« 確定申告H26は今年も e-Tax で! | トップページ | 格安SIMフリーは? ~ インターネット環境のレベルアップ »

2015年1月29日 (木)

マイナンバー(社会保障・税番号制度)がいよいよ始まります!

先日、市役所の窓口で頂いた資料に目を通していると、中々難しい話ですが以前から噂のあった個人番号制がいよいよ始まるようです。

今年の10月には国民の一人ひとりに番号(12桁)が通知されるとの事です。

現在、住民基本台帳カード(住基カード)がありますが、これを一新して社会保障や税とリンクした一元管理の個人番号が入ったカードが発行され、住民サービスの利便性向上を目指すようです。

このため、今回の確定申告時の電子証明書もこのカードに取り込まれることに成り、次回から手続きが変わるようです。

内閣官房のホームページを見ると↓

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

Img

では、実際にどのような場合に使われるのでしょうか?

Img_0001

児童手当など福祉分野の給付や生活保護の申請にマイナンバーが必要です。課税証明書の添付が不要に成ります(上図 左上)

・厚生年金の資格取得や現況確認、給付に利用。そのほか雇用保険の場合も同様です(上図 右上)

・証券会社からの配当や売却益、保険会社からの一時金などを確定申告時にマイナンバーが必要(上図 左下)

・現在、勤務先での年末調整の人は、本人の他扶養家族のマイナンバーも必要に成ります(上図 右下)

また、この他にも災害対策として、被災者生活再建支援金の支給や被災者台帳の作成事務にも活用されたり、金融機関では顧客管理にも活用されるようです。

これにより、所得を偽って社会保障を受ける様な不正を防止する狙いがある様です。

なお、ICチップの付いた「個人番号カード」はH28年の1月から発行開始ですが、所持したくない場合は拒否も可能です。その場合は今年10月から送付の「通知カード」を提示することでも可能です。ただし、行政事務は手作業に成るため処理に時間がかかるでしょうが・・・

10月には重要な「通知カード」が現在住民票に登録の住所に送付されますので、住所変更された方は早めに住民票の住所変更手続きを済ませておくとよろしいでしょう。

これにより何人も公平な住民サービスが受けられるように成ります。

ただ、心配な事があります。自分の知らないところでマイナンバーを含む個人情報がやり取りされることに成りますが・・・

でも大丈夫みたいですね。

提供は一年遅れのH29年1月からですが、やり取りさせた記録を自宅のPCで確認する事が出来るサービスも始まるようです。それはマイ・ポータル(情報提供等記録開示システム)ですが機能の詳細はまだ検討中のようです。

↓マイナンバーは複雑ですがシニア世代にも必要不可欠ですね!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

|

« 確定申告H26は今年も e-Tax で! | トップページ | 格安SIMフリーは? ~ インターネット環境のレベルアップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/58743696

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー(社会保障・税番号制度)がいよいよ始まります!:

« 確定申告H26は今年も e-Tax で! | トップページ | 格安SIMフリーは? ~ インターネット環境のレベルアップ »