« 【雪雲に煙る旭川の街を見下ろす】 ~現場探し | トップページ | 今何が出来るのだろう~地震災害救援活動 »

2011年3月12日 (土)

地震のお見舞い申し上げます

東北地方太平洋沖地震のお見舞い申し上げます。

その時、就職活動のためハローワークで受付を済ませ相談の順番待ちで椅子に腰をかけていた。変に身体が揺れる、立ちくらみかな、と思ったが何か変だ。地震だ、静かにゆっくりな横揺れ、随分永い、事務所のつるし看板が大きく揺れる。 

隣の人と顔を合わせ 「地震だ。旭川にしては珍しい地震だ」 

ゆっくりだが大きく横揺れで永い 震源地は遠くであるが大きな地震だといやな予感

就活の紹介状を書いてもらい、早々出て乗用車に乗りこみ、ラジオを付ける「いきなり臨時ニュース 「東北地方で大きな地震がありました そして津波警報」アナウンサーが絶叫している 「既に津波が到着してところもあります。とにかく高台に避難してください」間もなく自宅に到着 テレビを付ける  

次々に飛び込んでくるニュース 時間が経つにつれ被害の実態が分かってきます。何が起きたのだろう、半信半疑である。

仙台市の被害が大きい 仙台に住む親戚の人が心配だ そして栃木南部震度6 息子のところも心配。  息子のau携帯に先ずはメールするが 発信規制が始まった  電話もNG

暫くして兄弟から電話 「息子のところ大丈夫か」と 「会社の男性が1人なくなったとニュース流れているぞ」と 電話もメールも繋がらない 心配だ!

そうだ パソコンメールならまだ大丈夫だろう PC~携帯メールへ送信(正常送信完了)

心配で手もつかないので、夕飯の用意も中途半端 味噌汁だけを作り ほかほか弁当にしよう。

娘が仕事から戻ってきた。心配している。一緒に弁当を買いに行く。

やっと息子から PCメールが 「大丈夫 電話通じない」暫くして「停電で真っ暗 何もできない 寝る」 

これで一安心 このことを心配していた兄弟に電話しようとしたら、我が家の固定電話が不通 携帯電話もNG  IP電話も発信規制 昔の電話に戻し なんとか兄弟には息子の無事を伝えることが出来た。

息子も釧路時代の震度6の経験を生かし、早く普段の生活に戻ってくれること祈る。

この100年で最大規模の地震で有る 徐々に被害の実態が分かって来るが、全く連絡の取れない自治体が数多くあるようだ 大変なことに成っている  

北海道よりお見舞い申し上げます。そして一日も早い復興をお祈りいたします。  

ps 数日後、仙台に住む親戚の全員無事が確認出来ました。

 

|

« 【雪雲に煙る旭川の街を見下ろす】 ~現場探し | トップページ | 今何が出来るのだろう~地震災害救援活動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/39197614

この記事へのトラックバック一覧です: 地震のお見舞い申し上げます:

« 【雪雲に煙る旭川の街を見下ろす】 ~現場探し | トップページ | 今何が出来るのだろう~地震災害救援活動 »