« 地震のお見舞い申し上げます | トップページ | 今何が出来るのだろう-2 »

2011年3月15日 (火)

今何が出来るのだろう~地震災害救援活動

東北地方太平洋沖地震が発生してから4日が過ぎた。日を追うごとに被害の実態が分かると同時に拡大の一途だ。どんどん辛く成る。福島原発も心配だ。その様な中、今日がれきの下から96時間ぶりに2名の方が助けられ明るいニュースも伝わってくる。

3月11日 午後2時46分 この時から日本は変わった。最初は何が何だかわからなかった。理解できなかった。でも現実として受け止めるしかない。自分としては何か出来ないだろうか。何か手助け出来ないか。

救援ボランティア: 現地は未だ受け入れ態勢にない 今行けば足手まといに成る

募金活動: 本日 niftyの災害救援募金を少額だが行った。(blog 友達 tuba姐さんに教わりました)

節電の実施:13日のボランティア活動の時 集まったメンバーに運動をお願いし皆が賛同してくれた。

また、自分の足下を固めることと考え、社会貢献関連の就職活動を一生懸命頑張るしかない。本日2件 面接に行って来た。

この北海道に移住を勧めるのも良い。でも雇用はどうする?(自問自答)

twitterは重要な”つぶやき”のため、空けておこう。批判の”つぶやき”はやめよう!

そして、歯がゆい、何も出来ないが、現地では皆んな頑張っているのを、遠くから思いやりの気持で見守ろう。

ACのCMに感動した。「心は誰にも見えないが心遣いは見える 思いは見えないが思いやりは誰ににも見える」そうだ。この気持で被災者の人たちを応援しよう。一日も早く普段の生活に戻れるように。救援隊の人たちも頑張っている。福島原発の関係者も頑張っている。

だから、批判はしない 皆で見守ろう。応援しよう。

 

  

|

« 地震のお見舞い申し上げます | トップページ | 今何が出来るのだろう-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちゃびさん コメントありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
ここ数日 心が折れそうに成っています。
ほっとする自転車の話 凄く嬉しいです。
近く何ですね。雪が解けたら一緒に走りませんか。
ニューサイクルの試乗会もしなくっちゃ!

投稿: けいあん | 2011年3月16日 (水) 11時09分

catこにゃんちわ
初めましてのコメントです。
私め、50歳過ぎてから自転車を乗りはじめた超未熟なチャリおばさんですbicyclesweat01
服部さんに選んでもらったルイガノのミニベロMV1でヒィヒィ走ってます。
サイパルでボランティアされてるとの事…
私も一時期関連仕事してたんです。
職員のKさんやT氏もバイク乗ってますよscissors
これからもお邪魔させて頂きますので、
宜しくお願い致しますnote

投稿: ちゃび | 2011年3月16日 (水) 10時40分

tuba姐さん
入団承諾しました!
今も静岡で震度6強 まだまだ続く地殻変動
もうやめてくれ~ と叫びたいです。
こんな時だからこそ”皆でつながって”苦難を乗り越えましょう。

投稿: けいあん | 2011年3月15日 (火) 23時17分

言葉も無くしてしまいました。
TV画面を見て、胸がつまり涙がこぼれることもありました。
私も、Web 募金に小額を応募しました。
出来ることの一歩です。
あとは、何ができるのでしょう。

>だから、批判はしない 皆で見守ろう。応援しよう。

私も 応援団に入団!!

投稿: tuba姐 | 2011年3月15日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/39240941

この記事へのトラックバック一覧です: 今何が出来るのだろう~地震災害救援活動:

« 地震のお見舞い申し上げます | トップページ | 今何が出来るのだろう-2 »