« 合成ルビーをつくろう! @科学探検ひろば2015 | トップページ | FRP製品作りの準備 ~ AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編 »

2015年1月14日 (水)

バッテリーチェッカーを取り付けて一安心

毎日生活で利用しているマイカーのバッテリーが少し心配です

先月は購入後初の3年目の車検を受けたとき、「バッテリーが弱っている」との指摘を受けましたので、一時的なことかなと思い、時々ポータブル充電器で再充電していますがどうも完全には復活しません。
車検時のサービスマンの話しでは「長距離を走る機会が少ない人に良く見かける」とのことで、私もその仲間に入るようです。
それにしてもまだ3年目なのでここで新品に交換はもったいない気がします。まだ、だましだまし使えるような気がしてなりません。
ヘッドライトが暗く成ったり、エンジンがかかり憎く成ったりはしていませんのでまだ軽傷ですが、いずれは交換しなければ・・・

P1030805

P1030807

仕様は55D23L
取りあえず市場調査として、カーショップJXXXへ行ってみることにしました。
お店では80D23Lを進められ価格は23k 
一寸痛い出費です。
お店の方より「こんなものがあるよ」と バッテリーチェッカーを紹介されました。
以前からこんなものが良いなとネット通販をみて、興味を持っていたところです。
迷わず購入です。カードのポイント還元を使いましたので出費は0円

P1030810

早速、車のシガーライターのソケットに取り付けて見ます。

P1030814

ジャストフィット!
キーをエンジンをかける前のACCの位置でバッテリーの診断が出来ます。
現在12.7V 
エンジンをかけてアイドリングで14.4V 2000回転で14.6Vで回転あげても大きな変化はありませんのでオルタネータ(発電機)等は正常に動作しているのは間違いないです。
今後はキーがACCの位置で12.5Vを下回るようであればポータブル充電器で再充電すればいいことに成ります。
車検以降 夜間走行時の信号待ちなど必要ないときはライトOFFや暖房そしてウインドー熱線はあまり使わないようにしていましたが、このチェッカーの電圧を見る限り、その行為はあまり効果が無かったことが分かりました。
この車はライトやヒータ等、電気を沢山使うときは発電機からの供給が多くなる仕組みです。それがこのチェッカーの動きを見ていると良く分かりました。
これで暫くは余計な心配はしなくて済みます。


↓チェッカーで今後のバッテリー交換の計画が立てやすく成りました!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

にほんブログ村

|

« 合成ルビーをつくろう! @科学探検ひろば2015 | トップページ | FRP製品作りの準備 ~ AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編 »

」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
これも趣味の一環です
昔の車は普通に電圧計がダッシュボードについていましたよ
また、操縦訓練の実機グライダーにも付いています
完全にダメになる前にeyeで事前に症状を把握して、予防処置をするために使うようですne。
最近は大半が自動化されているので、車いじりの楽しみが減ってきているのが残念です。

投稿: けいあん | 2015年1月15日 (木) 16時13分

便利なものが有るんですねぇーsign01
全てカーディーラーにお任せです。
ボンネットをはぐっても何もできませんdespair

けいあんさん、凄い!
リスペクトwrench

投稿: tuba姐 | 2015年1月15日 (木) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/58581509

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーチェッカーを取り付けて一安心:

« 合成ルビーをつくろう! @科学探検ひろば2015 | トップページ | FRP製品作りの準備 ~ AFAグライダークラブ ミニ通信 番外編 »