の方法は木綿糸でした。これなら目立たないし強度にも影響しないとの事で実行です。

そして2層の処理が完了したところがこれです。

Web01p1040198

↑念のため、写真で見えるガムテープは下地の緩衝材を固定しているものでガラスシートではありません。

完全にレジンが硬化したところで、上下を慎重に切り離します。切りすぎて機体に傷をつけたら大変です。

無事切り離し完了。下側は別の機体に固定し更にグラスを2枚重ね4層にします。

ここまで来れば強度も十分。この後は機体から取りはずして作業台の上で行います。

そして更に#200を2枚重ねて6層まで処理したのがこちら。

Web02p1040200

後はバリを取って整形するだけです。少し大きめに作っていますので、まだまだ削っても大丈夫でしょう。

19日の活動の日、皆さん大空に揚がって楽しんでいるのを傍目に見ながら、格納庫に一人残り綺麗に整形しました。こちらの方が気がかりでしたので・・・・

その時、”FRPなんでも博士”の Iさんがやって色々アドバイスを頂きました。ありがとうございます。

「グラスシートの端が跳ね上がるのは仕方がない事」

「空気が入らないように作るには”真空引き”しかないよ」

ここまで来れば峠を越したも同然。この後は車輪と移動用の金具を取り付ける予定です。

強度も十分以上です。一寸頑丈に造りすぎたかな?

ようやく一段落。予定より速く進んでいます。

次回はいよいよ タイヤハウスの製作に取り掛かることにします。

特に今度のFRP作業は飛行性能に影響しますので、更に重量と強度とバランスを考慮しないといけません。

そして、グラスシートを重ねるときの空気を入らないように綺麗に造るには”真空引き”しかないようです。

複雑な作業なので、もう少し手順を検討してみます。

何せ初めての事なので・・・・

↓FRP製品つくりの魅力に引き込まれそうで、少し面白く成って来ました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年7月 6日 (月)

バイク姫 無事帰還! ~ 3年越しの3度目の正直

7月3日(金)cloud/sunの事

午後一番 娘から突然のメール

「無事にたどりつけたら帰る」

??? 「今日帰って来るの?」  

「そう!」

と言う事はオートバイで走って来るってことだな! と気づきました。

札幌からの出発だとたぶん3時間後の夕方だろうと思い、用事を済ませて自宅に戻るともう既に一台のアメリカンタイプのオートバイが止まってました。

早い! どうも走行途中でメールしたようですね

P1040185

無事、到着でホッとしました。

3年越しの3度目の正直 

実はオートバイの免許を取り、バイクを買って直ぐこちらに帰省途中でバイクが故障。あえなく断念したのが3年前

買う時には「新しいバイクの方が故障も少なく何かと楽だよ!」

とアドバイスしたのですがどうしてのお気に入りのこの車種でなかればダメと、随分と中古車市場を見て歩き遂に手に入れたものです。

兎に角重たい シャーシは750タイプにエンジンは400ccのKAWASAKI バルカン

そして、3度目とは?

先週も出発の前日に「父の日のお祝いにオートバイで帰るよ!」 と連絡来たのですが、出発時点に成り雨模様と低温のため、断念していたものですから、ようやく3度目の正直で実現しました。

やっぱり親子 私の趣味と似るものですね。ちょっぴり嬉しいものです。危ないからやめなさいとはとても言えません。自分も結構スリル満点の事をいつもしてるものですから・・・

今日の晩餐は娘のおごりでした。父の日だからと・・・ 

久々にお寿司をお腹いっぱい頂きました。ご馳走様です。どうもありがとう!

翌朝、バイクの点検とボデーを綺麗に磨くことに成りました。

見上げれば”どんより”の空模様 

燃料タンクやフェンダーはコンパウンドで傷をおとして磨きます#3000 #5000 #8000

仕上げにワックスで磨きあげます。もうピカピカ

続いてマフラーのステンレスの傷を落としバフを掛けます。ここもピカピカ

キャブレター・バッテリ・オイルの点検 点検方法をも伝授!

特に古いガソリンの抜き方は入念に伝授します。  

各部のねじゆるみを確認して、一か所発見 ねじを締めつけて置きます。

ピカピカに成ったバイクにまたがり、雨に当たらない内にと少し早目に戻って行きました。

P1040189

ps、途中渋滞にはまり時間はかかったけれど無事到着したようです。到着するまで心配 やれやれ

↓やっぱり親バカ 子供の成長が凄く嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »