« HONDA ビート リフレッシュ計画始動  | トップページ | 今年もカタクリの花が咲きました!@男山自然公園 »

2015年4月13日 (月)

HONDA ビート リフレッシュ計画 その2 

今日は朝方少し冷えましたがいい天気です。
徐々に気温も上がって来ましたのでゆっくり外仕事をしようと思います。
4月に入ってから春が足踏みしてますので自転車は暫くお休みしてます。
でも、自転車より夢中に成っていることが・・・・・
そうです。HONDAビート(Beat)のリフレッシュ計画です。

頼んでいた部品が届きましたので作業の前処理から始めるとします。

ジャッキアップしタイヤを外します。次にフロントのバンパーも外します。
もちろん、下に潜ったときに間違ってジャッキが下がった時を想定し、馬を取り付けて外したタイヤも車体の下に寝かせておきます。これで万が一に備え万全です。

するとこんな感じ。一寸間抜け顔と言うか、鼻の穴が印象的です。

01p1030992

今日の交換部品は次の赤丸の部品です。

02p20140413img

<↑クリックすると拡大します>

8番が左右で2個 7番が左右で8個 12番が左右2個 11番が左右2個

ではスタビライザーのロアアーム固定部を分解します。

03p1030994

外した部品を組み上げる時に間違わないように綺麗に並べておきます。

05p1030996

黄色の矢印が交換する部品(図面7番)、ブッシュです。
新旧のブッシュを比較のため並べると変形具合が良く分かります。
上側が取り外したブッシュ、一個は完全にアウトです。

06p1030998

次にスタビライザーのフレームとの固定部を分解します。すると交換部品(図面8番)が直ぐ現れますのでここは何も苦労しませんね。

07p1030999

続けていよいよロアアームの根本のところ分解します。写真は撮り忘れましたが、兎に角取り付けボルト17mmが硬い。全身を使ってようやく緩みました。

そして後方固定部のブッシュ(図面12番)を外したところです。右は新しいブッシュ。

08p1040002

前方固定部(図面11番)も交換しようかとトライしましたが、ここは専用の工具が無いと、とても圧入させたブッシュが抜けそうにもありませんのであきらめました。ここだけはプロの整備士に後日お願いすることにします。

でも、見たところそんなに痛んでるようではありませんので、これは急ぐこと無いようです。

今度は逆手順で組んで行きます。このとき左側だけ組んで仮締めしたら、右側が入らないことが判明。左右同じように一緒に組み上げないとだめですね。

今度は大丈夫です。

フロアの17mmボルトの締め付けトルクは100N・mらしいので、350mmの大形レンチで兎に角力一杯締めて行きます。足元ですので走っているときに緩んで外れたら笑い話にもなりません。

最後にバンパーとタイヤを付けて完成です。

ここまで昼休憩15分を入れて述べ4時間もかかりましたが無事終了。

早速、試運転に出発。もちろんオープンエアで・・・・

走り出して直ぐ気が付いたのは少しフロントのばたつきが少し無くなったように感じます。しっとりしてる感じかな?

ただ大きいギャップ越えではフレーム全体が時折きしむ音がしますが、これは旧車ゆえ仕方ないところです。フレームの剛性低下、これは簡単には解決しません。

軽く40kmほどでしたがアップダウン、コーナリングを少しだけ楽しんで試運転は終了。

後日、じっくり確認したいと思います。

ブッシュを交換しフロントの足回りのリフレッシュが完了しました。

↓最近はビートに嵌っています。次はどこをリフレッシュしようかな?

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

|

« HONDA ビート リフレッシュ計画始動  | トップページ | 今年もカタクリの花が咲きました!@男山自然公園 »

Dream50/BEAT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HONDA ビート リフレッシュ計画始動  | トップページ | 今年もカタクリの花が咲きました!@男山自然公園 »