« 嵐が来る前に! ~ スキー&スノースクート | トップページ | 春スキーとパラグライダー @カムイスキーリンクス »

2014年3月12日 (水)

燃料コックは未使用時OFF? ~ GB250クラブマン

先日の嵐が去り、ここ数日いい天気が続きます。

朝晩まだ冷え込みますがそろそろ春も近い感じがします。
後10日もすれば本格的な雪解けが始まるでしょう。

まだ春には早いですが一寸気になり車庫を覗くと、オートバイGB250クラブマンは未だ冬眠中です。
昨年に冬眠の準備として最終確認した、燃料コックも当然ですがOFFのままです。

01p1020790

この燃料コック、普段も走り終わったら毎回OFFにする習慣に成っていますが、人によっては夏のシーズン中はいつもONのままみたいですね。本当はどっち?

このオートバイの最初のモデルは1983年(昭和58)ですから以来31年もたっています。私のモデルは最終モデルS型 1995年(平成7)ですが、それでも19年目で結構古くなってきました。
そして、この燃料コックは最初から変更はありません。

燃料気化装置にキャブレターを採用し、キャブレターへの燃料供給に自然流下式を用いているオートバイのほとんどは、燃料タンクから燃料供給経路を開閉する燃料コックを備えています。
このオートバイの燃料供給は、燃料タンクをキャブレターよりも高い位置にして、重力によって燃料がキャブレターのフロート室へと運ばれて供給される方式です。
フロート室に溜まったガソリンは駐車中や車庫に保管中にも徐々に揮発して、燃料コックで供給を止めない限り揮発して減少した分だけ次々に供給され続きます。
この状態が続くと燃料を無駄に失うだけでなく、車体周辺の空気中に揮発性の燃料成分をまき散らすことにも成ります。
そして、フロート室には、不揮発成分の燃料が残り、キャブレターの流路を詰まらせる場合もあります。
さらにひどくなるとフロートの上下動に連動し燃料を止めるスピンドルが固着し、燃料が止まらずフロート室からあふれ出し、燃料タンクの大半の燃料が床に流失とも成りかねません。
これに車庫のドア開閉時の何らかの火花による引火で・・など最悪の事態も考えられます。

燃料流失関連記事は 昨年6月3日キャブレターの点検 8日のキャブレターの清掃にありますので参考にしてください。

こうした問題を解消するために、燃料コックを設けて燃料の流出を止めることができるようになっています。
ですから、フォロート式キャブレターのオートバイを扱う時は毎回燃料コックのOFFを行うのが相応しいかと思います。次回のスタートもスムーズにいくこと間違いなしです。

近年発売のオートバイはキャブレターはなくインジェクション方式で電磁ポンプで強制的に燃料を送りますので、こうした心配は無用です。

また、古いオートバイに限らず 芝刈り機械や農業用機械もこのフロート式のキャブレターがまだまだ多く稼働していますので取り扱いには十分注意が必要かと思います。

「燃料コック」について、ウィキペディアを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

↓そろそろ春の準備を始めようかな?  応援のポチリ頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

|

« 嵐が来る前に! ~ スキー&スノースクート | トップページ | 春スキーとパラグライダー @カムイスキーリンクス »

GB250クラブマン」カテゴリの記事

コメント

diamondGrand Zephyrさんへ
そうだったんですね。ありがとうございます。
是非、お気に入りの一台が決まりますように応援しています。
>”自転車にのって大地の風になりたい”
素敵な言葉ですね 

次回ブログ楽しみにしています。

投稿: けいあん | 2014年3月16日 (日) 08時06分

けいあんさんへ

こんばんは、Grand Zephyrです。

最近、バイクに目覚められたのですね。
素晴らしいことだと思います。

風を感じられますものね。 さわやかですよ。
私はメカに極めて弱く折角、スポルティーフを手に入れたのに
パンク修理や分解が苦手なために一度も輪行したことがありません。

家の周りを走るといってもコースにも限界がありますし
家からでるとどこへ行っても暫くは同じ景色ですからね(笑)

実際に乗っていた時も実はスポルティーフの重さに辟易としていました。 
そこへ、友人たちが次々とロードバイクに乗り始め一緒にポタに出ても
置いていかれる場面が頻発(>_<) そのうち彼らはレースにも出る始末。
もともと私が全員、自転車の世界に誘ったんですけどね(^_^;)

もう5年は乗っていませんね。
先日からその友人たちにしまなみ海道に何度も誘われていまして
彼らと行くにはロードしかない! と物色しているわけです。
今、ちまちまと資金を貯めております。

欲しいバイクは次のブログ記事でご紹介したいと思っています。


※P.S KAWASAKIは750 Super4(所謂ZⅡです)に乗っていたきりで
 ゼファーには乗ったことはありません(^_^;)
 Zephyrは自転車にのって大地の風になりたいと言う意味を込めて
 名づけました。

投稿: Grand Zephyr | 2014年3月15日 (土) 18時55分

diamondGrand Zephyrさんへ
おはようございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
若い頃からバイクに乗っておられたのですね
私は今まで縁がなかったのですが、還暦を機会に中型バイクの免許を取り、楽しんでいますよ。
最近は乗るより、分解・調整の方が楽しく成ってきました。
ロードバイクは乗用車に例えれば軽量な高級スポーツカーみたいなものですね。
上も見たらキリがありませんが普及版でも十分楽しめると思います。自分にぴったりの物を探すのも楽しい時間ですね。

ps ところで”Zephyr”ってkawashakiのバイクの名前みたいですがこれと関係ありますか?

投稿: けいあん | 2014年3月14日 (金) 09時58分

はじめまして

同じくシニアサイクリングでブログってますGrand Zephyrです。 よろしくお願いします。
クラブマン懐かしいですねぇ。 我々の世代はこういうバイクが沢山ありましたね。

学生のころからYAMAHA RX、KAWASAKI W1SA、HONDA CB750K-0と乗りついで
きましたが働くようになってからは全く乗らなくなって今ではたぶん乗れない? と
思います。^^;

代わりに自転車になりましたが30代でママチャリ通勤。
これがよかったかもしれません。 体重は17Kg減、体脂肪率6まで下がりましたからね^^;;
それも最近は乗っていないので見事な熟年太りです^^

ロードバイクには乗ったことがありませんのでこれから楽しみたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: Grand Zephyr | 2014年3月14日 (金) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/55344379

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料コックは未使用時OFF? ~ GB250クラブマン:

« 嵐が来る前に! ~ スキー&スノースクート | トップページ | 春スキーとパラグライダー @カムイスキーリンクス »