« ワイヤエンドは昔風に仕上げて見ました! | トップページ | 大雪山連峰と中秋の名月 »

2013年9月18日 (水)

寒い・ぶるっ! ~ 暫くぶりの自転車トレーニング

9月18日(水)曇りのち時々雨

今朝は思わず 寒い!と口にしてしまいました。記録を見れば6時の気温11℃ どうりで!

明日の朝は9℃の予報 いよいよ一けたに成って来ました。

この寒さも平年並みと言うから、あの夏の暑さから体が麻痺しているのかもしれませんね。

台風18号の影響と所用のため暫く自転車に乗れない日が続きました。

今度の週末は美瑛センチュリーライド大会なので体力温存が良いのですが、なんだか体が鈍って来ていますので、軽くトレーニングに出かけます。

暫く行ってない第二のコース、美瑛白金へ。

ここを選んだのは、台風一過でどこもまだ強風が吹き荒れていますが、思いがけず白金周辺は風速2~3m/sで比較的穏やかな感じです。

ビルケの森に車をデポ。今日の相棒はなぜか3号 カーボンフレームのANCHORですが・・

やっぱり寒い。走り出せば温まるでしょう。長袖のアンダーシャツを重ね着して模範牧場を目指します。

ひたすら登って丘の頂上に着きましたが一向に温まりません。背中は汗をかいているのですが、足元が寒い。靴下が夏用の短いものでしたので、足首から結構冷えてるみたいです。

時折パラパラと雨が来ましたが空を見る限り大丈夫でしょう。

お気に入りスポッとで小休止。

01p1020345

02p1020346

残念ながら絶景は望めませんでした。

ここからは豪快にダウンヒル。今日は天気が良くないので十勝岳望岳台はやめて、大雪青年の家~白金温泉を通過して 出発点に戻って来ました。

すっきりしましたがでも寒い!

いつものように”からまつ”で野菜カレーを頂き少しは体が温まりましたが、もうしっかり寒さ対策しないといけませんね。

それと心配事が・・

一か月前に痛めた親指の付け根はほぼ回復したのですが、痛いからとかばっていたら筋が硬直してしまったので、最近は筋を伸ばすリハビリをしていますが結構しぶといです。

ですから、親指に力が入りません。無理をすると第一関節に激痛が走ります。そのため1号クロモリロードのシフトレバーを素早く動かせなくて悩んでいます。

03p1020349

そんなこんなで今日のトレーニングはシフトが楽な3号に成りました。

大会まで後3日。今年もクロモリロードで参加と宣言していましたが、場合によっては3号のカーボンフレームに成るかもしれません。悪しからず・・・

でも、クロモリロードは先日のワイヤー類の交換に続き、タイヤも交換しました。今までと同じ国産のSOYO SUPER RINOです。

後輪は新品に、そして今までの後輪は数か月前パンクで交換したもので余り摩耗してませんでしたので前輪に持って行きました。

親指のリハビリを兼ねてゆっくりですが何とか作業完了です。

↓大会参加の車両 さてどちらにしようか? ぎりぎりまで悩んでみます! 

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ
にほんブログ村

 

|

« ワイヤエンドは昔風に仕上げて見ました! | トップページ | 大雪山連峰と中秋の名月 »

旧式クロモリロード」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

diamondtuba姐さんへ
初冠雪snow、そうなんですね。例年通りですって
でも雲がかかってここからは確認できません 残念

応援ありがとう、一寸弱気に成ってしまいました
筋肉や筋の硬直って結構しつこいですね
リハビリは使わない期間の倍かかると知人に脅されました
本当?

投稿: けいあん | 2013年9月19日 (木) 17時28分

大雪山に初冠雪だそうですねsnow
寒くなりましたねぇー、って挨拶になるんでしょうか?
暑ぢーぃ・暑ぢーぃsweat01
って、最近まで言ってたのが嘘みたいsad

大会まで数日と迫ってきましたね。関節の不調が気になりますが、最終仕上げに意気込みを感じましたbicycle

頑張ってぇーmotorsports

投稿: tuba姐 | 2013年9月19日 (木) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/53304036

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い・ぶるっ! ~ 暫くぶりの自転車トレーニング:

« ワイヤエンドは昔風に仕上げて見ました! | トップページ | 大雪山連峰と中秋の名月 »