« 今何が出来るのだろう-2 | トップページ | 旭川氷点橋~4月1日開通予定 »

2011年3月18日 (金)

今何が出来るのだろう-3

今日は失業中の失業認定日 4週間ごとに就職活動を報告し、失業保険が確定する日。福島原子力発電所が大変気になるが、行かざるを得ない。また先日の就活面接のひとつが一次面接結果通知の予定日。淡々と済ませ、自宅に戻る。しかし待てども一向に来ない。

そして、震災の復興のため、今自分として何が出来るかが気になる。Sさんからblogにコメントが入って来た。一緒に情報共有しませんかと・・・

東北地方太平洋沖地震に私達ができること

http://jbbs.livedoor.jp/news/5281/#1

早速投稿しました。

今できること

震災から一週間が達つ。福島原発の事故は大変心配ではあるが、空から陸からの放水と外部電源確保に全力で立ち向かっている関係者にエールを送りたい。必ずや安定終息に向かうことを祈ります。そして多くの被災者の支援を自分は何が出来るのかを発言させていただきます。それには個人レベルでできる事注意すべき事があります。ただし時間と共に状況変化で対応方法も変わります(3月18日現在の考え方)

1、直ぐできること
 ・募金 チャリティも含む ・・・一番効果があります  
 ・買いだめ買占めはしない ・・・普段通りの買い物をする
 ・節電   ・・・できる限り今以上に節電しましょう

2、注意すること
 ・献血・・・現在血液は充分に足りています。鮮度が命 次の機会のため少し待ってください
 ・ボランティア活動 ・・・未だ現地の受け入れ体制が充分でありません。是非自分の近くのNPOに相談して組織だった活動をお願いします。個人参加はお客様感覚でかえって足手まといになりかねません
 ・支援物資・・・地元の自治体に相談ください 組織だった活動が必須です 個人で発送はNG
 
そして、各個人が元気で笑顔で、思いを思いやりに変えて支援することが、今できることではないでしょうか。次の活動の機会までは、直ぐ活動できる様に健康な心身を維持し、自分の立場を全うすることが、日本経済を維持し次に来る復興支援の原動力になると思います。
被災地のみなさん、災害支援のみなさん・原発対応のみなさん頑張ってください。
日本中が、世界中が支えています。期待しています。

これから私たちにできること

集団疎開・移住・定住が具体的に成ってきました。みなさんの地域にも被災者が移住して来ましたら、色々なサポートが必要に成ります。よろしくお願い致します。

旭川市では被災者の受け入れも含めた相談窓口が開設されました。

被害の全容が未だつかめていない中でも、道路や鉄道等が少しずつだが復興の兆しが見えてきた。原発はまだまだ予断を許さないが、多くの人たちが何ができるのだろうかと真剣に前向きに考え行動しようとしている。このうねりは必ずや早い復興の原動力に成ると信じます。皆さん頑張ってください。

ps   3月19日 一次面接通過の知らせ有り。 二次面接は来週中。今自分にできることは、足下を固め、次のステップへの準備をすること。全力で頑張ります。 

|

« 今何が出来るのだろう-2 | トップページ | 旭川氷点橋~4月1日開通予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385014/39278784

この記事へのトラックバック一覧です: 今何が出来るのだろう-3:

« 今何が出来るのだろう-2 | トップページ | 旭川氷点橋~4月1日開通予定 »