« 清々しい朝練習 ~ 美瑛の大会も近い | トップページ | サイエンスボランティア活動 ~ CC授業 飛行機はなぜ飛ぶか? »

2014年8月 5日 (火)

ヴィンテージグライダーの1/7.5スケールモデルを! P5

 半年以上ご無沙汰していたRCグライダーの製作に取り掛かります。

今回は、昨年の夏に滝川の空で見た78年前のヴィンテージグライダー”ミニモア”のスケールモデル製作の第5段階です。

今までの製作記事は以下の通りです。

第1段階P1 主翼尾翼の生地製作 はこちら

第2段階P2 胴体の生地製作 はこちら

第3段階P3 胴体翼根取付け部製作 はこちら

第4段階P4 主翼の製作 はこちら

各パーツが出来たところでいよいよカバーリングです。

作業前にもう一度実機のイメージを思い出します。翼のリブが透けて見えるようにやってみます。

05p1020102

                <滝川で見た 実機のミニモア>

1、胴体のカバーリング(塗装)

昔風の絹張塗装やシルキーコート(フィルム)貼りも考えましたが、直接塗装にしました。

下地はクリアのラッカーを刷毛塗りした後、缶スプレーのサフェーサを吹きます。

サンドペーパ#400で面だしをした後、一度缶スプレーの白色を吹いてから、もう一度面だしをして、仕上げに更にスプレーを吹いて完了です。

2、主翼、尾翼のカバーリング

これも胴体同様に絹張も考えましたが、重量増を懸念して、少しでも軽く仕上げ飛行性能を重視しました。

半透明のフィルム オラライトのクリアホワイトを使うことにします。

その前に木部のところには前もって白色のラッカーを吹くことにしました。もちろんリブはマスキングで隠します。

01p1030089

白色のパーツが出来ました。

今度はこの上にフィルムをアイロンで貼っていきます。

     02p1030090  <フィルム前>

     03p1030091  <フィルムを張った後>

 

主翼・尾翼のカバーリングが終わりました。

04p1030093

イメージ通りに仕上がっています。

気が付けば箱一杯だった材料がこんなにも少なくなってきました。

05p1030094_2

ついに最終段階です。折角だからコックピットの仕上げも少し考えてみます。

ここまで来たら余裕ですね。あまり焦らず楽しみながらゆっくり進めて行こうと思います。

↓RCグライダーも最終段階、でも初飛行はきっと来年でしょうか?

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

|

« 清々しい朝練習 ~ 美瑛の大会も近い | トップページ | サイエンスボランティア活動 ~ CC授業 飛行機はなぜ飛ぶか? »

RCグライダー」カテゴリの記事

実機グライダー2」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
あらら 膨らんでしまったの? そりゃ大変だ。でも、夢も膨らんだのだから”よし”としましょう。

コックピット製作では、乗務員の場所も大き目に考えないといけないね。

ps これを作りながら、今週末の臨時講師のシナリオ考えてます。
テーマは「飛行機はどうして飛ぶの?」
ボランティア活動の一環ですyo

投稿: けいあん | 2014年8月 7日 (木) 08時41分

スケルトンだった機体が最終段階に入ったのでしょうか!?
フィルムを貼った翼が期待を膨らませてくれますねぇーairplane

そそっ、
アタシも膨らんでしまったので(pig)ダイエットして搭乗しますからvirgo

投稿: tuba姐 | 2014年8月 7日 (木) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/56999306

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィンテージグライダーの1/7.5スケールモデルを! P5:

« 清々しい朝練習 ~ 美瑛の大会も近い | トップページ | サイエンスボランティア活動 ~ CC授業 飛行機はなぜ飛ぶか? »