« BEATのような手軽なスポーツカー~今後に期待 | トップページ | 大空への憧れ~RCグライダー »

2011年12月 3日 (土)

接遇研修~旭川市科学館

12月1日(木) 夕方

サイエンスボランティア活動の場、旭川市科学館では、職員を対象にした障害者に対する接遇研修が有りました。

講師は市役所の素野さん。軽快なトークで非常に分かりやすい内容でした。

タイトルは ~ユニバーサル対応における接遇~ 

1.来館者に対する注意の場合は、直接「・・・・しないで下さい」ではなく、特に礼儀正しくし「何々して貰うと助かるのですが・・・」のように言葉選びが大事。

2.手助けは、むやみにするとかえって逆効果となるので、遠くから見守り、「いつでも行けますよ」の気持で目配りをする事。

そして、目が見えない人の案内の体験を行いました。目をつむり手を引いて貰い部屋の中を歩くのが、こんなにも不安な事かが実感できました。一般的には向かい合わせに成り、両手を引いて歩くのが一番いい様ですね。

また、同伴の施設の職員にも声をかけることが重要です。

それぞれ「考え方」・「感じ方」・「身体能力」に違いが有ることを気づきました。ありがとうございます。

ps

今までは「案内説明」が主でしたが、面接を終え「特別学芸員」として活動して行くことに成りました。所属は”木工部会”を選択しました。子供の頃作っていた木工工作の楽しみを、伝えていきたいと考えます。

Web_p1000694

《中学生時代に製作し傷だらけですが、現在も我が家で活躍しています》

木は生育に100年、そして人に使われて更に100年生き続ける”と思いますので、真心込めて指導に当たりたいと考えます。

|

« BEATのような手軽なスポーツカー~今後に期待 | トップページ | 大空への憧れ~RCグライダー »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

sunナンシーおばさん こんばんは!
ありがとうございます。
実はぴったりサイズのクッション付きなんです。
撮影のため外してしまいました。
もう50年近く成る訳ですね。
充分な道具も無い中で良く作ったな!
と色々な苦労が思い出されます。

投稿: けいあん | 2011年12月 4日 (日) 17時17分

けいあんさん
「特別学芸員」すごいですぅ~。 
中学生時代に作ったとは思えない、安定感があり座り心地がよさそうな、立派なイス!!!
長時間はちょっとお尻が痛いかもしれないけど、クッション敷けば good 
子供たちに、作る楽しさを伝えてください!
頑張ってネ!happy01

投稿: ナンシーおばさん | 2011年12月 4日 (日) 11時24分

ちゃびさん おはようございます。
ありがとうございます。
特別学芸員に成る場合、経験とか資格を問われると
聞いていましたので、昔の作品の写真を提示しました。
当時の指導者のお陰ですね。
そんな想いを伝えることが出来ればと思っています。

ps
朝起きてびっくり大雪だ!
軽く雪はねして来ました。ふぅ~
これからゴム長はいて、科学館へ行って来ま~す。

投稿: けいあん | 2011年12月 4日 (日) 07時41分

catこにゃんちわ
ご無沙汰してました。
中学生時代で、こんなレベルの高い椅子を作ったんですか?
素晴らしいなぁ~♪
子供たちと物を作るって、楽しいでしょうね。
もう、行く機会もなくなってしまいましたが
活動、頑張ってくださいね!

投稿: ちゃび | 2011年12月 3日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/43237671

この記事へのトラックバック一覧です: 接遇研修~旭川市科学館:

« BEATのような手軽なスポーツカー~今後に期待 | トップページ | 大空への憧れ~RCグライダー »