« 買った・滑った・苦戦した? ~ スノースクート | トップページ | 嵐が来る前に! ~ スキー&スノースクート »

2014年3月 3日 (月)

星の話 崩壊した彗星の謎 ~ 旭川市科学館 

3月2日(日曜日)cloud

毎年この時期になると楽しいイベントがあります。
旭川市科学館では顧問である国立天文台・副台長の渡部潤一教授を講師にお迎えして、いつも楽しい分かりやすい星のお話の講演会がありました。

今年のテーマは 昨年後半に話題となったアイソン彗星です。
当初予測では太陽に最接近した後Uターンするように軌道を変えていく様子を世界中が注目していたのですが、残念ながら太陽の熱で崩壊してしまいました。
とにかく天体の予測は難しい・・・ の言葉が印象的でした。

01img

当初予測の軌道

02feature3m_2

太陽最接近後の予測 アイソン彗星のうごき

03obs3l_3

12月以降もこのように彗星の姿が見えたはず?

ところが太陽に最接近した時点で崩壊してしまいました。

その時の映像がSOHO衛星から捉えた映像で確認できます。

欧州宇宙機関(ESA)と米国航空宇宙局(NASA)が1995年に打ち上げた太陽・太陽圏観測衛星SOHO(Solar and Heliospheric Observatory)

Isonc2latest

      ↑クリックすると太陽に最接近した軌跡が現れます

お話はこれだけで終わらず、昨年2月のロシアの隕石についても解説がありました。

ロシア・チェリャビンスク州に落下した隕石は上空20kmで爆発したため、比較的被害が少なかったことが不幸中の幸いだったようです。そのままだと直径100mのクレータができ、大きな被害が出た可能性があるとのことでした。

そして、この次の大きな天体ショーは2061年 (今から47年後)にやってくる ハレー彗星はぜひ楽しみにしてほしい。「たぶん講師の自分は星に成っているでしょう(笑い)」  

「とにかく、晴れた日には夜空を見上げて星に思いを馳せてほしい!」

P1020779_2

渡部先生 楽しいお話ありがとうございました。

資料・写真は国立天文台のHPを参照させていただきました。

↓時々夜空を見上げて星に思いを馳せるのもいいものです! でも寒い!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村

|

« 買った・滑った・苦戦した? ~ スノースクート | トップページ | 嵐が来る前に! ~ スキー&スノースクート »

趣味」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
そうなんです。47年後のハレー彗星見れればいいね
私も多分、星に成っているかもしれません

講師の話で 3.11に関しては天文学者は本当に無力です。
でも世界学会で新しく発見された星の名前に、被災地の地名を附けることを提案し、認められたそうです。
心温まるいい話ですね!

投稿: けいあん | 2014年3月 4日 (火) 07時28分

アイソン彗星もロシアの隕石も昨年の大ニュースでしたね☆
記憶に新しい出来事の講演が聴けて良かったですねぇ。
夜空に輝く☆のことが分かったら、もっと輝きが増すような気がします。

うぅーーーーン、
47年後の夜空が見れることを☆に祈りますshine

投稿: tuba姐 | 2014年3月 3日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/55212540

この記事へのトラックバック一覧です: 星の話 崩壊した彗星の謎 ~ 旭川市科学館 :

« 買った・滑った・苦戦した? ~ スノースクート | トップページ | 嵐が来る前に! ~ スキー&スノースクート »