« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

我が家の「サクラサク」

桜の開花前線は徐々に北上しているが、ここ旭川周辺は連休明けの5月10日頃の予定。

それでも一足先に我が家には春がやって来た。就職活動にピリオド。数日前には内定通知が来ていたが、本日の受け入れ試験をパスして正式採用が決った。やれやれ!!

買い手市場が求めているものは即戦力で、体力と経験を重視していることは充分承知していたが、思い上がりも有って上手くいかなかった。これが最後と思い、フルタイムからパートタイムに変更すること。次に一般常識のテキストを買って来て勉強。パソコンのキーパンチのスピードアップ。そして自分の売りとしての健康をアピールした結果、晴れて合格。

契約期間は6カ月で有るが、契約更新もできそうである。周りは若い人ばかりで有るが、逆にパワーを沢山貰って自分もパワーアップできそうで、わくわくしている。

社会貢献と初めての事に取り組もうと強がりを言ってきたが、やはり「東日本大震災に際し、今自分に何が出来るのか」と考えた時、今までの経験・知識・知恵を生かして人の為に働くことであると思い、少しばかり現役時代に近い職種に成った。

しかし、サイエンスボランティア活動については、他のメンバーに迷惑をかけて申し訳ないが、少し回数を減らして行こうと思う。

明日も研修。頑張るぞ!!

「日々進化」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

大切な自転車用グローブ

今日の午前中はまだ懲りずに就職活動をしてきた。会社説明の後、一般常識のテスト、そして面接。今回は自分の健康をアピールしようと、先月受けた人間ドックの結果表も添付した。今までは少し気負いも有ったが、自分の実力というものを素直に認めざるを得ない。また退職後5ヶ月過ぎると、色々と能力も低下することを思い知らされた。そんなことも有り結果の良し悪しにかかわらず、就職活動は暫く休止しようと思う。スローな人生も悪くないと、自分に言い聞かせているところである。

夕方、軽く自転車トレーニングとして、近くの美瑛川サイクリングロードを走って来た。往復とも平坦で一寸もの足りないが、今日は15km程。

戻り次第、先日の転倒の際、怪我から守ってくれたグローブに感謝を込めて修理を行った。

002

擦り切れて裏地が露出

003

車の洗車後の拭きとり用セーム皮を切り取りボンドで接着(娘の使っていたものを拝借)。余り綺麗じゃないがごめん! 水を吸いやすいのでしっかり防水処理をして。

006

スキー用グローブであるが、寒いときにはやわらかくてとても使いやすい。

その他、私の自転車用グローブの紹介

005

モータバイク用ソフトグローブ 今のシーズン一番活躍している。

004

自転車専用グローブ  これから暖かくなるとこれがメインとなる。

モータバイク用も自転車用も手のひらの保護が良くできていると感心しきりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

北風が冷たい~マイロード

就職戦線も大変厳しい。若い人でも決まらないのだから、まして私の様な高齢者には尚更厳しい。未だ就活には冬の北風が吹いている。

雪が降ったり風が強かったりでトレーニングを休んでいたが、5日ぶりに3号と共に軽く走ってきました。マイロードも未だ全線開通と行かずR937の往復コースだけが走行可能な状態です。

途中、神居共栄の丘からは大雪山連峰 旭岳が新しい雪で真白です。丘の周辺はここ1週間で殆ど雪は解けましたが・・・。

002

今日は天気が良かったので軽装で出かけたのですが、終始北風が強くて冷たい。30km・1時間一寸でしたが、すっかり身体が冷えたので、戻り次第思わず熱めのシャワーを浴びて身体を温めました。

最近気に成る”バイク”ですが 自転車の仲間は皆自転車の事を”バイク”と言います。私も最初違和感が有ったのですが、最近は普通に口から出てきます。しかし、エンジン付きのモーターバイクも以前は”バイク、”バイク”と言ってました。実は気に成るのはエンジン付きのモーターバイクの方です。3月にHONDAから発表になったCBR250Rです。

Cbr250r_4_20110315 Hondacbr250r20110315

250cc 水冷単気筒DOHC 4バルブ ローラロッカーアーム 2輪車では世界初

どこかで実車を見てみたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

人間のエンジンは何馬力~自転車を漕ぐ時

今日は朝から薄曇りでは有るが何となく暖かい。天気予報に寄ると最高気温17℃の予定。

ハローワークの失業認定の手続き早めに済ませ、自転車トレーニングに出かけました。

001【特価品のフリーホイル ローギア24枚に期待】

Bf002 【交換前】

003【モンキーレンチの柄を鉄パイプで延長して外します】

Af004 【交換後】

一昨日入手した1号用の貴重な部品、後輪のスプロケット・フリーホイルのテストをしてみました。ローギア21→24枚の効果に期待わくわく!。何せ気まぐれなエンジンなので前回と同じ条件かどうかは定かでは有りませんが・・・?。

昨日も夕方に少し走って見たのですが、余り大きな違いが感じれませんでしたので、再度テストです。いつものマイロード。前回走行と同じコースを行きますが、いきなり向かい風一寸辛いです。たまらずスピードダウン。そのうち登り坂に入り今回入手のローギアを使います。やっぱり楽です。1km/hは確実にスピードアップして坂を登れます。今日はローギアでピッチ走法で終始走ってきました。

交換前 4月10日 走行時間:1時間15分 走行距離:29.61km AV:23.4km/h

交換後 4月15日 走行時間:1時間12分 走行距離:29.33km AV:24.2km/h

確実に効果ありました。それにしても非力なエンジン、走りながら人間の力は何馬力なのかと思いながら、子供の頃父親が「馬は人間の10倍ぐらいの力が有るよ(北海道の農耕馬の場合)」

戻ってからから色々調べたところ、200~250ワット(通常の人の場合)で、馬力に換算すると1.33を掛けて 0.2~0.3馬力で有ることが分かりました。何と少ない事。

2014

以前登場した、電動グライダーのモータが250ワットでしたので、このモータと私のエンジンは同じということです。

今日もけいあんのエンジンは絶好調です。

ps 道路の砂は一向に除去作業が進んでいません。3号(ニューサイクル)には可哀そうなのでもう少し1号とのお付き合いでしょうか。今回の改造で俄然1号の行動半径が広く成りそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

春の準備~オートバイ編

4月11~12日

半年の白の世界から、今度は緑の世界に生まれ変わろうとしている今、春は目前です。春を迎えるため色々な準備が有りますが今回はその1。

オートバイの準備。未だ道路は砂だらけで自転車以上に転倒は危険。実走行はもうしばらく我慢ですが、いつでも飛びだせるための準備を始めました。

1台目 50ccの HONDA Dream50 

昨年秋に外して、満充電して室内に保管していたバッテリーを取りつけ、エンジンキーをON  一寸おかしい ランプがつかない。何か間違ったかなと思いつつも、バッテリーを外して電圧確認。10ボルトしかない。規定では12V以上無くっちゃ。どうしちゃったのだろう。再充電を試みたが電圧が低いのに電流が流れない これじゃだめだ 壊れてしまっている。新品にするしかない。近くのオートバイ屋さんにバッテリーを持って行く。お店の主人曰く 「このバッテリーはデリケートだから過充電すると壊れるのだよ 急速充電可能と成っているがそれを信用すると皆んな失敗する見たいだよ ハ・ハ・ハ」 確か私の充電器は1Aだけど・・・。「新品の価格は値上がりして発売時の2倍はするけど、ショック療法で一旦高い電圧かけてやってみたら。もしかしたら復活するかも」

自宅に戻り 精密充電器でショック療法を試みるが、結果NG

005 002

002

翌日、結局新品を注文しました。そして夕方に充電完了のピカピカのバッテリーを取り付け、エンジンキーON  キックスタータペダルを踏み込む BOROBOROBORON キック一発でエンジンがかかった 永い冬眠からの目覚で有る 少し暖気運転をして少しスロットルをあげると元気の良いBARABARABARA 余りふかすと近所迷惑に成るのでこの辺にしておきます。小さいクセして音だけは・・・・。

ps 空気圧もチェックし万全です。

2台目 250ccの HONDA GB250 クラブマン

昨日のDream50の反省を生かし、念のため精密充電器で電流コントロールして再充電しておいたバッテリーを取り付け、エンジンキーON  セルスタート  DONDONDONDON こちらも一発でかかった こちらも目覚めました。相変わらず発動機みたいな変な音。でもこれが好きなんです。

001 004

006

これで準備完了。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

春を見つけた!~旭川マイロード

雪解けが進み待ちに待った春がやっときました。道端のふきのとうを見つけて感激している私です。

006 【神居共栄の丘の道端で】

昨日綺麗な夕焼けでしたので、今朝は少し冷えましたが(マイナス4℃)徐々に気温が上がって来ました。先日のニューサイクル(3号ANCHOR)の試乗そのⅡとして、10時頃に出発しました。いつものマイロード(道々R937)。先日と比較のため、同じルートを行きます。走りだして間もなく首と顎が寒い感じです。ネックウォーマを忘れましたというか最高気温10℃以上の予報でしたので・・・。

002

神居共栄の丘から遠く大雪山連峰が良く見えます。今日は空気が澄んでいます。でも周りはまだ、雪が沢山残っています。道理で寒いはずです。

003 【カムイの杜公園で休憩】

全体的に風は弱く、結構走りやすかったです。先日よりは少し楽で、この3号にも慣れてきたところです。

走行時間:1時間42分、 走行距離:40.48km、 AV:23.6km/h

自宅に戻り、昼食を取り、今度は1号(KATAKURA SILK)で、美瑛川左岸のサイクリングロードの下見をして来ました。雨紛大橋~平成大橋~両神橋~旭川大橋~忠和公園。土手の道は全線走行可能ですが、橋の下を通る道で旭川大橋の下は雪山が道を完全に塞いでいます。ここだけは国道を横切るしか有りません。通る方は車に充分気を付けてください。

途中、近文まで足を延ばし、はっとりスポーツさんに寄ってきました。3号のホイールのレベルアップの調査でした。

明日も天気がよさそうです。どうしようかな!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ニューサイクル~3号の初試乗

天気予報通り朝から天気が良い。少し暖かくなるのを待ってニューサイクル3号の初試乗に出かけた。

昨日走ったルートが交通も少ないし比較的路肩の砂も少ない。道々R937を南から走るため、先日転倒の交差点(Dゾーン)を慎重に通過。上雨紛~神居共栄~富沢~国道R12で折り返しのルートを取る。走りだして間もなく向かい風、行けども行けども向かい風、自転車の感触を確かめようと思いつつもスピードが乗らないが・・・。ぺダルビンディングの感触も良い。引き上げが楽だ。時々外したり着けたりの練習をしながら。漕ぎだし時のスピードの乗りが昨日の1号と同じかそれよりも悪いかも。一寸以外。ギアのシフトは格段に楽だ。登りでも低速ギアがあるので安心だ。行きが向かい風なので帰りは追い風と思い我慢して走る。R12の手前でUターンして戻るが斜め前のやや向かい風。いつの間にか風向きが変わってしまった。途中、カムイの杜公園で休憩。

001 【ドームの前で】

身体が重い。向かい風の影響かな。初めての自転車で緊張しているのかな?

競馬場通りを一旦右折して道路状況確認のため、少し走ってみる。路肩の砂は相変わらずだ。数キロ行ったところでUターンして戻って来た。このルートなら、路面もまずまずで結構走れる感じだ。

走行時間:1時間36分 、走行距離:37.22Km、 アベレージ:23.1km/h

加速が乗らない原因が分かった。ホイール前輪を計量:1300g強 昨日の1号は:1000g弱、回転系で300g これは大きい。改良の余地あり。1号は旧式だがかなり高性能であることを再認識。

ホイールを改善すれば格段に1号を越える性能を出せると思う。今後、懐具合と相談しながら、レベルアップを考えたい。安いものではなさそうだ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

今日も自転車トレーニング

今朝も少し冷えたが陽が高く成るにつれどんどん気温が上がって来た。朝方の用事を済ませ昨日整備が終わった自転車「人力車1号」が気になる。思い切って1号を連れたってトレーニングに出かけることにした。

出発時気温9℃もう少しで二桁に手が届く。街中を抜けて高砂台入口を目指す。信号で止まっていると、隣に止まった車から「軽そうな自転車だね。高いんでしょう」「35年前の旧式の自転車だよ」「そんな風に見えない。とっても綺麗だよ」「ありがとう」など会話を交わし初めての坂を上る。以前より少し楽だ。路面の砂が気になるので余り本気では踏み込めないが、明らかに違う。しいて言えばもう少し低いギヤが欲しいところだがこの辺で手を打とう。期待どおりだ。満足・満足!。坂を下りてからは道々R937を南に走る。暫く行くと神居共栄の坂。以前に比べるとやはり楽だ。結局この坂を中心に1往復半して、新しい1号の感触を楽しんだ。軽く汗ばみ、1時間半、約30kmの気持の良いトレーニングだった。サイクルコンピュータを付けていないので、距離は少し大雑把。

自宅に戻り休憩後、先日の転倒以来余り面倒見ていない2号の整備をすることにした。

001 003

昨日の1号同様、チェーンを切り、クランクを外してフロントギアを分解。綺麗に成りました。最近は一番活躍している2号。感謝をこめてピカピカにした。先日転倒の後遺症も無いようで一安心。ペダルとハンドルに擦り傷が残る程度。

天気予報は明日も暖かくて晴れ。ワクワクする!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

宝物発見~35年前の1号の部品

今朝は久しぶりに冷えた。マイナス10℃。昨日の雪も道路は大半消えてしまい自転車でも走れそうとは思ったが、路面凍結も有りうるのでおとなしくすることにした。天気も良いので物置の整理を始めて間もなく意外なものを発見。

わぁ~嬉しい 宝物だ!

自転車「人力車1号」【旧式クロモリロード】に使える部品が出てきました。35年以上前のフロントのインナーギヤ(42枚)です。

001_2

【 記念写真を取り忘れました。 この写真は交換後の既存部品(45枚)ですが、参考まで掲載します】

一昨年から1号に乗り始めましたが、20歳代とは同じには行かず登りでは結構大変でした。脚力もかなり落ちていることもあり、山坂のサイクリングはもっぱら2号を使っています。ギヤ比を小さくして少しでも登りが楽にならないかと考えていましたが、旧式の自転車ゆえ部品は全く手に入らない状態で諦めていたところです。

早速交換開始。

002

洗浄と作業性アップのためチェーンを切ります。

003

ジグを使ってクランクを外します。

004

クランクを分解して 42+50枚を組みます。ついでに、チエーンとリアのギア(フリー)も灯油で汚れを落とします。リアのギアも変えたいですがこれは不可能でしょう。同じ箱の中から現行と同じフリーも出てきました。14,15,17,19,21 当時予備パーツとして購入した様な気がします。リアのギアは変更できませんでした。

006

完了です。チエーンにグリースを塗って。音も軽やかな感じ♪

008

ピカピカとまで行きませんが汚れが取れて綺麗になりました。ハブ、ペダルのベアリングの確認。ガタ・音なし でOK。 ここは昨年夏にグリスアップしているのでメンテナンス不要です。

さ~てと、雪が解けたら試運転。これで1号の行動範囲が広がります。今から楽しみ。

ps 箱の中からもうひとつ貴重品が出てきました。フレームの材質のシール。いつの間にか取れてしまったのかなと思っていましたが、取って有ったとは我ながら・・・・。ヨレヨレですが一寸修復して1号にプレゼントです。「ISHIWATA 017 CrMo」 も誇らしげです。(4月5日記)

004 005

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

ペダルビンディングにトライ

先日(4月1日)に遂にニューサイクルが我が家にやってきた。「人力車3号」

002 003_2

自転車屋さん(はっとりスポーツ商会)で受け取り、車に積み込む時、思わず「軽い~い」と叫んでしまった。戻り次第、小物のヘッドライト・ボトルケージ・ベル・尾灯を取りつけて計量すると8.4kg やっぱり軽い。

007 006 

次に初ぺダルのビンディングである。今まではトークリップで頑張って着た。20歳代の頃はプレートを打っていたが、一昨年に再開した時からはプレートはやめ、スニーカをそのままでトークリップである。なぜなら、自転車下りてから自由に歩けるのが、何たってメリット。ただ引き上げで抜けそうになることが多いが・・・。ポタリングなら問題ない。それと札幌の自転車屋さんでも、「今プレートは手に入りませんよ」と。

でも、今回は新しい事にチャレンジのつもりで、ビンディングを先ずは着ける、外すの練習。最初の片足がいくらやってもカチッとこない。車庫の壁に手を着き全体重を載せてみるがだめ。一寸休憩。気を取り直して、今度は足を踏み込むと同時に自転車を引っ張り上げてみた。カチッと来た。今度は外れない。手で持って外側に曲げて、やっと外れた。もう一度、着ける。今度は簡単にカチッと。だんだん要領がつかめてきた。次にもう片方の足。いとも簡単にカチッと。

自宅前を軽く乗りながら、外す・着ける・外す・着けるの繰返しをやってみる。だんだん慣れてきた。着ける時にペダルが反対側を向いていて戸惑うこともありまだまだ練習が必要だ。軽く踏み込んで見ると、引き上げがこんなに楽なのかと驚き。当たり前の事だが固定されているので外れることもない。さて、一般道走る前にサイクリングロードで充分練習が必要だ。しかしサイクリングロードは雪が沢山残っていてもう暫くの辛抱。

おまけに昨日・本日と生憎の雪で一面真白である。そんな訳で玄関に上がり込んで居る。

004

この「人力車3号」 ANCHOR RFX8 Equipe は定年退職記念の品 皆さんありがとうございます。また新しい事にチャレンジしていきます。

2日遅れだが、新車到着のお祝いとして、今朝は赤飯を炊きました。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »