« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

美瑛センチュリーライド大会~本番

9月24日(土)~24日(日)

美瑛センチュリーライド大会が始まった。

一日目(24日)60km

大会前にやまめの学校プチスクールを受けました。マウンテンバイクプロライダー堂城賢(タカギマサル)さんの”目からうろこの話”に夢中に成ってしまいました。「猫背フォームは今日からやめてイチローフォームです」

そして、隣を見ると何と昨年一緒に走った札幌のM君とそのお父さん。M君は今年小学3年生、一段とたくましく見えます。

いよいよ11時40分スタート。私は第4グループです。先頭グループを追いかけますが全然追いつけません。終始ハイペース。疲れました。

ゴールで待っているとtwitter仲間の富良野のFさんがお友達と一緒に戻って来ました。今朝富良野から50kmも自転車で走って来てそのまま本大会に参加は凄い。驚きです。

GPSカメラINOUでトリップしました。一日目記録画像はこちらから

Web0924_006_2

二日目(25日)100km

昨日の疲れが取れず身体が重い。今日はスローペースに心掛け、景色を楽しみながら走りました。中盤以降更にペースダウン。なんとかゴールに辿りつきましたが、まだまだ身体を鍛えないとだめと感じました。昼休憩ではGPSカメラのメーカのOさんと談笑。

今日もGPSカメラINOUでトリップしました。二日目記録画像はこちらから

Web009

Web010

Web011

Web013

Web012   Web_0924_007

             一日目の記念写真 この後にわか雨

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

秋色見~つけた

今日は朝から雨。時折止んだと思ったらまた降り出すやらで、自転車は一寸だめですね。

時々、横目に見ながら通り過ぎていた「旭川市農業センター」に出かけて見ました。土曜日なので当然お休み、でも園内は出入り自由でしたので、小雨がぱらつく中散策していると、鮮やかなオレンジ色を発見。暫くぶりに見ました。

Web001_01

浅草のほおずき市は7月ですが、こちらは赤く成るのが少し遅いのかな?

子どもの頃は自宅の庭にも有った様です。中の種を取り出し、袋だけに成ったものを口に入れ、ブーブーと鳴らしていたのを思い出します。

ここでは、家庭菜園の色々な植物の育て方等も教えてくれるそうです。

Web006_3 Web003_2

園内の池には蓮の花が咲いていました。

来年はほおずきを育ててみようかな!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

リベンジ~自転車遊び

今日は昼ごろから良い天気成りました。

軽めの自転車トレーニングのつもりでいつものmyルートに出かけました。帰り路、先日の共栄坂近道コースで、録画中断のため消化不良の状態でしたので、再度遊んで来ました。良い感じに記録出来ました。

夕方は美瑛川サイクリングロードを軽く流していると、西の空が少し赤く成って来ました。カラスもねぐらに急いでいます。

Web002

2日ぶりに晴れたので、日が沈むと東の空からお月さまが・・・ 2日遅れの十五夜気分です。

Web003

コンデジでは中々上手く撮れませんね。ピントと露出が自動だとこれが限界かな? もう少し勉強しますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

救急救命のドクターヘリの見学会

9月11日(日曜日)の事

「9月9日は救急の日」として、2日後の11日にドクターヘリの展示見学会が行われていたので、行って来ました。ここ旭川でも2年前から運航を行っています。

Web001_2

行政の御意見番としては、効果的な税金の使われ方を確認する目的も有ります。

「ドクターヘリは災害時の救助や緊急搬送を目的とするのではなく、救急患者のもとへ医師、看護師がヘリコプターに乗って出動し、緊急現場において速やかに救命治療を行い、救命救急センターの病院へ搬送すること。通常患者の搬送は地上班の救急車がメインに行う」

との説明が有りました。簡単に言うと”地上の救急車が着く前に、医師が空から現場に行き、救急救命を行うもの

この道北ドクターヘリの活動範囲は旭川を中心として、北は稚内・利尻・礼文 東西南は約100km圏内。一回の給油で300kmが限度なので、稚内方面の場合は豊富で給油しなければならない。北海道は広い。関東圏は大半が50km圏内の様です。平均巡航速度は200km/h。

Web002 Web003 Web004

Web006 Web008 Web009

パイロット、整備士、医師、看護師の4人が1チームとして活動。

一番興味が有ったのは、尾翼のコントロールがロータ(回転翼)ではなく、ガスの吹き出し方式。ここ1年以内にも、救助ヘリが立木にテールロータをひっかけ墜落の事故が有ったばかりですが、これだとその危険性も低い。より狭い場所に着陸可能です。全国に展開中のドクターヘリはすべて同一機種との事で安心しました。

途中からは仕事を忘れ、マニアの一人として楽しんでしまいましたが、自分としては出来ればお世話にならない事を願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

美瑛センチュリーライド大会まで2週間~上富良野方面ライド

早く自転車で出かけたい。しかし中々雨がやまない。天気予報より雨雲がのんびりしているようです。やっと上がり道路も少し乾いてきたので、いよいよ出発です。

美瑛センチュリーライド大会まであと2週間。持久走の実践練習をするため美瑛~上富良野方面を目指します。今日は100kmを総時間6時間以内が目標。

走りだして数キロも行かない内に路面がビシャビシャでまだ乾いていません。進行方向には未だ真っ黒な雨雲が。でも「絶対晴れる・晴れる」と言い聞かせペダルを漕ぎます。

美瑛町に入って来たところでパラパラと降って来ました。でも西の空は明るい。絶対止む!

願いが通じたのか、そのうち止んでくれました。そして待望の太陽が出てきました。目指すは上富良野千望峠。途中、先日の台風12号の爪痕で土砂が道路一面に流れ出しているところが、いたるところに有ります。気を使いながらの走行。

やっと千望峠に到着。

001_2

ここからは軽くダウンヒル楽しみます。(INOUでトリップしました)

R237 花人街道に出て戻ります。今日も車が多い。特に大型バスが多くて気を使います。

深山峠(みやま)で休憩です。ゆでトウキビにかぶり付き、少し元気が出ました。

かんのファームを横目に美馬牛からルベシベに向かいます。このルベシベの坂がきつかった。足に力が入らない。疲労困憊。ここまで60km もうひとつの目標、総時間3時間をなんとかクリア。

ここからはバテバテ 低速走行。五陵から右折しパッチワークの路に入ります。北西の丘まで来ましたが、観光バスが4.5台、人でごった返していました。

何処に行っても混雑していると思い、ケンとメリーの木のところを経由しても「美瑛発祥の地」の記念碑のところで思わず休憩。ベンチで横に成って仮眠。10分くらい寝たでしょうか。少し元気が出てきました。

再スタート。でも向かい風。なんとかいつものmyコース迄来ました。一寸遊んで帰る事にします。神居共栄の坂からショートカットのコースが面白いのです。INOUで動画を録画したのですが、何と最初で中断してました。残念! 原因はバッテリー低下でした。動画を記録すると4時間が限度?。でもGPSデータは最後まで記録されていました。

今日はバテました。総時間5時間30分弱 こんなもんですね。エンジンのパワー不足。

自宅に戻ると「美瑛センチュリーライドの事務局」から参加証が届いていました。ゼッケン253です。

本日のルートはINOU GPSカメラでトリップしました 記録画像はこちらから

サイクロコンピュータのデータは

走行時間4時間42分 走行距離:104.06km 平均速度:22.0km/h  最高速度:54.2km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

秋の足音?

台風12号崩れの低気圧と台風13号に挟まれて、不安定な天気だ。

朝方雨模様だったが、昼ごろには雲の切れ間から太陽が顔を出し始めたので、自転車トレーニングの用意をして外に出ると、冷たいものが落ちてきたが、構わずいつものMyルートに出発。

共栄の坂を上り始めた時、以前夕立に遭った方角の空が真っ黒。そして、少し雨粒が強く成って来たので思わず引き返す。雨雲と競争だ。追い風でも有り 走る 逃げる 走る 逃げる で殆ど濡れずに自宅に無事到着。自転車を片づけているうちにシャワー見たいな本降りに。

ラッキー♪

夕方、美瑛川左岸のサイクリングロードを軽く走っていると、冷たい風、怪しい夕暮れの空。今日一日コロコロ変わる天気。もう秋の足音が・・・。

《怪しげな夕暮れ》

Web004_20110907

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

川の街・旭川~大雨の後

台風12号は各地に大きな被害をもたらし、現在日本海を北上中で、温帯低気圧に変わる予定。今回被害に合われた各地の皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

こちらも台風の接近に伴い、ここ数日断続的な大雨が続いていた。朝方、車で近くの忠別川の橋を通ったら、今にも河川敷に溢れんばかりの勢いで流れていた。

ここ旭川は大雪山連峰 十勝岳連峰の西側に位置し、西側に降った雨は旭川に集まってくる。大きな川は美瑛川 忠別川 石狩川 牛朱別川 で昔は市内も水害が多かった様だ。そんな話を子供の頃、親から聴いていたので、大雨の後は川の水量がとても気に成るもんだ。

雨も上がり、道路が乾いてきたので、近くの川を見に行って来た。

朝方より大分少なく成り一安心!

Web_001ryoujinnhashi_2 Web_002cyuubetuhashi

【美瑛川上流(両神橋より)】  【忠別川上流(忠別橋より)】

Web_003_2 Web_004syouwahashi

【建設中の仮称・昭和橋】

川が多いので橋も多い。中心街と神楽地区を結ぶ新たな橋。

Web_008hyoutenhashi Web_009hyoutennhashi_w Web_012hyoutenhashi_e

【本年開通した氷点橋より】 【忠別川下流、新駅裏側】 【忠別川上流】

Web_017

【苔むす神楽岡公園】

最後は神楽岡公園の木陰でのんびり。

ps 自転車と言えばいつもはタイムトライアルみたいに、全力で走っているが、今日はのんびり。3日程前の仕事帰りに、普通に歩いていた時突然膝に激痛が走った。原因はクーラー病?。元々冷やすと調子の出ない膝で有るが、今回は大事を取って温シップとサポータで保護していると昨夜位からかなり調子が戻って来た。と言うことで今日は近所のポタリング。神楽岡公園も中々良いと再認識・・・。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

天井の染み

台風12号の接近に伴い、ここ旭川も昨夜から断続的に強い雨が降っている。

今朝の出勤時間の時は幸いにも小雨模様だったので、余り濡れずに済んだ。

仕事も午後に入り2時間ごとの休憩時、トイレに行くと何と天井から雨漏れで、何やら点検穴を開けて一生懸命応急処置をしている。自分の職場は、ビルの最上階なので、当然屋上に一番近い。どうやら屋上から天井裏に流れ込んでいるようだ。

更に2時間後に行くと、天井裏にバケツをぶら下げ底からビニールホールが床まで伸びている。そしてその先には大きなバケツが置いて有り、水が少し溜まっていた。応急処置は成功したようだ。

しかし、その少し手前の廊下に10個以上のバケツ、ボール、ゴミバケツ等色々なものが並べてあり、天井からぽたぽたと入れ物の中に雨水が落ちている。天井裏を伝って拡散したようだ。

セキュリティのため写真を撮ることは出来なかったが、懐かしい光景である。

自分が育った子どもの頃の自宅でも、雨の日にバケツ 洗面器が並べてあったのを思い出した。屋根をトタン葺きにしてからはなくなったが、それでも天井にあの時の雨漏れの染みがいつまでも残っていた。布団に入って眠りに着く前に、いつもその染みを眺めていたことを思い出した。

今も強い雨が降っているが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »