« 春を見つけました! ~ カタクリの原生花園 | トップページ | 当麻滑空場(グライダー)にお邪魔してきました~開幕です! »

2013年5月 5日 (日)

RCグライダー 1/5 ka-8b 製作P10~機体番号は?

5月5日 (子供の日) 雨のち曇りのち雨 

ここ2週間も雪や小雨の寒い日が続きます。合間を見て自転車トレーニングに出かけますがやっぱり寒いです。昨夜はトレーニングから帰ってから寒気がするので、熱いお風呂に入り薬を飲んで少し早く寝床につきました。お蔭で今朝はいつも通りの調子に戻りましたが外はパラパラと小雨です。

こんな日はやっぱり内遊びに限りますので、RCグライダーの製作に取り掛かります。

なかなか機体番号を何にしようか迷っていましたが、パッケージにもあるJA2233 に決まりました。

P1010766_2

このKa-8bは1957年ドイツのアレキサンダー・シュライヒャー社(Alexander Schleicher)の名設計者ルドルフ・カイザー氏(Rudolf Kaiser)の設計により誕生したものです。実機は「カーエイト」の愛称で呼ばれている単座グライダーで木製主翼、鋼管胴体、羽布張りの構造を持ち、1976年までの間に875機も製作された名機です。日本にも数多く輸入されています。

Ka8b JA2233は50年前の1963(昭和38)年12月17日にドイツで製造され、製造番号はKa8の267号機を示す8267番です。ドイツ国内で3000回近くも飛行した後、オーバーホールされ日本に輸入されて来ました。

日本では1979(昭和54)年1月25日に関宿滑空場で耐空検査をパスしています。その後青山学院大学航空部で1997(平成9)年3月28日まで飛行していたものです。

同大学では高性能機を導入したことと部員減少に伴い活躍出番が激減し、以降格納庫に眠ることに成ってしまいました。

2006(平成18)年6月まで関宿滑空場の格納庫に大事に保管されていましたが、縁があり学生航空連盟(SAF)に売却されました。

学生航空連盟では飛行訓練をASK-13(複座機)で行い技量が上がってきたらka6E(単座機)に移行しますが、両機の操縦特性差が大きくka6Eを初めて単座機とするにはあまりにもハードルが高いとも長年思われてきました。

その様な背景を基に2006年8月から学生航空連盟に所属する学生有志達の手でKa8bのレストアが行われ10月に耐空検査をパスし再び大空へと羽ばたいていきました。

そして、このka8bと ka6Eは 34年前にドイツから2機同時に輸入された、いわば兄弟の様な機体なのです。機体番号も連番でKa6EはJA2234の連番です。現在は2機とも栗橋の読売大利根滑空場で活躍しています。

ka-8b レストアの記事を参考にさせていただきました。http://www.geocities.jp/mk88km/2006/060902_Restore/index4.html

この機体のエピソードを知ると俄然愛着が増しますね。

さて、機体番号が決まったところで、シールを作ります。胴体の番号は塗装するのでマスキングテープで作る方法も考えましたが、連日の悪天候で塗装作業が大幅に遅れることもあり、胴体のカバーリング時のソーラーテックス(白)で作ります。主翼番号は赤のオラカバフィルムを使いました。

文字の字体はレストア後の写真を参考にパソコンで作り印刷。それをボール紙に貼り付けでテンプレートを作ります。そのあと1文字づつ切り抜き、胴体2組・主翼2組出来上がりました。

P1010761_2
早速、主翼に貼り付けていき、上面の完了です。

P1010764

胴体はマスキングテープも終わり、いつでも塗装できる状態ですが、天候回復待ちの待機中です。

次回はいよいよ胴体の塗装に入ります。真っ赤な赤とんぼのイメージです。

↓機体完成も間近です。応援のポチリを頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ にほんブログ村 自転車ブログ シニアサイクリストへ

|

« 春を見つけました! ~ カタクリの原生花園 | トップページ | 当麻滑空場(グライダー)にお邪魔してきました~開幕です! »

RCグライダー」カテゴリの記事

コメント

diamondゆうさんへ
昨日は暖かく迎えていただきありがとうございます
色々とお話させていただいた方でしょうか?
名前も語らず大変失礼いたしました
昨夜掲示板に書いてる途中、突然ネットワークが変に成り、尻切れトンボに成ってしまいました。

次回は是非、体験搭乗をさせてください
ウインチ発航の急上昇を体験してみたいですね
見てると気持ちよさそうですが実際は違うのでしょうね
成れてないと貧血と同じとか聞きますが・・・
楽しみですhappy01

投稿: けいあん | 2013年5月 7日 (火) 12時44分

5月6日寒い中 当麻滑空場へ来てきただきありがとうございました Ka8完成したら 見てみたいですね
当クラブにも売却しましたが Ka8 JA2180がありました。 また 遊びに来て 体験搭乗していってください。 お待ちしています。

投稿: ゆうさん | 2013年5月 7日 (火) 10時53分

diamondtuba姐さんへ
あっちこっち引き回してすみませんね
最後まで読んでいただきありがとうございますhappy01
胴体は特に狭いです。空気抵抗と軽量化を最優先してますね。
最近の高性能機体は更に細くなり、両肘がぶつかるくらいなんですよ。
空のF1carなんて言われています。

投稿: けいあん | 2013年5月 7日 (火) 09時36分

Ka8bのページに飛んでみましたairplane
出来上がりのイメージが出来ました。
真っ赤な胴体が赤とんぼ色でした。
で、
胴体が、意外に小さいのにビックリしました。翼を付けると大きく見えるンですねぇ~lovely

Ka8bのエピソードも拝読book
グライダーに歴史を載せて・・・飛べ!JA2233airplane

投稿: tuba姐 | 2013年5月 7日 (火) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/51497724

この記事へのトラックバック一覧です: RCグライダー 1/5 ka-8b 製作P10~機体番号は?:

« 春を見つけました! ~ カタクリの原生花園 | トップページ | 当麻滑空場(グライダー)にお邪魔してきました~開幕です! »